子犬に向くのはハーネス?首輪?選び方は?嫌がる時は?おすすめの商品は?

子犬は散歩の際、慣れていないハーネスを付けると嫌がることがあります。

また、たくさんあるハーネスの選び方に迷ってしまうこともあります。

この記事では、子犬向けハーネスの選び方、嫌がる場合の対処法やおすすめ商品についてまとめました。

 

ハーネスって何?

子犬_困り顔

ハーネスは、首から胴回りにかけて装着します。ベルト式のものや上半身を丸ごと包み込むタイプのものなど、様々な形状がありますよ。ハーネスは引っ張っても衝撃が分散して身体に負担がかかりにくく、子犬が嫌がることが少ないのが特徴です。

締め付けがない分飼い主の指示が伝わりにくく、しつけには向かないなどのデメリットもあります。締め付け感が少ないという面では、首輪が苦手な犬におすすめです。

 

子犬にはハーネスと首輪のどちらがいいの?

チワワ_子犬

首輪とハーネスにはそれぞれのメリット、デメリットがあります。メリットとデメリットを知ったうえで愛犬に合う方を選んであげてくださいね。

首輪

首輪のメリット・デメリット

  1. メリット:制御しやすいため、しつけやトレーニングに最適
  2. デメリット:負担がかかるため犬が嫌がる

愛犬のしつけには首輪が良いとされています。犬の急所である首を支配されることは相手への服従を意味するため、しつけには最適です。また、散歩の際にひっぱる力が強い犬には制御力のある首輪が有効な場合があります。

ただ、子犬は初めてつける首輪に違和感を覚えるため嫌がる子が多いです。負担をかけ過ぎてしまうと脊髄損傷や呼吸困難などの危険性があるので、ひっぱりすぎには注意してあげてくださいね。

 

ハーネス

ハーネスのメリット・デメリット

  1. メリット:負担が分散されやすいため犬が嫌がらない
  2. デメリット:制御しにくいため、しつけやトレーニングに向かない

ハーネスは胴回りを包む安心感や首を絞めないなど、愛犬の身体への負担が少なく安全性が高いです。子犬や小型犬、気管支の弱い犬など首に負担をかけたくない犬におすすめです。また、ハーネスは首輪よりも嫌がる犬が少ないですよ。

ただ、締め付けが少なく制御する力が首輪より弱いので、犬の急な動きに対応しきれない危険性があります。また、ハーネスは首を締めないのでしつけやトレーニングには向きません。

 

子犬がハーネスを嫌がる!理由は?

ブラッドハウンド 子犬

子犬がハーネスを嫌がる主な理由

  • 慣れていない
  • ハーネスに関してトラウマがある

子犬は何かを装着することに慣れていません。もともとは野生で暮らしているはずの動物ですから、動きを制限されるものを嫌がる子も多いのです。また、以前ハーネスをつけて怖い思いをしたなどのトラウマから、ハーネスを嫌いになることもありますよ。

ハーネスやリード、首輪などをつけるのはかわいそうだと思うかもしれません。ただ、車やバイクなどが走る外の世界には危険がいっぱいなので、散歩デビューまでに少しずつハーネス慣れしておくことをおすすめします。

 

子犬用のハーネス、いつから付ける?

ナポリタンマスティフ 子犬

お散歩デビュー(ワクチン接種が済んで20日後〜100日後)の1週間前くらいから家で装着するのがおすすめです。

子犬の場合、大体生後3か月くらいで家に迎えるケースが多く、それから1週間ほどは家や生活する環境に慣れてもらう必要があります。子犬の散歩デビューは、ワクチン接種が済んだ20日後から100日後が理想ですよ。

ワクチン摂取の前はまだ免疫が安定していないので気をつけてくださいね。

散歩デビューするまでにハーネスに慣れさせておくことが大切です。まずはハーネスを装着した状態で室内を歩かせ、そのあとリードもつけて行動できるようにするなど段階的に慣れさせてあげてください。

最初は短時間の抱っこ散歩で外の世界の音や匂いなどに慣れさせることも必要です。トラウマからハーネスを嫌いになるのを防ぐために、様々なことに慣れさせてあげてくださいね。

 

子犬用のハーネスの選び方は?

