柴犬が吠える、拾い食い、噛む時の原因としつけ対処法は?

柴犬はピンと立った耳、くるんとした尾、つぶらな瞳が特徴的な、人気犬種です。老若男女問わず、人懐っこくて賢い柴犬は、初めて犬を飼う方にもおすすめの犬種です。

今回は、柴犬のしつけ方をまとめました。柴犬が子犬のうちにするべきことを紹介しますので、これから柴犬との暮らしをはじめようという方や、柴犬との暮らしをはじめたばかりの方は参考になさってください。

 

柴犬の赤ちゃん、しつけは?産まれてすぐは親元で過ごすことが重要

shutterstock_160877891

柴犬にはしつけがしやすい犬とそうでない犬がいるようです。赤ちゃんの時に親犬と一緒に過ごしていることです。

生後2~3か月は「社会化期」といわれ、環境に慣れたり、他の犬との関わり方や人との関わり方を学んだりする大事な時期なのです。社会化期に親犬と一緒に過ごしていなかったり、親犬とすごす時間が短かったりする犬は、社会の中にうまくなじむことが難しくなるケースが多いようです。

飼い始める前に、生後何日かを確認し、ブリーダーやペットショップに社会化期を親犬と過ごしたかどうかを確認してください。少なくとも生後2-3ヶ月くらいまでは、母犬と一緒に暮らしていることが大切です。

 

柴犬をしつけるときの基本的な考え方

shutterstock_115931740

しつけのポイント

  • 好ましい行動を取ったら褒める
  • 犬の目線に立って対処する

柴犬は人とは異なる習性をもつ動物です。しかし、人とともに暮らす柴犬は、人間社会で生きていくことになります。「しつけ」をする目的は、人間社会のルールを教え、人間社会で人と一緒に暮らす上で必要な人間社会に慣れ、うまくなじめるようにするということです。

しつける時の基本的な考え方は、たった2つです。

1つめは、犬が好ましい行動をしたときに褒めることです。ご褒美に「いい子だね」と声をかけながら、好きな食べ物あげたりしてください。

2つめは、人間目線で頭ごなしに叱るのではなく、犬の目線に立って対処することが大切です。叱ることは柴犬と飼い主さんとの関係を悪化させることにつながりますので、してほしくない行いを柴犬がしてしまっても決して叱ってはいけません。

実は犬がとる行動の多くは犬にとって自然な行動であり、犬自身に問題があるとは限りません。どうして愛犬がそのような行動をとったのか、その原因を把握した上で対処することが犬の困った行動の改善に繋がります。

 

柴犬が吠える原因は2種類ある?

柴犬

吠える原因

  • 警戒・威嚇のため
  • 欲求不満のため

柴犬が吠える原因の1つは、犬本来の性質である「警戒・威嚇のため」です。家族以外の人や他の動物が庭に勝手に入ってきたり、気候や地震などでいつもと環境が違ったりする際に吠えることがあります。

もう1つは「欲求不満のため」です。寂しい、お腹が空いた、散歩にいきたいなど、自分の要求を通すためにも吠えることがあります。散歩や遊びは本当に足りているか、一度生活を見直しましょう。

 

柴犬の「吠える」は子犬のときにしつける

柴犬

柴犬は吠えやすいとされている犬種なので、子犬のうちから、吠える必要はない、ということを教えていくようにします。

威嚇や警戒して吠えているようであれば、愛犬を他の人や犬に触れあう経験をつませてあげて、吠える必要がないということを学んでもらうことが大切です。

吠えそうな様子を見逃さずに愛犬の名前を呼んだり、「大丈夫だよ」などと声をかけたりして、吠える前に愛犬の気持ちを落ち着かせてあげることも効果的です。

「キュンキュン」「クンクン」と人恋しそうに吠える場合は、飼い主が見えるところにケージを移動したり、飼い主のにおいがする毛布や肌触りの良い布を与えたりして、子犬が安心できる環境をつくってあげてください。もちろん、遊びや運動が本当に十分かの再確認もお忘れなく。

吠える場合は吠えている理由を考え、愛犬の気持ちをくみ取って対処するようにしてくださいね。

 

柴犬の拾い食いの原因と危険性は?

柴犬

柴犬の散歩中に多いのが「拾い食い」です。実際に、柴犬の拾い食いに悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

拾い食いしてしまう原因は、単純に「好奇心」ということが多いです。その他にも「飼い主さんに構ってほしい」というアピールで拾い食いしてしまうことがあるようです。

当然のことながら、道に落ちているものを愛犬が食べてしまうことは危険です。腐敗していたり、犬に与えてはいけないものであったり、寄生虫や病原菌が付着していたりする可能性があります。そのようなものを食べてしまうと、命に危険がおよぶという最悪のケースも考えられますよ。

まずは、散歩の仕方から見直してみましょう。携帯電話を見ながら散歩したりしていませんか。散歩の時間は100%愛犬のための時間、という気持ちで散歩をしてください。飼い主さんが一緒に楽しむことが大切です。

散歩中に拾い食いしそうなものを見つけたら、まずは愛犬の注意をそらせるようにしましょう。愛犬が落ちているものに届かない距離で立ち止まって、名前を呼んであげるだけでもよいでしょう。拾い食いをせずに、落ちているものから気をそらしたらすぐに誉めてあげ、飼い主さんについて落ちているものから離れることできたら、ご褒美の食べ物をあげましょう。

 

柴犬の噛み癖の理由としつけ方は?

