子犬のリード、種類や選び方は?嫌がったり噛むのはどうして?おすすめ商品は?

散歩の必需品であるリードは愛犬を危険から守る大切なアイテムです。

機能性があるものやおしゃれなものなど種類がたくさんありますので、愛犬に合ったものを選んであげて下さいね。

この記事では、リードの種類や選び方などについてまとめました。

 

リードって何?

ミニチュアダックスフント_子犬

リードは犬の動きを制限したり、周りに迷惑をかけないようにしたりと、犬を危険から守る働きがあります。

リードとは引き綱のことで、犬の動ける範囲を制限するものです。突然道路に飛び出したり、周りの人に飛びかかったりするのを防ぐためにも大切なアイテムですよ。

室内で飼うときは必要性がありませんが、成長して散歩に行くようになると大活躍してくれます。

 

子犬にリード、必要?

チワワ_子犬

子犬にもリードが必要です。

散歩に行く場合は子犬であっても成犬であってもリードは必ずつける必要があります。子犬の頃からリードに慣れていないと、成犬になっても嫌がるようになります。

リードに慣れさせてあげることは大切です。

散歩にまだ行けない子でも室内でリードに慣らしてあげると、成長しても抵抗なくリードをつけることができます。子犬がリードを嫌がる場合は、まずは室内でつけたり、つけた状態で抱っこして散歩に連れていったりしてくださいね。

子犬をリードに慣れさせるためにやってあげたいこと

  • まずは室内で付ける
  • 少しずつつ慣らしていき、徐々に付ける時間を長くする
  • 付けた状態で抱っこして散歩に連れて行く

 

子犬のリード、どんな種類がある?

ニューファンドランド 子犬

主なリード4種類

  1. 1.スタンダードリード
  2. 2.フレキシブルリード(伸縮リード)
  3. 3.トレーニングリード
  4. 4.マルチファンクションリード(多機能リード)

リードにはスタンダードリード、フレキシブルリード、トレーニングリード、マルチファンクションリードの4種類があります。

これらのリードは目的によって使い分けるのがおすすめです。通常の散歩であればスタンダードリードと呼ばれる一般的なリードが使われることが多いですよ。

 

1.スタンダードリード

基本的なリードで、散歩に向いているリード

基本的には0.5m〜1.8mほどの長さのものが多いです。

先端には丸い持ち手がついていて、もう一方には首輪やハーネスに繋ぐための金具(ナスカン)がついています。素材や色などたくさんのバリエーションがあり、選択の幅も広くなっているので、自分と愛犬に合ったものを見つけられますよ。

散歩には1番適しているリードなので、散歩で使うリードにおすすめです。

 

2.フレキシブルリード(伸縮リード)

柔軟性に優れていて、広い場所や公園などで犬を遊ばせる際に便利なリード

フレキシブルリードは、伸び縮みするのが1番の特徴です。手元で長さを調整でき、柔軟性の高さがあるので広い場所で犬を遊ばせる際などに便利ですよ。

ただ、しっかりとロックしていないと犬が急に飛び出したり、急なアクシデントが起こった時などに制御することができません。そのため、散歩にはあまり向いていないリードともいえます。自治体によっては使用が禁止されているところもあるので注意してくださいね。

 

3.トレーニングリード

5〜10mほどの長さが一般的な、犬のトレーニング用に使うリード

トレーニングリードは長めのリードで、広い場所で犬のトレーニング用に使われるリードです。長いリードなので、使用する際には周りに人や障害物などがないか確認する必要があります。形は基本的にスタンダードリードと変わりませんよ。

 

4.マルチファンクションリード(多機能リード)

複数の機能が搭載されたリード

マルチファンクションリードは、その名の通り色々な機能がついたリードのことです。長さを変えたり犬を柱などに繋いでおいたり、肩からかけたりできるものなど様々な種類があり、使う場面も様々です。自分に合った機能のものを探してみてくださいね。

 

子犬のリード、選び方は?

子犬 お風呂

子犬のリード選びで気をつけたいポイント

  • 軽さ
  • 細さ
  • 長さ
  • 革系の素材

子犬のリードを選ぶ際に気をつけたいのは、子犬に負担がかかりにくいものを選ぶことです。リードの重さは子犬の首の負担に大きく影響するので、軽めで細めのものを選んであげてくださいね。

散歩に使うリードの場合、1〜1.5mの長さが適切です。長すぎると愛犬を制御しにくく、短すぎると愛犬の行動範囲をかなり制限してしまうためストレスに繋がってしまいます。

また、よく動き回る子犬には滑りにくい革系のリードを選ぶことで手や腕への負担を軽減することができますよ。愛犬の特徴に合わせてリードを選んであげてくださいね。

 

子犬がリードを噛む!どうすればいい?

