猫のシャルトリュー、性格と特徴、子猫の販売価格は?肥満に注意?

シャルトリューはフランスを原産とする猫の品種で、ロシアンブルー、コラットと並んで銀灰色の御三家と呼ばれる美しい猫です。

政治家や作家など、歴史上の著名人に多数愛されたシャルトリューの特徴や性格をまとめました。

 

シャルトリューの特徴は?

shutterstock_104433629

シャルトリューはフランスを原産としている猫種です。

フランスで薬草系のリキュールを製造していた修道院で飼われていた猫とされており、名前も「シャルトリューズ」というリキュールに由来するといわれていますよ。

体的な特徴は、胴や足が長めのガッシリとした抱きごたえのある体型をしており、体重も3〜7kg程になる大型の猫種です。毛の色はブルーで、模様もソリッドだけです。

目の色はゴールド・オレンジ・カッパー(赤褐色)で、オレンジの人気が高いです。短い被毛は羊毛のような柔らかな手触りで、密度が高くて水をはじく性質を持っています。短毛種の中でも抜け毛は比較的少な目でお手入れしやすいですよ。

 

シャルトリューの性格は?

shutterstock_102234709

鼻が小さく頬が発達した顔立ちで、いつも微笑んでいるように見えるため「微笑みの猫」とも称されます。

ネーミングのとおり性格も大らかで人懐っこく、聡明でしつけやすい猫ですよ。こどもや年配の方の相手もしてくれる優しい猫なので、幅広い年齢層向けといわれています。

遊ぶことが大好きで活発な面もありますから、ボールや猫じゃらしなどのおもちゃで沢山遊んであげてくださいね。

 

シャルトリューの価格は?

ブリーダーから購入する場合、価格の相場は8~15万円程度といわれています。

オレンジの目がはっきりとしたタイプが人気です。ブルーの毛並や毛艶の良さや目の色の美しさに加えて、肩幅が広くて厚みのある胸をした、体型がたくましい個体ほど値段が高くなります。

がっしりとした体つきで、毛や目の色が特に美しく、表情も豊かな猫はブリード向き(繁殖向き)とされ、30万円以上の値が付けられます。

キャットショーで入賞したりチャンピオンになった猫や、その子猫より高い値段がつくこともありますよ。

 

シャルトリューを購入する際に注意するポイントは?

シャルトリューはずっしりとした抱きごたえのある体型をしています。

胴と足が長めで胸にも厚みのあるたくましい猫なので、骨太でがっしりとした個体を選ぶと良いですよ。購入前には抱っこして体つきを確かめてみてください。毛色はブルーのみですから、好きな目の色をした個体を選ぶのもポイントです。

シャルトリューは大型で活発な猫種なので、食事の量は多めです。特に子猫から成猫になる成長期は高カロリー、高タンパクの良質のご飯をあげてくださいね。肥満に注意しなければなりませんが、筋肉や太い骨を作るための栄養バランスには注意してあげてください。

 

シャルトリューにおすすめのキャットフードは?

アカナ キャット パシフィカ

シャルトリューには「アカナ」がおすすめです。

アカナには、泌尿器系のケアに効果がある「クランベリー」ストレス軽減に効果がある「カモミール」などがバランスよく配合されています。

主原料には、動物性タンパク質を豊富に含む「新鮮骨なしニシン」を使用しているので、運動好きで筋肉質な体つきをしているシャルトリューには最適ですよ。

カロリーが少し高めに設定されており、運動が大好きなシャルトリューにぴったりのフードといえます。

シャルトリューにおすすめな最高級キャットフードはこちらの記事からも確認できます。

 

シャルトリューの飼育環境は?肥満対策に運動が必要

shutterstock_262945280

シャルトリューを飼育する際は、ボールや猫じゃらしなどのおもちゃ以外に、キャットタワーや階段などの運動もできる環境を整えてあげてください。

猫は誰にも邪魔されない、自分だけの場所を好みます。キャットタワーは運動と休息場の両方の役割を果たしてくれるので便利なグッズですよ。

 

シャルトリューのお手入れは?毎日ブラッシングは必要?

シャルトリューは短毛種ですが密度の高い毛なので、朝夕のブラッシングとコーミングが理想的です。

ブラッシングは美しいブルーの毛並を維持すると同時に、スキンシップによる信頼関係を築く良い機会にもなりますから、可能であれば毎日続けてくださいね。

特ににおいや汚れが気にならない場合は、シャンプーは2週間に1回のペースでOKですよ。

 

初心者にも飼いやすい!

シャルトリュー 子猫
「修道院の猫」「犬のような猫」といったニックネーム以外にも、後ろ足で立つのが得意で手招きするしぐさから「ベアキャット」という愛称も持つシャルトリューは古くから世界中で愛されています。

銀灰色の御三家の異名を持つほどに美しく、聡明で飼いやすい猫ですので、初心者にもおすすめですよ。