子犬がケージを噛む!原因や対策は?噛みやすい材質は?おすすめ商品は?

ケージは子犬にとって欠かせないアイテムですが、せっかく買ってきたのにかじられてボロボロ!なんて経験はありませんか。

愛犬がケージを噛むのには原因があります。原因を見つけて、ケージを噛ませないために、対策を取ることをおすすめしますよ。

この記事では子犬がケージを噛んでしまう原因と対策、おすすめ商品についてまとめました。

 

子犬がケージを噛む、原因は?

トイプードル 素材

ケージを噛む原因

  • 好奇心
  • 歯の痒み
  • ストレス

子犬がケージを噛む原因は「好奇心」「歯が痒い」「ストレス」の主に3つが考えられます。

好奇心

好奇心からケージに興味を示して噛んでしまうことがあります。

子犬期の愛犬は毎日沢山のことを学んでいるので、目の前にある物すべてに興味津々な時期でもあるのです。

 

歯の痒み

生後4~5ヶ月あたりから、犬の歯は乳歯から永久歯へと生え変わり始めます。

歯の生え変わりの時期には口の中がむず痒くなるので、ケージなどを何かを噛むことで痒さを解消しようとする行動が子犬にみられます。

 

ストレス

何らかのストレスを感じている時には、ケージを噛んで発散することがあります。

例えば、元気いっぱいな子犬ほど、ケージの中でじっとしていることが苦手です。長時間ケージの中にいるとストレスが溜まり、ケージをガジガジと噛んでしまうことがあります。

 

子犬がケージを噛むのを止めさせたい!対処法は?

犬 素材

子犬がケージを噛むのをやめさせたいときの対処法

  • 噛んでもよいおもちゃを用意する
  • 原因を見つけて解消する
  • 市販のスプレーを使う

子犬がケージを噛むことをやめさせるには「原因を見つけて解消する」「噛んでもよいおもちゃを用意する」「市販のスプレーを使う」こと方法があります。

原因を見つけて解消する

子犬がケージを噛んでいるのを見つけたら、「好奇心」「歯の痒み」「ストレス」といった原因を特定して、その原因に合わせて対処することをおすすめしますよ。

例えば、子犬が長時間ケージにいて、ケージを噛んでいる場合は、長時間ケージの中にいたことによるストレスが原因です。

そのときは、愛犬を退屈させないために「ケージの中におもちゃを入れてあげる」「ケージから出して遊んであげる」ことをおすすめしますよ。

 

噛んでもよいおもちゃを用意する

噛んでもよいおもちゃを用意して「ケージを噛むよりオモチャで遊ぶほうが面白い!」と教えてあげることで、てっとり早くケージを噛むことをやめさせることができます。

 

市販のスプレーを使用する

それでも噛んでしまう場合は、市販のスプレーを活用するという方法もあります。犬が苦手とする味のついたスプレーを、噛まれたくない場所にシュッと吹きかけるだけです。

すると、愛犬に「ケージを噛むと嫌な味がする」と思わせることができますよ。

子犬がケージそのものを嫌いにならないよう、注意が必要です。

 

噛みやすいケージの材質は?

犬 素材

ケージには木製や金属製などの様々な材質のものがあります。子犬が特に噛みやすいのは「木製」のケージです。

硬さや噛み心地がちょうど良く、木製ケージを噛む感触が子犬にとって心地よいからです。木製の家具も同じ理由で噛まれやすいので注意してくださいね。

 

子犬がケージを噛む、止めさせるべき?

犬 かわいい funny

子犬がケージを噛むことは止めさせることをおすすめします。以下のような事故につながる恐れがあるからです。

子犬がケージを噛むことでつながる恐れのある自己

  • 怪我
  • 誤飲
  • ケージの破損

怪我

愛犬が噛んでいるうちに、歯がケージに引っ掛かってしまうことがあります。歯が折れたり、口の中を怪我をしたりすることになりかねません。

 

誤飲

噛んではがれたケージの欠片を、愛犬自身が誤飲する恐れもあります。木製の場合は特に尖ったトゲ状の欠片がとれやすく、愛犬の体内に刺さってしまう可能性があります。

 

ケージの破損

愛犬に噛まれることによってケージ自体が破損したり、塗装が剥げて錆びたりすることがあります。塗装に使われている化学物質が愛犬の体内に入ってしまうことも危険です。

損傷が激しい場合は、愛犬を傷つけないためにも買い替えを検討することをおすすめしますよ。

 

おすすめ商品1:ビターアップルスプレー

フード画像余白編集.pptx (6)
商品名ビターアップルスプレー
内容量236ml
原材料リンゴ抽出成分など
Amazon価格(税込)1,080円

噛まれたくない場所にシュッとひと吹き吹きかけるだけです。

犬の苦手な味になっているので、愛犬に「ケージを噛むと嫌な味がする」と覚えさせることができます。何回も使用することで愛犬がケージを噛むのをやめさせることができますよ。

愛犬の体に害を与えない天然の未熟リンゴの苦み成分を使用しているので、安全に使用することができます。

 

おすすめ商品2:ハーツデンタルティーザー

フード画像余白編集.pptx (7)
商品名ハーツデンタルティーザーソフトタイプ超小型犬用
原材料ナイロン、ゴム
Amazon価格886円

噛み付いても良いおもちゃとしておすすめな商品です。

子犬の大好きなベーコンフレーバーになっているので、噛みつきが良いのもおすすめするポイントです。

ソフトなラバー素材なので愛犬の歯を傷つけることはありませんよ。

 

おすすめ商品3:カジリノン

フード画像余白編集.pptx (8)
商品名トーラス強力いたずら防止スプレーカジリノン100
内容量100ml
原材料天然柑橘系オイル、トウガラシエキス など
Amazon価格668円

犬が苦手な柑橘系オイルやトウガラシエキス配合で、かじられたくない場所にシュッとスプレーするだけで使用することができます。

国産の商品なので、安心して使えますよ。

 

おすすめ商品4:ペットおもちゃAummuae

フード画像余白編集.pptx
商品名ペットおもちゃAummuae
原材料ゴム
Amazon価格899円

愛犬がケージのなど家具を噛むのをやめさせたいときに使えるペット用おもちゃです。

噛むと音が出るため、愛犬の興味を引くことができます。

表面に凹凸があり、子犬の歯の生え変わり時期のムズムズ解消にぴったりですよ。

 

 

愛犬とコミュニケーションを

shutterstock_448903666

ケージを噛まれて悩んだ時は、まず愛犬の立場に立って「この子はどうして噛むのかな?」と原因を考えることをおすすめしますよ。

原因が分かれば、良い解決策が見つかります。コミュニケーションを通して、愛犬の気持ちを理解して上手くサポートできると良いですね。