子犬の首輪、いつから付ける?選び方やサイズはどうすればいい?嫌がる時は?おすすめ商品は?

子犬を飼うのに「しつけ」や「散歩」はつきものですが、どちらにも首輪は大事な役割を担っています。

子犬が生まれたときには首輪は付いていないものなので、初めて首輪を付けるときに嫌がる子がいるかもしれません。

どんな犬でも初めてのことは怖くて当然ですので、ゆっくりと慣れさせてあげることをおすすめしますよ。

この記事では、子犬の首輪について、始めどきや選び方、慣れさせ方、おすすめ商品などをまとめました。

 

子犬の首輪、いつから付ける?

子犬 首輪

首輪が最も必要になるのは散歩のときなので、お散歩デビューより前から首輪に慣れさせておくことをおすすめしますよ。

子犬の散歩デビューは生後3ヶ月が理想の時期です。具体的には、ワクチン接種後、ワクチンが安定するまでの2~3週間、長くて100日待ってからのデビューが最適といえます。

ただ、生後4ヶ月を過ぎてしまうと「恐怖期」に入ってしまい、外の出るのが難しくなってしまうので、それよりも前に慣れさせておくことをおすすめします。

つまり、愛犬の体内のワクチン安定を待っている期間とお散歩デビューの準備期間にするのがおすすめです。この時期に室内で首輪やリードに慣れさせるトレーニングを行ってくださいね。

 

子犬の首輪、選び方は?

犬_首輪_ハーネス

子犬の首輪を選ぶ時のポイント

  • サイズ
  • 素材
  • 耐久性

首輪を買いに行くときは、子犬の首回りのサイズを測っておくことをおすすめしますよ。

子犬の成長も考えて、サイズ調節が簡単で丈夫なものを選ぶと良いです。

犬の首輪には、いくつか種類があります。最も一般的なのは、革素材に穴が空いていて金属製のストッパーで止める「ベルト」です。耐久性があって長持ちしやすいですよ。

成長期の子犬には、安くてサイズ調節が簡単なため、プラスチックと布でできた「バックル」がおすすめです。

耐久性の高い首輪を選んでも長年使っていれば切れることもあります。散歩中に首輪が切れてしまわないように、散歩前には首輪の状態を確認するようにしてくださいね。

犬の首輪の選び方について、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

子犬が首輪を付けるのを嫌がる、どう慣れさせればいい?

子犬 首輪

無理やり首輪を装着させるのは避けることをおすすめしますよ。

首輪嫌いどころか、飼い主嫌いになっては元も子もなくなってしまいます。

まずはリボンや紐など柔らかい素材で、首に巻いたまま生活する練習をすることをおすすめします。

最初は短時間から始め、我慢できたらおやつをあげて褒めます。これを繰り返し、徐々に時間を延ばしていくと良いですよ。

慣れてきたら、子犬の様子を見ながら首輪に切り替えます。おとなしく首輪を付けられた場合は、すぐにおやつを与えて、褒めてあげてくださいね。

 

子犬の首輪、適切なサイズは?

子犬 首輪

愛犬に首輪を付ける際に気を付けなければならないのはサイズです。きつ過ぎては苦しいですし、ゆる過ぎてもすぐに抜けてしまいます。

首輪を付けたとき、指が一本入る程度のきつさが理想的ですよ。成犬の場合は、指二本が入るくらいの余裕があっても良いです。

 

子犬の首輪、おすすめ商品1:「DauStage」の首輪セット

子犬 首輪
商品名「DauStage」の首輪セット
原材料デニム
Amazon価格1,290円

「DauStage」が製造している、犬用の「首輪」「ハーネス」「リード」がセットになっている商品です。

購入者の評判がとても良く、ベルト部分が調節可能な首輪やハーネス、長さ120cmのリード、そして散歩用オリジナルトートバックのおまけも付いた4点セットというのが、何よりも嬉しいポイントです。

デニム素材で、丈夫かつオシャレなところもおすすめするポイントですよ。

カラーは「ピンク」「ブラック」「レッド」「ブルー」の4色です。サイズは4種類で、S~XLがあります。愛犬に合わせて色やサイズを選択してくださいね。

 

子犬の首輪、おすすめ商品2:ペットの首輪

子犬 首輪
商品名ペットの首輪
原材料ベルベット、スチールバックル
Amazon価格180円

子犬にぴったりの首輪で、Amazonのベストセラー商品ですよ。

耐久性のあるベルベット素材とソフトな手触りが特徴で、鈴が付いた蝶々結びのデザインがかわいらしいです。

カラーは「レッド」「ピンク」「ブルー」「ブラック」「ブラウン」「パープル」の6色から選ぶことができますよ。

 

子犬の首輪、おすすめ商品3:「Balai」の虫よけ首輪

子犬 首輪
商品名「Balai」の虫よけ首輪
原材料ポリエステル
Amazon価格505円

「Balai」が製造している、付けるだけで虫よけも期待できる子犬用の首輪です。

耐久性のあるポリエステル素材で、サイズ調節や着脱も簡単なので、飼い主さんの負担を軽減できますよ。

デザインが可愛いだけでなく、虫よけ、ノミ取り効果があり、免疫力の低い子犬を守ってくれるのもおすすめするポイントです。

SとMサイズがあり、Mサイズが子犬や小型犬用になっていますよ。

 

子犬の首輪、おすすめ商品4:「Moonlove」のオーダーメイド首輪

子犬 首輪
商品名「Moonlove」のオーダーメイド首輪
原材料本革、ステンレス
Amazon価格1,773円

「Moonlove」が製造している、本革を贅沢に使用した首輪です。

ベルト部分の幅に合わせて、オーダーメイドのネームプレートを付けることができます。

プレートにはレーザー加工でエッチング処理(彫り加工)をしてくれるので、名前入りの高級感があふれる首輪になりますよ。本革を使っているので耐久性も高いです。

注文時にご希望の名前や電話番号をメッセージ欄に入力して注文します。出荷までは1~2週間前後かかりますよ。

カラーはブラックとブラウン、サイズはXS~XLまでの5サイズから選べ、値段は一律です。

 

子犬の首輪、おすすめ商品5:「Realpet」のクロコ柄首輪

子犬 首輪
商品名「Realpet」のクロコ柄首輪
原材料高級PU革(合成皮革)
Amazon価格449円(参考価格778円)

「Realpet」が製造している、ワニ柄の首輪です。

首輪表面に光沢感があり、高級感があってオシャレです。

ラインストーンを使った小さな犬のチャームも可愛いですね。

高級PU合成革製なので頑丈に作られており、綺麗な仕上がりで愛犬の敏感な肌を傷つけません。

「ホワイト」「ピンク」「ブラック」「レッド」「ブルー」の5色、XS~Lの4サイズから選べます。

子犬はもちろん、小型犬から大型犬まで使用できるアイテムですよ。

 

お散歩デビューの準備

犬 散歩

子犬は何もかも初めてで困惑してしまいます。

お散歩デビューの前にできるだけ様々なものに慣れさせておくことをおすすめしますよ。

首輪やリードだけでなく、外の騒音や道路を走る車など、散歩で遭遇することを軽く体験させておくと良いです。

首輪やリードにまだ慣れていない場合は、最初は「抱っこ散歩」で家の前を歩くだけでも良いですよ。