子犬 お風呂

子犬のハーネスを選ぶ時のポイント

  • 装着のしやすさ
  • つけごこちの良さ
  • 体の形との相性の良さ
  • 軽さ

ハーネスは装着のしやすいもの、ファッション性が高いもの、スポーツ対応のものなど様々な方向性のものが販売されています。子犬の場合はやはり「ハーネスを怖がらないよう慣れさせる」という点を考え、装着のしやすさや付け心地を重視して選ぶことをおすすめします。

ハーネスは体に合わないと外れやすいので、体にちょうどフィットするサイズがおすすめですよ。また、軽いほど犬への負担や違和感は減るので軽さも視野に入れて選ぶといいですね。

犬が散歩や外の世界に慣れてきたら、他のハーネスや首輪に変えてみてもいいですね。最初はとにかく、「散歩や外の世界に慣れさせること」が大切ですよ。

 

子犬用のハーネスでおすすめな商品は?

おすすめ商品1:The Little Dog Star ソフトメッシュ ハーネス

フード画像余白編集.pptx
商品名The Little Dog Star ソフトメッシュ ハーネス
Amazon価格1500円(税込)
サイズ展開【XXXSサイズ】25-29cm
【XXSサイズ】29-34cm
【XSサイズ】33-38cm
【Sサイズ】37-42cm
【Mサイズ】41-47cm
【Lサイズ】46-52cm
【XLサイズ】50-56cm
カラー展開ブラック/レッド

軽量でしっかりとした厚手の生地にソフトメッシュ素材なので、愛犬へ負担を与えづらいハーネスです。肩部分には反射材がついており、夜間でも安全な散歩が可能です。洗濯もできるので衛生的ですよ。

ベルトタイプで装着が簡単なのも、子犬が嫌がる隙を与えないおすすめポイントです。サイズはXXXSサイズからあるので子犬にもフィットするサイズをサイズを見つけることができますよ。

 

おすすめ商品2:DauStage ハーネス リード 首輪 セット

フード画像余白編集.pptx (2)
商品名DauStage ハーネス リード 首輪 セット
Amazon価格1290円(税込)
サイズ展開【S】リード長さ:120cm リード太さ:1.0cm チョーク首輪(首回り):22~33cm ハーネス(胴回り):28~45cm (犬の体重目安):2~4kg
【M】リード長さ:120cm リード太さ:1.5cm チョーク首輪(首回り):26~38cm ハーネス(胴回り):35~50cm (犬の体重目安):4~10kg
【L】リード長さ:120cm リード太さ:2.0cm チョーク首輪(首回り):33~45cm ハーネス(胴回り):45~60cm (犬の体重目安):10~25kg
【XL】リード長さ:120cm リード太さ:2.5cm チョーク首輪(首回り):40~60cm ハーネス(胴回り):55~85cm (犬の体重目安):25~45kg
カラー展開 ピンク/ブラック/レッド/ブルー

購入者の評判がとても良いです。ベルト部分が調節可能な首輪やハーネス、長さ120cmのリード、そして散歩用オリジナルトートバックの付いた4点セットが嬉しいポイントですね。

首輪とハーネスが両方付いているのでハーネスでお散歩に慣れてから首輪に変えることもできるのでおすすめです。また、デニム素材なので丈夫でオシャレなところがおすすめな点です。カラー、サイズ共にバリエーションが豊富で、選択の幅が広いのもおすすめですよ。