ミニチュア・ピンシャー_子犬_可愛い

子犬がリードを噛んでしまう主な原因4つ

  • 興奮
  • ストレス
  • 遊び
  • 不慣れ

子犬がリードを噛んでしまう主な原因は上記の4つです。

散歩に興奮してしまっている場合や、ストレスで噛んでしまっている場合は落ち着かせてから出発してあげてくださいね。

また、リードに慣れていないために噛んでしまう犬や遊びで噛む犬は、しっかりと叱ってしつけをしてあげないと噛み癖がついてしまいます。なかなか治らない場合は、噛みつき防止材を使ってみてくださいね。

また、子犬は散歩やリードに慣れていないので、どうしてもリードが気になってしまいます。軽いリードを使ったり、揺れないように短く持ってあげたりするなど、リードを意識させないように心がけてあげると落ち着いてお散歩できますよ。

 

子犬がリードを嫌がる!どうすればいい?

ボクサー犬 子犬 甘える

リードを嫌がる子犬には、まずリードに慣れさせてあげることをおすすめします。

お散歩にはリードをつけないといけません。ただ、リードを嫌がる場合には無理やり付けるのではなく、徐々にリードに慣れさせてあげると良いです。リードの匂いを嗅がせたり、舐めさせたりと、害のないものだと認識させてあげることが大切です。

また、リードに興味を示したら大好きなおやつをあげてしつけをすることも効果的です。リードに慣れてきたらお散歩に連れて行ってあげてくださいね。

 

子犬のリード、おすすめ商品は?

おすすめ商品1:Pettomナイロン製リード 3M反射素材使用

フード画像余白編集.pptx (5)
商品名Pettom 犬用リード 3M反射素材使用
内容量1本
Amazon価格1399円

3M反射素材を使用しており、夜間の散歩でも安全に行う事ができます。持ち手はソフトメッシュ加工により痛くなりにくい工夫が行われています。

3M反射素材は、アメリカに本社をおく世界的化学・電気素材メーカーの3M Companyが製造している反射素材です。3Mの反射素材は、路面表記や道路標識にも使われていて非常に品質が高いものです。

このリードには迷子ラベルがついており、もし愛犬がリードをつけたままいなくなってしまったときも安心です。軽くて金具も音が鳴りにくいリードのため、リードに不慣れな子犬におすすめの商品ですよ。

 

おすすめ商品2:本革製リード

フード画像余白編集.pptx (6)
商品名本革製リード
内容量1本
Amazon価格3200円

シンプルでおしゃれな革製のリードです。耐久性に優れており、面取り加工が行われているため使い勝手、安全性ともに抜群ですよ。面取り加工とは、製品の角を削って丸くすることですよ。面取りによって皮膚を傷つける危険性が減ります。

また、表生地は本牛革となっており埼玉県の工房で作られています。日本の職人が作った、牛革のリードの品質にレビューでも高評価です。

 

おすすめ3:Trèsutopia伸縮リード

フード画像余白編集.pptx (7)
商品名Trèsutopia 伸縮リード
内容量1本
Amazon価格1799円

伸縮性のロングリードで、自由に動き回ってもロープが絡まる事がありません。8メートルまで伸びるので愛犬ものびのびと楽しむ事ができます。

ロック機能で好きな長さでリードを固定できるため、使い勝手が良いですよ。また、軽量ながらシートベルトと同じ材質で作られているため、強度もあります。犬への負担が少ない面でも子犬にもおすすめの商品です。

 

おすすめ商品4:絡まりにくいロングリード

フード画像余白編集.pptx (8)
商品名絡まりにくいロングリード
内容量1本
Amazon価格2480円

離れてしつけを行うのにぴったりのリードです。太さがある商品ですので、愛犬が急に動いてしまっても飼い主の手にヤケドや切り傷が出来難いのが特徴です。

サイズは10m,15m,20mの3種類があり、自分の愛犬に合わせて選ぶことができます。

このリードはロングリードに特有の絡まりやすさを改善した商品なので、トレーニングのためにロングリードを探している方におすすめの商品です。

 

おすすめ商品5:多機能リード

フード画像余白編集.pptx (9)
商品名多機能リード
内容量1本
Amazon価格899円

このリードはクッション性に優れており、衝撃を吸収するデザインになっています。愛犬が急に動いても、愛犬と飼い主ともに安全を確保する事ができますよ。さらに、調整可能なベルトによりハンズフリー(腰に巻くなど)で愛犬と散歩する事ができます。

手ぶらで散歩することにより愛犬との絆をより深められるのではないでしょうか。何かあった時に手ぶらの状態にできるため、お散歩に慣れていない子犬に特におすすめの商品です。

 

リードで愛犬の命を守る

アイリッシュセッター 子犬

リードは愛犬の動きを制御するだけでなく、命も守ってくれる大切なアイテムです。成犬になった時に大変な思いをしないためにも、子犬のうちからしっかりと慣らしてあげてることが大切です。

早いうちからリードに慣れて、楽しくお散歩してあげてくださいね。