犬の腎臓病「腎不全」とは?初期症状は?治療で完治するの?

腎臓が腎臓機能の75%以上を失っている状態を「腎不全」といいます。腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全の2種類ありますが、特に老犬になると起こりやすい慢性腎不全について、原因や症状、治療法や食事方法をご紹介します。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、原因は?

ラブラドール (3)

慢性腎不全は食事や他の病気といった原因で生じます。食事で過剰なリンやタンパク質を摂取し続けることで腎組織にダメージが蓄積され、腎不全に繋がります。

また、糖尿病やがんといった病気が原因となり引き起こされることもあります。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、症状は?

ノートブック

慢性腎不全は症状が出たときには、すでに病気が進行していることがよくあります。初期症状としては、多くの水を飲み、おしっこに行く回数が増えるといった明らかな症状は見られません。

しかし、症状が進行すると食欲の低下、体重減少、おしっこの臭いがしなくなる、口臭がキツくなるといった症状が出てきます。また、末期にはけいれんなどの神経症状がみられることもあります。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、治療法は?

shutterstock_188148425

慢性腎不全は血液検査と尿検査によって診断することができます。慢性腎不全は進行性の病気なので、一度かかってしまうと完治させることができません。

治療方法は病気の進行を遅らせる保存療法と、病気の症状を軽減する対症療法の2つがあります。多くの場合、両方同時に行われますが、病気の進行状況によっても治療法は異なるので、獣医師とよく相談して、納得のいく方針をとりましょう。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、食事はペットフードでいいの?

愛犬が腎臓病と診断されると、ホームケアの方法が気になりますよね。特に、食事が腎臓に負担をかけないか心配になることも。

腎不全の動物用に作られた腎臓病専用の食事に変えることも、慢性腎不全の進行を防ぐために重要です。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』の初期症状がみられたら、すぐに病院へ

チワワ

慢性腎不全は、発症するまで初期症状がほとんどありません。飲む水の量やおしっこの回数が増えたと感じたら念のため病院で検査するのがおすすめです。

完治することはありませんが、保存療法や対症療法など症状を緩和できる方法はありますので、獣医師と相談しながら愛犬と一緒に腎臓病と向きあっていけるといいですね。