犬の腎臓病「腎不全」の原因と症状、治療法、食事まとめ

腎臓病とは腎臓が正常に機能しないことで、腎臓機能の75%以上を失っている状態を「腎不全」といいます。腎不全には急性腎不全と慢性腎不全の2種類があり、犬の腎臓病で多いのが慢性腎不全です。特に老犬になると起こりやすい慢性腎不全について、原因や症状、治療法や食事方法をまとめました。初期症状はほとんどないですが、愛犬の変化を敏感に察知し、異変を感じたら病院へ相談しましょう。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』。原因は?

ラブラドール (3)

慢性腎不全の原因は主に2つあり、食事と他の病気です。食事で過剰なリンを摂取し、カルシウムの摂取が不十分だと腎結石の形成や腎組織の退化を引き起こし、腎不全に繋がります。また、糖尿病、がん、先天性疾患、遺伝性疾患、自己免疫疾患などの病気が原因となり、慢性腎不全が引き起こされることもあります。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、症状は?

ノートブック

腎臓病は、症状が出たときには既に進行している場合が多い病気で、初期症状としては、多くの水を飲み、おしっこに行く回数が増えることです。症状が進行すると食欲の低下、体重減少、おしっこの臭いがしなくなる、口臭がキツくなる、嘔吐、便秘、下痢などの症状が現れます。末期にはけいれんなどの神経症状がみられることもあります。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、治療法は?

shutterstock_188148425

慢性腎不全は血液検査と尿検査によって診断することができます。慢性腎不全は進行性の病気なので、一度かかってしまうと完治することができません。治療方法は病気の進行を遅らせる保存療法と、病気の症状を軽減する対症療法の2つがあり、多くの場合両方同時に行われます。腎不全になると脱水症状を起こし、体内の電解質バランスもくずれるため、輸液療法が腎不全治療のベースとなります。病気の進行状況によって治療法は異なりますので、獣医さんとよく話し合って、納得のいく方針をとりましょう。

 

犬の腎臓病『慢性腎不全』、食事はペットフードでいいの?

腎臓病専用の食事に変えることも慢性腎不全の対処として重要です。リンは腎臓病を悪化させる栄養素なので、腎不全の場合、リンを制限した食事に変えることがポイントになります。低タンパク質の食事を推奨されることもありますが、低タンパク質の食事は充分な栄養がとれないため、とり肉や豚肉、卵白やチーズなどの良質なタンパク質を与えてあげましょう。またリンが少ない白米、じゃがいもなどの炭水化物や脂肪分もおすすめです。これらは全て、充分な加熱調理をしてから与えてあげましょうね。ただし腎不全の犬が高脂肪食をとると膵炎になりやすいのでご注意ください。定期的に犬の血中のアミラーゼとリパーゼの検査をしてあげましょう。

 

初期症状がみられたら、すぐに病院へ

チワワ

慢性腎不全は、発症するまで初期症状がほとんどないので、多くの水を飲み、おしっこに行く回数が増えたと感じたら念のため病院で検査するのがおすすめです。完治することはできませんが、保存療法や対症療法など、治療としてできることはありますので、獣医さんや専門家に相談しながら愛犬と一緒に腎臓病と向きあっていきましょう。