犬の耳にダニがびっしり!耳ダニの特徴や、取り方は?治療薬や予防法は?

愛犬の耳の中に黒い耳あかがあったり、その耳あかが動いたりしたら、思わず驚いてしまいますよね。

黒い耳あかの正体は耳ダニかもしれません。犬の耳ダニは繁殖力が高く、ずっと耳に寄生するうえ、他の犬に感染しやすいためやっかいですよ。

この記事では犬の耳ダニの特徴や取り方、治療薬、予防法を紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

耳ダニとは?何が原因なの?

犬 素材

耳ダニとは

耳ダニとは

  • ミミヒゼンダニ

耳ダニとは、耳の中に寄生する「ミミヒゼンダニ」を指します。

耳ダニは耳の管の組織液や耳あかを食べて成長します。卵が2~4日で孵化したら、3週間で成虫になり耳に大量の卵を産みつけて、繁殖を繰り返します。

耳ダニは放置すると外耳炎、内耳炎、中耳炎、耳血腫に繋がりますので早いうちに対処する必要がありますよ。

 

耳ダニの原因

耳ダニの原因

  • 垂れ耳
  • お手入れ不足
  • 犬とのふれあい

耳ダニはダックスフンドやキャバリアなど「垂れ耳の犬種」に起こりやすいです、垂れ耳だと耳の中が乾きにくく、耳ダニが繁殖しやすいのです。

また、飼い主さんが愛犬の耳のお手入れをしっかりしていないと、耳ダニが繁殖しやすくなります。

耳ダニは繁殖力が高いので、愛犬が耳ダニに感染している犬とふれ合うだけで、感染してしまうことがありますよ。

 

耳ダニの診断法

耳ダニの診断法

  • 両耳に感染がみられる
  • 耳管内以外への寄生はみられない
  • 幼少期に感染しやすい
  • 多頭飼いしていると、全頭に感染することがある

耳あかができたからといって、耳ダニであるとは限りません。ですが上記の通り、耳ダニ・耳疥癬症とわかる特徴があります。

多頭飼育している場合、一頭でも耳ダニに感染していれば全頭感染している可能性があり、全頭同時に治療を行わないと根絶が困難ですよ。

 

犬の耳ダニの特徴、どんな症状が出る?

犬 かわいい funny

耳ダニの軽い症状

  • 耳をかゆがる
  • 耳の周辺の毛が抜け落ちる
  • 目や耳が炎症を起こす
  • 黒くカサカサしたあかがある
  • 耳から悪臭がする

耳ダニの重い症状

  • 耳周辺や首をかゆがる
  • ふらふらする
  • 旋回する

耳ダニに感染するとかゆがるので、しきりに「耳周辺を掻く」ようになります。場合によっては「耳の周りの毛が抜け落ちたり」「耳や目を傷つけて炎症を起こしたり」します。

耳の中の異物に違和感を感じるので「頭をよく振ったり」「耳を地面に擦り付けたり」という素ぶりをすることもあります。

耳ダニが重症化すると「耳周辺や首をかゆがり」ます。

炎症が内耳や三半規管まで達してしまうと、三半規管のの近くにある前庭神経にも炎症が生じます。バランスを取ることができなくなってしまうため「あごを傾けてふらふらしたり」「旋回したり」といった行動を取ることがあります。

 

犬の耳ダニ、取り方は?

ビーグル 犬 素材

耳ダニの取り方

  • 耳の中の毛を抜いてもらう
  • 耳あか・かさぶたを除去してもらう
  • 殺ダニ剤を塗ってもらう

耳ダニは病院で「治療を受ける」のが理想です。獣医師さんに診てもらえば病気の特定のスムーズですし、耳ダニがきちんと根絶するまで治療を受けることができるためです。

病院での措置の例としてまず、耳の穴の中の毛を抜き取ってもらい治療の効率を高めます。

過酸化水素水で耳あかやかさぶたを除去、イベルメクチンやロテノンといった殺ダニ剤を4~5日間隔で塗ってもらいます。

3週間前後かけて、継続的に治療を受けます。

 

犬の耳ダニ、薬は何を使うの?

トイプードル 犬 素材

使う薬

使う薬

  • 耳ダニの駆除薬
  • 塗り薬
  • 点耳薬

動物病院では耳を洗浄、耳ダニの駆除薬を投与してもらいます。その後は獣医師さんの指導のもと処方された塗り薬・点耳薬を使って飼い主さんがお手入れしてあげます。

 

薬の副作用

副作用

  • 炎症がひどくなる
  • 死んでしまった事例

殺ダニ剤には副作用がありますので、使う際は獣医さんと相談する必要があります。

「バイオチャンジ」という薬は耳ダニの掃除に効果的ですが、刺激が強いため炎症がひどくなるおそれもあります。

また、10年前はノミ・ダニ駆除剤の主流だった「フロントライン」は卵の孵化や成長を阻止しますが、耳ダニ自体には効果がありません。フロントラインを使って死んでしまった事例があるため注意が必要ですね。

 

犬の耳ダニを予防するには?

ゴールデンレトリバー 犬 素材 

予防策

  • 清潔な環境を保つ
  • しっかり耳を乾かす
  • 食事管理・運動
  • 感染した動物と接触しない

耳ダニ予防のため、愛犬の耳や生活環境を常に清潔にしてくださいね。垂れ耳や耳の中に毛が密集している犬種はシャンプー後、耳の内側に水分が残らないようしっかり乾かします。

また食事管理や積極的な運動は免疫力を高めるので、愛犬が耳ダニに感染しにくくなりますよ。

もし愛犬が耳ダニに感染してしまったら他の犬への配慮として、散歩ルートを多少変更したほうが良いですよ。愛犬と他の犬の接触をできるだけ避けるためです。

 

人間への影響

犬 素材

耳ダニが人間に感染することはありませんが、人によってはアレルギー反応を示すことがあります。愛犬の健康のために日頃から生活環境をきれいにし、愛犬をよく観察して、耳の内側もチェックしてあげてくださいね。