子犬にはSサイズがおすすめで、購入したユーザーの中にはポメラニアンの子犬にSサイズを使用しているというレビューもありますよ。

Amazonでの口コミ

こだわり無ければ全て十分使える

三ヶ月目になるポメラニアンの子犬の為に購入しました。ワクチンが全て済んでいないのでお庭や抱っこでのお散歩デビュー前の練習をするのに取り急ぎの首輪とリードとハーネスがあれば便利だと考えて、セットで安かったのでこちらを選びましたが思ったよりどれもしっかりしていました。Sサイズを選びましたが目一杯小さく調整して使っています。
シンプルなので成犬になるまで使えそうです。

追記
一ヶ月ほど使用し愛犬もかなり大きくなった上で再評価。飽きないデザインで丈夫なので成犬までこのまま使います。
狂犬病の予防注射を終えて役所の登録を済ませたのでタグを縫い付けました、ブラブラさせていると嫌がってしまったので縫い付けれるデニム素材の良さを改めて感じましたので評価を4から5にしました。
写真の通り東京都のタグより首輪が細いので要確認です。
使わないと思ってた不織布バッグも犬のお散歩用のセットをまとめるのににわかりやすくて愛用してます。

うぇーぶさま

 

おすすめ3:Homein 犬用ハーネス 小型犬用

フード画像余白編集.pptx (3)
商品名Homein 犬用ハーネス 小型犬用
Amazon価格1849円(セール価格・税込)
サイズ展開S胴回り:43-56cm
M 胴回り:57-68cm
L 胴回り:69-81cm
XL 胴回り:82-97cm
カラー展開 オレンジ/緑

サイズは4タイプありますが、小型犬や子犬にはSサイズがおすすめですよ。

高品質な素材を使用し、メッシュ部分で通気性も抜群です。簡単に着脱できるバックルが付いており、ハーネスに不慣れな子犬にもストレスを与えにくい構造になっていますよ。ベルト部分は4か所で長さを調節できるため、愛犬に合わせて調整できるのが嬉しいですね。

通気性とフィット感、着脱の簡単さで子犬にストレスをかけない商品となっているのでおすすめですよ。

 

おすすめ4:調整可能なメッシュハーネス 犬用

フード画像余白編集.pptx (4)
商品名調整可能なメッシュハーネス 犬用
Amazon価格490円(セール価格・税込)
サイズ展開XS/S/M/L/XL
カラー展開ブルーのみ

通気性抜群のメッシュ素材でできており、高強度なDリングやバックル付き調節可能チェストベルトで安全安心のハーネスです。

サイズの微調整が可能なので子犬におすすめです。軽いメッシュ素材と調整できるチェストベルトが子犬に嬉しいポイントですよ。また、チェックがかわいらしいのもおすすめポイントです。

 

おすすめ5:uxcell 調整可能メッシュハーネス

フード画像余白編集.pptx (5)
商品名uxcell 調整可能メッシュハーネス
Amazon価格649円(セール価格・税込)
サイズ展開S(首周り: 22cm/胸囲: 35-45cm)
カラー展開 ブルー/ピンク

ウォーキングやハイキングなどすべての野外活動に最適なハーネスで、愛犬の自然な運動を妨げずに適度に制御できるよう工夫されています。

ベルト部分の長さは調節可能なので、子犬でも体にフィットさせられます。愛犬の安全で快適な散歩が期待できますよ。

 

正しく楽しいペットライフを!

ジャーマンシェパード 子犬

愛犬の飼育で大切なのは、「飼い主さんとの信頼関係」と「慣れ」です。飼い主さんを信頼していれば、多少怖いことが起きても愛犬は安心できますよね。

若いころから多くの人や犬と触れ合うことで、社会勉強をしておくのも大切なことです。慣れないことや知らないものが怖いのは当たり前ですから、少しずつ色々なことに慣れさせてあげてくださいね。

ただ、スパルタ教育や愛情の注ぎすぎなど愛犬のストレスになるようなしつけやトレーニングには気をつけてくださいね。愛犬の様子を確認しながら、適度なしつけやトレーニングを行うことが大切ですよ。