大型犬のリード、種類や選び方は?嫌がったり噛むのはなんで?おすすめ商品は?

大型犬にとって、リードは愛犬の命を守るために重要なアイテムで、伸縮性のあるリード、トレーニング用のリードなど様々な種類があります。

愛犬にも飼い主にも負担なく使用できるリードを選ぶことが大切ですよ。

この記事では、大型犬のリードの種類や選び方、おすすめの商品などについてまとめました。

 

リードって何?

大型犬 散歩

リードとは引き綱のことで、犬の動ける範囲を制限するものです。

愛犬が突然道路に飛び出したり、周りの人に飛び掛ったりするのを防ぐためにも大切なアイテムですよ。

室内では必要のないアイテムですが、散歩では大活躍してくれます。

特に大型犬は体が大きく、他の人や動物に怪我をさせる恐れがあるので、周りに迷惑をかけないためにもリードを使用することをおすすめしますよ。

 

大型犬のリード、種類は?

柴犬

大型犬のリードの種類

  • スタンダードリード
  • 伸縮性リード
  • トレーニングリード
  • マルチファンクションリード

スタンダードリード

通常の散歩であればスタンダードリードと呼ばれる一般的なリードがおすすめです。

長さは100cmから200cmのものが多いですよ。

スタンダードリードには使用している素材の違いもあり、多種多様の商品があります。

 

伸縮性リード

伸縮性リードは伸び縮みできるようになっていて、手元で長さをコントロールすることができます。

特に公園や広場など、広い場所で犬を遊ばせる際に使います。

使用を禁止している自治体もあるので、住んでいる地域を調べた上で使用することをおすすめしますよ。

ワイヤー状になっていて見えにくいため、夜の使用は避けることをおすすめします。

 

トレーニングリード

トレーニングリードはロングリードとも呼ばれます。

リードが長いので、少し遠い所から愛犬を呼ぶしつけをするときに使用できますよ。

長さは一般的には5〜10m程度ですが、長いものでは20mのものもあります。

フレキシブルリードと同じように広い場所で使うのが一般的です。周りに迷惑をかける恐れがあるため、普段の散歩では使用を避けることをおすすめしますよ。

 

マルチファンクションリード

マルチファンクションリードは複数の機能や種類を追加したリードです。

長さを自由自在に変えられ、「スタンダードリード」「伸縮性リード」「トレーニングリード」の3つの機能をあわせ持ったものもありますよ。

 

大型犬のリード、選び方は?

パグ 選び方

大型犬のリードの選び方

  • 素材
  • 太さ
  • 長さ

リードを選ぶ際のポイントとしては、素材やリードの太さ、長さがあります。

愛犬だけでなく飼い主さんの負担にならないものを選ぶことも大切なポイントですよ。

 

革製のリードのメリットは「耐久性が高い」「滑りにくい」「使用すればするほどなじむ」ことが挙げられます。

デメリットとしては、ナイロン製に比べると値段が高く、雨の日の使用には注意が必要な点があります。

 

ナイロン

ナイロン製のリードのメリットは、「耐久性が高い」「安価」「カラーバリエーションが豊富」であることが挙げられます。

デメリットとしては、引っ張られた時に手に怪我をする可能性がある、犬が噛むとすぐに傷が付くといった点があります。

 

布製のリードのメリットは「軽い」「カラーバリエーションが豊富」「手作りできる」ことが挙げられます。

デメリットとしては、引っ張られた時に手に怪我をする可能性がある、耐久性が低いといった点があります。

 

ラバー

ラバー製のリードのメリットとしては「滑りにくい」「耐久性が高い」「手になじむ」ことが挙げられます。

デメリットとしては、引っ張り癖が付く場合があることなどがあります。

 

ナスカン

ナスカンとはリードと首輪を繋げるアイテムで、犬種のサイズにより使用するナスカンのサイズが異なります。

大型犬は子犬の時と成犬時では体重が大きく異なります。

子犬のサイズで購入したリードはナスカンも小さいサイズの物が使用されているので、成犬になったら新しいリードを購入することをおすすめしますよ。

 

大型犬がリードを嫌がる!なぜ?

