柴犬の歯茎が黒い!原因は?柴犬特有なの?病気の可能性は?

飼っている愛犬の歯茎が黒くなっていると、飼い主さんは不安ですね。

幼犬のときにはピンク色の歯茎だったのにと、慌てて動物病院に駆け込む方もいるでしょう。

愛犬の歯が黒いのは病気の可能性もあります。いち早く原因を見つけて、気になる場合は動物病院に診てもらうことをおすすめしますよ。

この記事では、柴犬の歯茎が黒い原因、柴犬特有なのか、病気の可能性についてまとめました。

 

柴犬の歯茎が黒い、原因は?

柴犬 犬 素材

飼っている柴犬の歯茎が黒くなる原因は、メラニン色素が歯茎に作られたためです。これは「色素沈着」「色素斑」「歯肉メラニン色素沈着」とも呼ばれます。

人間にも動物にもできるもので、病気ではありませんよ。

メラニン色素は皮膚に刺激を与えると、その刺激から皮膚を守るために作られます。人間の歯茎が黒くなるのは喫煙が原因になることが多いですね。

犬の場合、「オモチャをかじる」「硬いおやつを食べる」「強い力で歯ブラシをする」などが原因になりますよ。

 

歯茎が黒くなるのは、柴犬特有なの?

柴犬 歯
人間でも人によって歯茎の色に違いがあります。それと同じように、犬にも個体差があります。

柴犬だからできやすいということではありません。ダックスフンドやチワワといった洋犬でも歯茎が黒くなる犬もいます。

歯が黒くなるのは愛犬の個性だと考えることをおすすめしますよ。

 

柴犬の歯茎が黒い、考えられる病気は?

柴犬
歯茎が黒くなる病気で考えられるのは悪性黒色腫(メラノーマ)という病気です。発症すると、歯茎にしこりや腫瘍ができます。

歯茎にしこりや腫瘍を見つけた場合は、速やかに動物病院に連れて行って診てもらうことをおすすめします。

凹凸がなく滑らかな黒いシミは、病気ではないので心配する必要はありませんよ。

 

悪性黒色腫(メラノーマ)とは?

柴犬

悪性黒色腫とは?

  • 原因は?
  • 症状は?
  • 治療法は?

悪性黒色腫(メラノーマ)とは、口の中に黒色の腫瘍ができる病気です。腫瘍は歯茎だけでなく、口内の粘膜部分や唇、舌にもできますよ。

悪性黒色腫は、シニア期に入った犬がかかりやすい病気です。進行が速いので、すぐに適切な処置をしないとリンパ節など他の部位に転移してしまい、命を落とす危険性があります。

 

原因は?

悪性黒色腫は、正常なメラニン色素を作る細胞がガン細胞に変わることで発生します。

原因は、「硬いおやつを食べる」「オモチャをかじる」「強い力で歯ブラシをする」などの外部からの習慣的な強い刺激が挙げられます。

免疫力の低下が原因でも、悪性黒色腫の発生や成長を抑えられなくなります。

 

症状は?

悪性黒色腫は「口臭」「よだれ」「口からの出血」「食事が食べにくくなる」「体重の減少」などの症状を起こします。

腫瘍は悪化すると、小さいコブや、ただれ、潰瘍(かいよう)になる恐れがあります。

 

治療法は?

悪性黒色腫の治療法は、主に外科手術による腫瘍の切除です。この病気は口の中にできるため、腫瘍が骨にまで及んでいると、あごの骨まで切除するケースもあります。

また外科手術と合わせて、放射線治療が行われることもあります。

悪性黒色腫は再発が多い病気でもあるので、日ごろから愛犬の口の中をチェックして、早期発見、早期治療を心がけることをおすすめしますよ。

 

日頃の口内チェックが大切!

柴犬

信頼している飼い主さんが相手でも、愛犬はなかなか口の中を見せてくれません。歯茎の病気は発症するとご飯やおやつが食べられなくなる危険性があり、最悪の場合には命を落とす可能性もあります。

できるだけ子犬の頃から口の中をチェックする癖をつけて、少しでも異常を発見したら、速やかにかかりつけの動物病院で診てもらうことをおすすめしますよ。