【#ペピLIFE】猫のもちもちブラザーズ 〜よもぎ・きなこ・おはぎのHappy Life②

この記事は連載記事です。

東京都在住の「もちママ」さんご家族と、3匹の飼い猫「よもぎ」ちゃん「きなこ」くん「おはぎ」くんの「もちもちブラザーズ」の生活の様子をご紹介しています。

前回はよもぎちゃんとの出会い編でしたが、第2回目の今回は、きなこくん・おはぎくんとの出会い編です!初対面はどんな様子だったのでしょう?

第1回をまだお読みでない方は、特集リンクから移動できます。

 

きなことおはぎがやってくる!

よもぎと暮らし始めて1年半ほど経った頃、私はあることを考えていました。

「そうだ!新しい子を迎えよう!!」

というのも、私の仕事が忙しく、よもぎのお留守番の時間が長くなり、一人で寂しい思いをさせていたからです。

この頃には避妊手術も済んで、ある程度噛み癖も落ち着いていましたが、留守の時間が長いと携帯の充電器を噛みちぎったり、イタズラをすることもしばしば…。よもぎに兄弟ができれば、少しは寂しさも軽減されるのでは?と思いました。

さすがのよもぎでも、自分よりもはるかに小さな子猫ならひどく噛んだりしないだろうし、あわよくばよもぎの中の母性が目覚めてくれたらいいなぁ。

そんな思いから新しい猫は子猫にしようと決め、里親サイトを毎日のように覗くようになったのですが、そんなにすぐに見つかるわけもなく。

🐾🐾🐾

…そんな時。

何と、タイミング良く会社の同僚の家で子猫が産まれたのです!!

子猫は全員里親に出すとのことだったので、一ヶ月ほど経った頃、お宅見学へ!!

そこには、お父さんがロシアンブルー、お母さんがアビシニアンに似た雑種の赤ちゃんたちがよちよちと歩きまわっていました。

18-01-08-00-43-15-899_deco

まず目に留まったのは、ロシアンブルーの毛色を引き継いだグレーの子です。

一人で元気に歩き回っていて、とてもマイペース。顔立ちはとても美しく、毛並みもつやつやと光っていました。

18-01-08-00-42-54-700_deco (1)

そして、もう一人、ずっと私のそばで眠っていたクリーム色の子。柄のない単色のクリーム色で、一見ゴールデンレトリバーの子犬のような色味です。

image2 (1)

グレーの子とクリーム色の子が並んでると、色違いというだけで柄もそっくりでした。
18-01-08-00-44-19-338_deco

この二人に決めるのに、そんなに時間はかかりませんでした。

二人とも穏やかな性格の子で、名前は毛色に合わせて、クリーム色の子はきなこ、グレーの子はおはぎと名付けました。

よもぎと合わせて”もちもちブラザーズ”の誕生です!

しばらくはお母さんの元でお乳をもらって、しっかり乳離れしてから、うちで引き取ることになりました。

その日から毎日、よもぎに「もうすぐ弟たちがくるんだよ」と言い聞かせていました。

 

ドキドキ対面の日

ついにきなことおはぎがうちに来る日がやってきました!!

インターネットなどで、先住猫と新入り猫の対面の方法をたくさん調べて準備していました。

『最低1週間は別の部屋で暮らして、匂いに慣れてきたら、少しずつ会わせるのが鉄則!先住猫が優先!!』

我が家の間取りは広めの1DKであるものの、ダイニングキッチンと寝室は常に開け放していて、よもぎは自由に動き回っています。

その部屋を仕切ってキッチンに子猫たちの寝床を設置し、よもぎは私と寝室に。

🐾🐾🐾

しかし、やはり無理でした。

よもぎはすぐに引き戸を開けて隣の部屋にやってきて、早速子猫を発見…。

2.3日は会わせないつもりだったのに(汗)

私はすぐさまよもぎを撫でながら、「ほら、よもたんの弟たちだよー」と言いきかせます。

きなことおはぎは毛布にくるまって、初めて見る親以外の大きな猫を見ています。

よもぎはしばらく子猫を見じーっとみてクンクンと匂いを嗅いでいました。

そして、最後に控えめにシャーー!!っと威嚇をし、走って寝室に戻って行きました。

image8 (1)

しばらく何も言わなかったので、もしかしたら大丈夫なのか?!と思ったのですが、やっぱり難しかったようです。

こうして、前途多難ですが、もちもちファミリー4人の生活が始まったのでした!!

 

続きはまた次回!