犬の散歩は毎日?「小型犬」「中型犬」「大型犬」ごとの基本ルールまとめ

最近では室内飼いの小型犬も増えてきましたが、健康維持のために運動は必要不可欠です。今回は犬の散歩についての基本ルールを、小型犬、中型犬、大型犬ごとにまとめました。

 

犬の体型によって必要な運動量は異なる

犬 少女 散歩 Cropped

犬は、体のサイズによって小型犬、中型犬、大型犬の3つに分類できます。小型犬より小さい犬は超小型犬、大型犬よりも大きい犬は超大型犬と呼ばれることもあります。厳密な定義はありませんが、小型犬は体重5〜10kg、中型犬は10~20kg、大型犬は20~40kg程度が目安です。それぞれの目安となる代表的な犬種は以下の通りです。

小型犬

トイプードル、ミニチュアダックスフンド、パグ、ジャックラッセルテリア

中型犬

柴犬、コーギー、スタンダード・ダックスフンド、ボーダーコリー

大型犬

ラブラドールレトリバー、ドーベルマン、ダルメシアン、秋田犬

 

小型犬は短時間の散歩で充分

トイプードル_散歩2

小型犬は完全室内飼いで飼育される場合も多く、室内の運動で充分健康をキープできます。チワワなどの超小型犬は、成長しても体重が3kg程度にしかならず、もともと骨が細いので、かえって長時間の運動をさせると体に負担をかけてしまいます。散歩をさせる場合は最大でも1日1回、30分程度を目安としてください。

 

中型犬には走り回れるような散歩を

犬_散歩_リード2

中型犬は1日2回、1回あたりの散歩時間は30分程度散歩の時間をとるのが理想です。ただ外を歩くだけだと十分なストレス発散にならず、一緒に並走してあげたり、ドッグランを利用したりして思いっきり走らせてあげてください。終始全力疾走させる必要はありませんが「走る」要素を散歩の中に取り入れてあげると、喜んでくれますよ。

 

大型犬には時間をかけた散歩が必要

ゴールデンレトリバー_散歩

大型犬は1日2回、1回あたり30~60分程度の時間をかけた散歩が必要です。中型犬のように「走る」ことを意識するのではなく、「ゆっくりと長い距離を歩く」ことを意識するのがポイントです。大型犬は成犬になる前に過度な運動をさせ過ぎると、股関節形成不全などの障害を抱える可能性がありますので、飼い始めから1歳くらいまでは運動のし過ぎに注意してあげてください。

 

散歩は毎日行うのが基本!

女性 good いいね

散歩は基本的に毎日連れていってあげてください。天候が悪い日などは飼い主の気分が乗らないだけでなく、犬も嫌がることがありますので無理はしないようにしましょうね。とくに暑い日は、散歩に行く時間や散歩コースの工夫も大切です。夏の暑い日には気温が高い日中を避けたり、アスファルトではなく公園や川辺を歩くようにしてあげてください。犬の健康維持を目的に、犬の気持ちになって一緒に散歩を楽しんでくださいね。