スコティッシュテリアの性格や寿命は?しつけや散歩、価格は?子犬の選び方は?

口ひげと独特の短足体型が特徴的なスコティッシュテリア。今回の記事では、スコティッシュテリアの性格や寿命、飼育のコツ、販売価格や購入時の注意点をご紹介します。

 

スコティッシュテリアってどんな犬?性格や寿命は?

shutterstock_247182433
スコティッシュテリアは体重8.5~10kg、体高25~28cm程度の小型犬です。歴史の古い犬種で、18世紀頃にアナグマやネズミなどの害獣を駆除するための犬として活躍していました。駆除犬として活躍していただけあり、独立心が強く、好奇心にあふれた活発な性格をしています。「ダイハード(最後まで屈しない頑固者)」と称されるほどの頑固さや尊大さ、狩猟犬らしい荒っぽさもスコティッシュテリアの特徴です。寿命は12年程度といわれています。

 

スコティッシュテリアのしつけのコツは?

shutterstock_219463393
スコティッシュテリアは攻撃的な面も持っている犬種なので、子犬の頃から知らない人や犬と交流することで社会性を身に着けさせることが大切です。自分のリーダーに対してはとても従順なので、人間がリーダーであることをしっかり教え込ませれば心強いパートナーになってくれるはずですよ。

 

スコティッシュテリア、散歩やトリミングは?

shutterstock_260219954
スコティッシュテリアは元気いっぱいな犬なので、毎日の散歩だけではなく、ときにはドッグランに連れて行って思いきり運動させてあげてくださいね。散歩も毎日同じ道を歩くのではなく、コースを変えることでスコティッシュテリアの好奇心を刺激してあげると喜びますよ。

スコティッシュテリアの被毛はバリバリとした硬い「ワイヤー・コート」なので、週に2〜3回のコーミングと2〜3カ月に一回のカットが必要です。ショーに出す場合は、トリミングナイフで毛を抜く「プラッキング」も必要になります。

 

スコティッシュテリアの価格は?里親は?

shutterstock_224775040
スコティッシュテリアの子犬は15万〜25万円程度で購入できます。購入先はブリーダーがオススメです。子犬の移動時の負担を考慮して、ブリーダーはできるだけ車で1時間以内に行ける地域で探してくださいね。

里親としてスコティッシュテリアを迎え入れたい場合、里親募集はあまり多くないので、こまめに情報を確認する必要があります。スコティッシュテリアの気の強い性質を知らないまま飼ってしまい、結果として手放す飼い主の方もいるので、どこまでしつけをしたのか、何が原因で里子になったのかはきちんと確認してくださいね。再度里子に出してしまうことがないように、最大限の愛情を注いであげてくださいね。

 

スコティッシュテリアの子犬の選び方は?

shutterstock_172685675
健康で元気なスコティッシュテリアの子犬を選ぶ上で、見るべきポイントをご紹介します。

 

骨格がしっかりしているか

スコティッシュテリアは筋肉質で骨格がしっかりしている犬種です。痩せている子犬や、胸が丸みを帯びていない子犬はおすすめできません。子犬ながらも立ち姿が力強い個体を選んでくださいね。

活発に動いているか

スコティッシュテリアは活発な性格をした犬種なので、子犬のうちから大人しい個体は健康面に問題を抱えている可能性があります。

眼の色と形

アーモンド形で、暗褐色の目をしている個体がおすすめです。瞳が輝いているかどうかも確認してくださいね。

耳がしっかり直立している個体がおすすめです。

被毛と皮膚

被毛が輝いているかどうかをチェックするとともに、毛をかぎ分けてみて、皮膚に異常がないかもチェックしてくださいね。

 

元気いっぱいなスコティッシュテリアとの生活を楽しんで

スコティッシュテリアは頑固者ですが、家族にはとても従順です。「飼い主を守るんだ!」という使命感も強いので、番犬にも向いています。「飼いやすいイイ子タイプ」ではないかもしれませんが、頑固さや尊大さも愛してあげられる飼い主の方にはぴったりな犬です。活発で元気な犬との生活を楽しみたい方はぜひ検討してみてくださいね。