犬のピットブル、特徴や性格、価格は?しつけのコツと首輪の選び方は?規制は?

ピットブルの正式名称は「アメリカン・ピット・ブル・テリア」です。日本の闘犬界の横綱である「土佐犬」を倒すほどの闘争心と闘争能力を持った犬種です。現在はペット用に改良されておりますが、圧倒的な存在感があり人気が高まっていますよ。この記事では、ピットブルの特徴や性格、価格や飼うときの注意点についてまとめました。

 

ピットブルはどんな特徴の犬?飼育規制がある?

アメリカンピットブル3

ピットブルはアメリカ原産で、もともと闘犬である「スタッフォードシャー・ブル・テリア」と「ブルドッグ」を交配させて誕生した最強の闘犬です。もともと犬同士を戦わせる賭けごとで勝利するために生まれた犬種のため、健全な犬の育成を目的としたAKC(アメリカンケンネルクラブ)では犬種として公認されなかった歴史があります。

それから50年ほどかけてドッグショーやペット用として、凶暴性を抑えた性格に改良され「アメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリア」として1936年に公認されました。

現在はほとんどのピットブルがペット用として改良されていますが、しつけの仕方を誤ると、飼い主のコントロールが効かなくなる飼育難易度が最高ランクに高い犬種です。国や地域によっては飼育が厳しく規制されているほどです。日本ではほとんど規制がなく、登録数も増えていますよ。

 

ピットブルの特徴、体高や体重は?

ピットブルは大型犬と思われがちですが、体高(地面から背中までの高さ)46〜56cm、体重14〜36kgで中型犬に分類されます。胸部が幅広い筋肉質体型で、強さに溢れた個性的な顔立ちをしています。艶のある短毛で、毛色と模様は多種多様です。垂れ耳ですが、耳を短くカットすることもありますよ。体重はオスが27kg、メスで22kgぐらいがスタンダードとされ、筋肉や機敏さも含めて、この大きさが強さを生む理想的な骨格といわれています。

 

ピットブルの性格は?大人しい性格に改良された?

アメリカンピットブル2

ペット用に改良されたとはいえ、本来の性質である強い闘争心を持っています。特徴である凶暴な一面ばかりが強調されてしまいますが、実はとても賢く飼い主への忠誠心が強い犬でもあります。訓練すればのみ込みも早く、飼い主の命令にきちんと服従します。性格的には明るく陽気な一面もあり、家族に対する愛情深さも魅力です。

個体差、オスメスでも闘争心の強さに差があり、もともと本能的に戦う犬種なので、他の犬との接触は極力避けてあげてください。

 

ピットブルを飼育するなら、気質の理解がポイント

世界中で飼育されている犬種の中で、最も人の死亡事故が多く、あらゆる危険の可能性があるという事を良く理解してから飼うことを決めてください。初心者はもちろん、飼育経験が豊富な人でも育てるのが難しい犬種です。犬の特性を良く理解し、さらに飼い主本人も体力が無いと、散歩中のコントロールも難しくなります。日頃からストレスを感じさせないためにも、かなり多めの運動量が必要です。充分に時間と愛情をかけて育てられるかを、良く考えてから決断してくださいね。途中で飼育を放棄されたり、保護されて里親に出されたりすることも多いですが、飼育難易度が高いため簡単に新しい飼い主が見つからないのが現状です。

 

ピットブルはどこで購入できる?価格は?

ペットショップで売られている犬種ではないので、ブリーダー経由の入手になります。飼うことが難しい犬種であるため、ピットブルの知識や飼育経験が豊富なブリーダーを探してみてください。母犬の性格などを受け継ぐので、両親がどんな犬なのかも教えてもらうと安心ですよ。価格の目安は10~20万円ですが、親がチャンピオン犬などの付加価値がつくと、20~30万以上する場合もあります。

 

ピットブルのしつけは確実に!

アメリカンピットブル

どの犬にも共通していえることですが、ピットブルに関しては特に主従関係を明確にしたしつけが重要です。飼い主が確実にボスとなり、愛犬をコントロールしなくてはいけません。

子犬のうちからしっかりと社会性を身につけさせ、たくさん愛情を注ぎましょう。
ピットブルは一度興奮して噛みつくと、離さない習性があります。できれば専門のトレーナーの力を借りて、性格を良く見極めながら飼育することが、愛犬にとっての幸せにつながります。

 

ピットブルにはどんな首輪が良い?口輪は必要?

ピットブルは引っ張る力が強いため、首輪とリードは頑丈でなくてはいけません。しっかりと引っ張りのトレーニングをする場合、金属の首輪であるチョークチェーンの使用も飼い主に支持されています。
賛否両論はありますが、時と場合によって口輪を利用することも検討してください。他の犬や子供と接する場所、また獣医に連れて行くときなどは、口輪をするだけで周囲の安心度も高まりますよ。

犬界の親分のような風格が、他の犬種には無いたまらない魅力のピットブル。近くにいれば、自分に危険が迫ったとき、闘って守ってくれるような頼りがいや安心感を感じられることもありますよ。