犬の歯の構造や種類まとめ。いつ生え変わるの?犬の歯医者さんはいるの?

「乳歯」とは生え変わる前の歯、「永久歯」とは生え変わった後の歯のことです。

犬の歯にも乳歯と永久歯があります。人間と同じように、永久歯は抜けると2度と生えてきませんよ。この記事では犬の歯について、歯の種類や構造、いつ生え変わるのかを詳しくまとめています。

 

犬の歯の種類は?構造をわかりやすく解説

犬

犬の歯は「切歯(門歯)」「犬歯」「前臼歯」「後臼歯」の4種類に分けられます。口の手前から「切歯」「犬歯」「前臼歯」「後臼歯」の順に生えています。

歯の本数は生え変わりの前後で異なります。下の表では歯の種類別に本数をまとめています。

歯の種類乳歯永久歯
切歯12本12本
犬歯4本4本
前臼歯12本16本
後臼歯0本10本
合計28本42本

歯が生え変わる前(すべての歯が乳歯)の子犬の歯に「後臼歯」はありません。歯が生え変わった後(すべての歯が永久歯)には後臼歯が10本生え、前臼歯の本数も4本増えます。

また乳歯のときには上下で生える歯の本数が同じですが、永久歯になると若干本数が違います。

以下それぞれの歯の役割と、上下の本数を紹介します。

 

切歯(門歯)

犬の歯 問歯

切歯はその名の通り食べ物を噛み切ることが役割の歯です。乳歯も永久歯も合計12本で、上下均等に6本ずつ生えています。

切歯は別名「問歯」ともいいます。

 

犬歯

犬の歯 犬歯

犬歯は4種類中、最も長くてとがっている歯です。噛み付いた獲物を逃さないようしっかりと固定する役割があります。

乳歯も永久歯も上下に2本ずつ、合計4本生えています。

 

前臼歯

犬の歯 前臼歯

前臼歯は口の中にいれた食べ物を細かく引き裂く役割をもちます。上下の歯がうまくかみあって、はさみのように食べ物を裂くのです。

乳歯のときには上下均等に6本ずつ生えていますが、永久歯は上下に8本ずつ合計16本に増えます。

 

後臼歯

犬の歯 後臼歯

後臼歯は上面がすりこぎ状になっていて、細かくなった食べ物をさらに細かくすりつぶす役割があります。

乳歯は存在せず、歯が生え変わるタイミングにて永久歯がいきなり生えてきます。永久歯の本数は「上4本」「下6本」の合計10本です。

 

犬の歯はいつ生え変わるの?

犬

生え変わりの時期

  • 生後3~7ヶ月

犬の歯はだいたい生後3~7ヶ月頃に乳歯から永久歯へ生え変わります。

歯の種類によって若干生え変わりの時期が違い、時系列にそって説明するとまず「切歯」が生後3~5ヶ頃に生え変わります。次に生後4~6ヶ月頃に「前臼歯」が生え変わり、生後5~7ヶ月になると「犬歯」が永久歯に生え変わります。

また上下でも生え変わる順番があり、「下の切歯」「上の切歯」「下の前臼歯」「上の前臼歯」「下の犬歯」「上の犬歯」の順です。

上の犬歯が生え変わる頃には後臼歯が10本生えそろっていますよ。

 

犬の歯は何回生え変わるの?

犬

サメのように歯が何度でも生え変わる動物もいますが、犬の歯が生え変わるのは1回のみです。人の歯と同じく乳歯が永久歯に変わるタイミングだけなのです。

永久歯が折れたり抜けたりしてしまうと、2度と元には戻りません。

 

犬の歯が生え変わる時期、飼い主さんが注意することは?

犬

歯が生え変わる時期には口の中がムズムズしてきます。

ムズムズを解消したくて、犬はいろんなところに噛み付くことがあります。犬用ガムや誤飲しない大きさのおもちゃを用意してあげることがおすすめですよ。おもちゃを使うときは飼い主さんが横で見ててあげるとより安心ですね。

永久歯に生え変わってからはもう新しい歯は生えてきませんので、デンタルケアを怠らないようにしてください。歯垢を定期的に取り除き、歯石を作らないようにしてあげることが大切です。犬の歯磨きの正しい方法やしつけ方はこちらの記事にまとめています。

 

「犬の歯医者さん」は存在する?

犬

人間でいう歯医者さんのように、犬の歯の治療を専門とするお医者さんはほとんどいません。

愛犬の歯が気になるときにまず向かうは「動物病院」ということになります。治療は獣医師さんが行ってくれます。中には人間の歯医者さんが臨時で勤務している動物病院もありますよ。

 

愛犬の歯が生え変わるときに病院にはいったほうがいいの?

犬 病気 素材

通常、犬の歯が生え変わるときに動物病院に行く必要はありません。歯の生え変わりは生理現象であり「異常事態」ではないからです。

しかし生後7ヶ月を過ぎても生え変わりが終わっていない「乳歯遺残」や、歯が歯肉に埋まっている「埋伏歯」は異常事態といえるので、動物病院への受診をおすすめします。

 

健康でイキイキとした歯を目指して

犬 歯

「80歳で20本」という標語があるように、歯は健康な生活を送る上でとても大切な体の一部です。

犬にとっても歯を失ってしまうことは日常生活に大きな支障をきたします。愛犬がいつまでも健康でいられるように、永久歯42本は何としてでも飼い主さんが「死守」してあげたいところです。

日々のデンタルケアをしっかりと行い、老犬になってもイキイキとした歯を残してあげてくださいね。