大型犬 散歩
犬がリードを付けるのを嫌がるのは、リードに嫌な思い出がある可能性があります。

リードの匂いを嗅がせたり、舐めさせたり、リードは害のないものだと認識させてあげることが大切です。

無理やりリードを付けてしまうと、リード嫌いだけでなく飼い主さん嫌いにもなる恐れがあります。

まずは短い時間から始めて、リードを付けることに慣れさせることをおすすめしますよ。

 

大型犬がリードを噛む!なぜ?

大型犬 散歩

大型犬がリードを噛む理由

  • 興奮
  • ストレス
  • 遊び
  • 不慣れ

犬がリードを噛む理由には、「興奮している」「ストレスを感じている」「遊びだと思っている」「慣れていない」といったことが挙げられます。

リードを噛まないようにしつけるには、散歩中、リードを意識させないように心がることをおすすめします。

リードが垂れて揺れると玩具と勘違いしてしまいますので、垂れないように短く持つことがポイントです。

噛んでしまった場合のために、口から放すコマンド(はなして、ちょうだいなど)を覚えさせることもおすすめです。

リードに愛犬の意識が向かないよう、愛犬としっかりコミュニケーションをとることも大切ですよ。

 

大型犬のリード、おすすめ商品1:「Focuspet」の革リード

フード画像余白編集.pptx (62)
商品名「Focuspet」の革リード
サイズ長さ:170cm,幅:1.5cm
原材料牛革
Amazon価格2000円

「Focuspet」が製造している、革製のスタンダードリードです。

持ち手が2つ付いているため、散歩時と緊急時で持ち変えることができますよ。

牛革なので耐久性が高く、人工編みにより見た目もおしゃれになっています。

 

大型犬のリード、おすすめ商品2:「SIAYI」のポリエステルリード

フード画像余白編集.pptx (63)
商品名「SIAYI」のポリエステルリード
サイズ長さ:113cm,幅:2.5cm
原材料ポリエステル
Amazon価格1388円

「SIAYI」が製造している、ポリエステル製のスタンダードリードです。

クッション性に優れたリードで、愛犬に引っ張られても飼い主さんの手への負担はありませんよ。

ポリエステルの生地で強度や磨耗に強く、弾性力もあります。

 

大型犬のリード、おすすめ商品3:「cocomall」のナイロンリード

フード画像余白編集.pptx (64)
商品名cocomall」のナイロンリード
サイズ長さ:110cm,幅:2cm
原材料ナイロン
Amazon価格1399円

cocomall」が製造している、ナイロン製のスタンダードリードです。

ナイロンを使用しているので、柔軟性、耐久性、弾力性に優れています。

ソフトメッシュ仕様ですので、手に優しく滑りにくいため、安心して散歩することができますよ。

サイズはM(1.1m)とL(2m)の2種類から選択することができます。

 

大型犬のリード、おすすめ商品4:「Kismaple」の革ショートリード

フード画像余白編集.pptx (65)
商品名「Kismaple」の革ショートリード
サイズ長さ:25cm,幅:2cm
原材料
Amazon価格1163円

「Kismaple」が製造している、大型犬用のショートリードです。

革製なので耐久性が高く、しっかり愛犬の動きを制御することができます。

柔らかいパッド入りのループハンドルにより、飼い主さんの手の負担を軽減してくれますよ。

 

大型犬のリード、おすすめ商品5:「ファープラスト」のショートリード

フード画像余白編集.pptx (66)
商品名「ファープラスト」のショートリード
サイズ長さ:55cm,幅:4cm
Amazon価格2550円

「ファープラスト」が製造している、大型犬用のショートリードです。

飼い主の手を守るためのソフトパッドや握りやすいグリップなど、愛犬が引っ張っても怪我することなく使用できるのがおすすめのポイントです。

カラーは「レッド」「ブルー」「グレー」の3色から選ぶことができますよ。

 

リードを選ぶポイントは?

犬 大型犬

リードは愛犬の命を守る大切なアイテムですので、愛犬にぴったりのものを選ぶことをおすすめしますよ。

特に大型犬は力が強く散歩も大変ですので、丈夫で手が痛くなりにくいものを選ぶのがポイントです。