【#ペピLIFE】猫のそばこと私のアメリカ西海岸生活㉓

アメリカ西海岸カリフォルニア州のサンノゼ在住。2016年8月にアニマルシェルターにて愛猫「そばこ」と出会い、引き取る。日本とアメリカでのペットを取り巻く環境の違いや、アメリカでのユニークな暮らしを綴る。
ハロウィン

 

この記事は連載記事です。

アメリカ西海岸カリフォルニア州在住の「いつか」さん夫婦と、飼い猫「そばこ」の生活の様子をご紹介しています。

アメリカでは大規模なハロウィンイベントが行われました!日本のハロウィンとは全然違い、とても興味深いです。そんなハロウィン当日、そばこはどう過ごしたのでしょうか?

第1~22回をまだお読みでない方は、特集リンクから移動できます。

 

アメリカのハロウィン、日本との違いは?

10月の下旬近くまでは 30度を超える暖かい日が続いていましたが、月末のハロウィンが近づくと一気に最高気温が20度を下回り秋らしい気温になってきました。

アメリカはこの時期になると、ハロウィンからサンクスギビング(感謝祭祝日)、クリスマスにかけて年末ムードが高まってきます。

ハロウィンは、アメリカでは家やお店の装飾にかなり気合が入っており、さすが本場といった様相を呈しています。もともとはハロウィンはヨーロッパが由来のイベントなのですが。

たまたまハロウィンの少し前にパーティーグッズ専門店に買い物に行ったところ、装飾やコスチューム用のさまざまなものが売っていました。

そばこ23あ そばこ23い

ゾンビの子どもの人形(妙にリアル)や数リットルの血糊など、どう考えても子どもだけでなく大人でも引くようなグッズが大量に売られており、アメリカの人はいちいちやることが大げさだなあと思いを馳せる週末になりました。

 

待ちに待ったハロウィン!

ハロウィン当日 (10月31日)は会社でハロウィンイベントが企画されていたのですが、なんと、申込みが殺到しすぎて申し込み開始から数時間で席が埋まってしまい、さらに近くで新しいオフィスの拡張工事が行われている関係で予定人数を収容するにも安全が確保できないとのことで急遽延期になってしまいました。

会社のハロウィンがそんな人気イベントだったことも知らず、気づいた頃にはとっくの昔に申し込みも受付終了していたので、私たちは友人と軽く外でご飯を食べて、あとは家でゆっくり過ごしていました。

一軒家に住んでいる家庭だと、近所の子どもたちが「トリック・オア・トリート」をしにやってくるのでお菓子を用意しておく必要があるそうなのですが、我が家は入り口にゲートのあるアパートなので特にそんなこともありません。

そばこにライオンのかぶりものをかぶせてみましたが、そばこはかぶりものの類が大嫌いなので、写真を撮った直後には頭を振って振り落としていました。

そばこ23う

 

どうにかして捕まえたい…

その後は家で、発売したばかりのゲーム『スーパーマリオオデッセイ』で遊んでいました。するとテレビを動き回るマリオにそばこは釘付けに。

そばこ23え

ひたすらマリオをつかまえようと手を伸ばして追いかけています。
そばこ23おgif-iloveimg-compressed
そばこにはハロウィンよりゲームのほうが面白かったようですが、楽しんでくれたようなのでまあ良かったでしょう。