老犬の皮膚のできもの、原因や見分け方やケア方法は?病気?おすすめ商品は?

愛犬を撫でている時に「できもの」を見つけた経験のある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

歳を重ねると皮膚にできものが出来やすくなりますが、放っておいていいのか、病院で診察をうけるべきか心配になってしまうことも多いですよね。

この記事では、できものの原因や見分け方、ケア方法、考えられる病気、おすすめ商品についてまとめました。

 

老犬の皮膚のできもの、原因は?

老犬

老犬の皮膚にできものが出来る原因の多くは、免疫力の低下です。

免疫力が低下すると感染症に罹患しやすくなるため、皮膚にできものができやすくなってしまうのです。

 

老犬の皮膚のできもの、良性と悪性はどうやって見分ける?

老犬

皮膚にできたできものが良性か悪性かは、飼い主さんの判断で見分けることも可能です。

しかし、痒みや痛みがないからといって安心するのではなく、愛犬の体にイボを見つけたら動物病院で診察を受けることが大切ですよ。

良性

白・黄色・ピンク色で直径が1cm未満のものはパピローマウイルスの感染によるものの可能性が高いです。

自然治癒することが多いので、心配はいりませんよ。

悪性

黒・赤黒いできものが出来ている場合は、大きさや状態などに関係無く悪性腫瘍の可能性が高いです。

急激に大きくなる・硬くなる場合は特に注意が必要なので、痒みや痛みを伴わない場合でも早めの受診を心がけてください。

 

皮膚のできものから考えられる病気は?

老犬

考えられる病気

  • 毛包腫瘍
  • 脂肪腫
  • 乳頭腫
  • 黒色腫/メラノーマ
  • 基底細胞腫瘍
  • 肥満細胞腫
  • 扁平上皮癌

 

毛包腫瘍

毛包腫瘍は毛包上皮腫とも呼ばれる、中齢期以降の犬に見られる腫瘍の一種です。

背中や首、胸部、尻尾に硬いコブのようなものや脱毛の症状がみられるようになるので、愛犬を撫でている時に気づく飼い主さんが多いです。

良性、悪性どちらにもなる可能性がありますが、外科手術で切除すれば完治します。

 

脂肪腫

脂肪腫は、腹部、胸部、内股、脇の下などの皮下組織に脂肪の塊のようなものができる良性の腫瘍です。

触るとブヨブヨと柔らかいことが特徴的で、老犬やメス犬、肥満気味な犬、レトリバー種に出来やすいといわれています。

症状は特に無く、命にかかわることもありませんが、ゆっくり大きくなっていくので発生部位によっては身体活動の妨げになってしまうことがあります。

手術による切除で完治しますが、再発することも多いので周囲の部分も切除するケースが多いです。

 

乳頭腫

乳頭腫とは、口腔内や瞼などに発生する、カリフラワー状のピンク色のできもののことをいいます。

主にパピローマウイルスの感染によって発症しますが、人や他の犬に接触することで感染するため注意が必要です。悪性化すると扁平上皮癌になることもありますよ。

自然に治癒することが多いので経過観察することが大半ですが、手術でイボを取り除かなければならないケースもあります。

 

黒色腫/メラノーマ

黒色腫は皮膚組織にできる腫瘍で、<発症すると皮膚が褐色か黒に近い色に変化します。>肌の黒い犬、老犬、オス犬の発生例が多いことで知られています。

被毛が生えている皮膚にできるものは良性であることが多いですが、指や口腔、眼球にできた場合は悪性であることが多いです。悪性の場合、肺に移転することが多いため、痛みの他に呼吸困難などの症状が現れることもありますよ。

「手術」「放射線」「抗がん剤」「免疫療法」などで治療を行いますが、手術による切除の場合は浸潤性が高いため、骨ごと、眼球ごと摘出しなければならないこともあります。

 

基底細胞腫瘍

基底細胞腫瘍は基底部と呼ばれる表皮の下層にある細胞にできる腫瘍で、6歳以上の犬の発症率が高くなっています。

皮膚の様々な場所に発生する可能性があり、発症するとドーム状の脱毛が見られるようになります。

良性の場合が多く転移することもほとんどありませんが、悪性だった場合は基底細胞がんへ移行することがありますよ。手術で腫瘍を摘出して治療します。

 

肥満細胞腫

肥満細胞腫は皮膚腫瘍の約20%前後を占める悪性腫瘍で、内臓型と皮膚型の2種類があります。

内臓型の場合は、骨髄や脾臓、肝臓やリンパ節、肺や腸に発生し、「元気がなくなる」「食欲の低下」「下痢」などの症状がみられます。

皮膚型の場合は、体調の変化が出ることは少なく、たまに胃腸障害が起こることがあります。

手術による患部の切除が主な治療法ですが、切除での治療が困難な場合は放射線・抗がん剤・ステロイド剤を使用することもあります。

 

扁平上皮癌

扁平上皮癌は、皮膚の最表部を占めている扁平上皮細胞が癌化する病気です。

癌の中でも発症しやすい腫瘍で、10歳~12歳の老犬や白い被毛の犬種の発症率が高くなっています。

赤く固いしこりやカリフラワー状のしこりが出来る場合が多いですが、四肢・腹部・陰のうなどの皮膚がただれ潰瘍ができることもあります。

症状があまり進行していない場合は手術による切除、進行している場合や犬に体力がない場合は化学療法や薬物療法、放射線照射などの内科的療法がとられます。

 

老犬の皮膚のできもの、自宅で出来るケアは?

老犬

自宅で出来るケア

  • ビタミンEの摂取
  • 保湿

自宅でできるケアとしては、「ビタミンEの摂取」「保湿」の2つがあります。

できものの治療には免疫力を高めることが効果的なので、ビタミンEを豊富に含む「イワシ」「カボチャ」「ほうれん草」「大豆」などの食材やビタミンEのサプリメントを与えるといいですよ。

また、刺激の少ない保湿スプレーで皮膚を保湿するのもおすすめです。

老犬の場合、乾燥肌になりやすくダメージも受けやすいので、部屋の湿度を加湿器などで40~60%に保つことと併せて注意してあげてくださいね。

 

老犬の皮膚にできもの、おすすめな商品1. AFLOATVET モイスチャライズ

モイスチャライズ
商品名AFLOAT VET モイスチャライズ
内容量200g
原材料 ユズセラミド、こんにゃくセラミド、ヒアルロン酸、フラーレン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-51、他
Amazon価格 2592円

 

おすすめポイント

皮膚科学に基づいたスキンケア用品で、皮膚科の獣医師からもすすめられている商品です。

ナノレベルまで微細化したコンニャクセラミドが皮膚の奥深くに浸透し、皮膚の潤いをキープします。

シャンプー時の仕上げにかけ流す方法と、薄めてスプレーボトルに詰め替えてミストのように使う2通りの使い方ができますよ。

 

イボを見つけたら、病院で診断を受けよう!

老犬

できものには様々な種類がありますが、見た目や感触だけでは良性・悪性を正確に判断することはできません。

不安や異常を感じたらすぐに動物病院で診てもらうことが大切ですよ。

日頃のスキンシップやお手入れが皮膚のできものの早期発見につながるので、日頃から気をつけてあげてくださいね。