柴犬

柴犬が飼い主さんを噛む理由としては、「構ってほしくて噛む」「遊びの一環で噛む」「抱っこされたり触られたりするのが嫌で噛む」などが挙げられます。

遊びの時間や運動が足りていないことも考えられますので、まずは愛犬との生活を見直してみてください。ストレスが溜まっているようならば発散させてあげることで、噛み癖はかなり改善するはずです。遊びの一環で噛みついてしまう場合は、「痛い」と冷静に伝えて、すっと口の中から手を抜いたあとでさりげなく手を隠してしまい、遊びを中断します。人の手に噛みついたら、楽しいことが終わってしまう、と学習してもらいましょう。

犬の中には、そもそも触られること自体が苦手な子もいます。その場合はまずは「触られることに慣れさせる」ことから始めます。首や体に軽く触れながら、優しく愛犬の名前を呼びおやつをあげる、という動作を繰り返し行います。そうすることで犬は「触られることは嫌なことではない」と認識し、徐々に飼い主さんの手を受け入れてくれるようになりますよ。

また、噛むという行為は病気が原因で起こることがあります。痛みがあり触ってほしくない場所がある、てんかんなどの神経疾患、ホルモンバランスの異常などによる攻撃行為の可能性もありますので、一概に「しつけができていないから」と決めつけてしまうのは良くありません。

愛犬の様子をよく観察して、気になることがあれば診察を受けましょう。

 

柴犬のしつけ、散歩は子犬のときは頻繁に

shutterstock_100478077

散歩は犬にとって、知らない世界を知り、好奇心を満たしながら運動ができ、飼い主と一緒に過ごすことができる最高の時間です。

子犬のうちに、頻繁に散歩にいき外の環境に慣らせると、不必要に怖がってしまうことによる警戒吠えが減るといわれています。また、子犬自身も外の世界を楽しめるようになりますので子犬のときから頻繁に散歩に連れて行ってあげてください。

散歩のときは、人と愛犬とが安全に散歩を楽しめるように、散歩の仕方もちゃんと練習しましょうね。

安全に飼い主さんと一緒に散歩を楽しむためには、リードを上手に使う必要があります。リードを介して小さな子どもと手をつないでいるようなイメージでゆったり歩くように練習することが大切です。

とにかくはじめは、子犬に「散歩は楽しい!」と思ってもらうことが大切ですので、無理やり愛犬を飼い主さんの横につかせて歩かせる必要はありません。安全な場所を選び、リードがぐいぐい引っ張られることのないように、うまく子犬との距離を保ちながら、飼い主さんがついていってあげることから練習しましょう。引っ張らずに歩けているタイミングでご褒美をあげることで、リードを引っ張らずゆったり歩くことを学習します。

怖がらずにうまく外を歩けるようになれば、時折、立ち止まる練習や他の人や犬との挨拶の練習を加えていきましょう。

 

しつけを総合サポート、無理せず学べる「こいぬすてっぷ」

こいぬすてっぷ ブリーダーワン

「こいぬすてっぷ」は、子犬期におけるしつけの不安解消をサポートしてくれるしつけグッズです。

こいぬすてっぷオリジナルの「子犬成長カレンダー」に合わせて実践するだけで、無理のないペースで1歳までに必要なしつけをすべてカバーすることができます。

獣医行動診療科認定医である荒田獣医師が監修を努めているので、専門家がオススメするしつけをご自宅で実践することができますよ。

愛犬の柴犬の気持ちを満たす遊び方や「散歩のしかた(リードワーク)」、「甘噛み」「無駄吠え」への対処方法など子犬の成長に合わせたしつけ方がより丁寧に紹介されています。

子犬期だけでなく成犬以降も活用できる内容になっているので、検討してみてくださいね。

 

柴犬は賢いからこそ早めにしつける

shutterstock_259914824

柴犬は賢く、飼い主さんに教えてもらったことは、成犬になっても年をとっても覚えていると言われています。

そんな賢い柴犬ですから、ぜひ、子犬のうちから優しく、また楽しみながらしつけを開始しましょう。お座りやお手、待てのような基本動作を学ぶことも他のしつけの練習になります。今回ご紹介した吠え、散歩の練習にくわえて、少しづつ教えてあげてくださいね。

一度にたくさんのことをしなくても大丈夫です。少しずつステップアップしていくことで、無理なく必要なしつけを進めていきましょう。

柴犬の性格やしつけ方について詳しくはこちらですよ。