キャットフード100種の安全性を価格帯ごとに紹介!値段と安全性の関係は?

キャットフードは種類も価格もさまざまです。「良い」とされるプレミアムキャットフードは高価な傾向がありますが、はたして価格が高ければ高いほど、品質や安全性も高いといえるのでしょうか。

この記事では、「総合栄養食」として販売されているキャットフードの1kgあたりの価格をpepy基準で100点満点で評価し、価格帯ごとに比較しています。

どの価格帯のキャットフードが多いのか、価格帯ごとの特徴や傾向などもまとめています。

 

キャットフードの安全性を得点化!得点ごとの分類は?

100点原材料の品質・成分バランスが完璧な最高級品。文句なしで愛猫の主食に超おすすめなキャットフード。★★★★★
90~99点原材料の品質・成分バランスともに優れていて、十分おすすめできるキャットフード。★★★★・
70~89点愛猫の健康な発育に十分な栄養素は補給できるが、原材料の品質にやや疑問が残る。★★★・・
50~69点不必要な原材料が多用されており品質も良くない。体に害を及ぼす恐れのある添加物も含まれる。★★・・・
49点以下原材料や成分バランスに問題があり、愛猫の体に悪影響な成分が大量に含まれる。★・・・・

pepyではキャットフードの「原材料の安全性」を総合的に判断して、100点満点で評価しています。

積極的におすすめできるのは、90点以上のキャットフードです。

 

キャットフード100種の価格帯別の割合は?

※ 各価格帯を押下すると、商品名や価格帯ごとの特徴・傾向をまとめた箇所にジャンプします。
キャットフードの価格帯商品数(割合)得点の中央値
4000円以上5 (5%)95点
3000円台10 (10%)94点
2000円台31 (31%)87点
1000円台41 (41%)59点
1000円未満13 (13%)37点

1kgあたり1000円台のキャットフードの割合が最も多く、次いで2000円台のキャットフードが多いという傾向があります。

それぞれの価格帯における得点の分布や特徴などは、以下で詳しくみていきます。

 

1kgあたり4000円以上のキャットフード一覧表

※ 各キャットフード名を押下すると、評価の詳細ページにジャンプします。
キャットフード名1kgあたりの価格得点フードの評価
ジウィピーク7300円100★★★★★
ヤラー4023円99★★★★・
フィーラインナチュラル5194円95★★★★・
ロータス4613円88★★★・・
日本のみのり4860円68★★・・・

 

安全性の分布

4000円以上 キャットフード
フードの評価商品数割合
★★★★★120%
★★★★・240%
★★★・・120%
★★・・・120%
★・・・・00%
中央値95点

4000円以上のキャットフードは、全体的に高得点のものが多いことがわかります。

「野生の猫の食生活にできるだけ近づけた栄養バランス」をコンセプトに、生育に欠かせないタンパク質・脂質を豊富に含んだものがほとんどです。

 

1kgあたりが4000円以上のキャットフードの特徴や傾向は?

猫 素材

特徴・傾向

  • 高品質な原材料
  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用

高品質な原材料を使用していることが多い

良質な原材料を使うと必然的にコストが高くなるため、キャットフード自体の価格も高くなります。

高価なキャットフードは原材料の産地や鮮度にもこだわっていることが多く、「新鮮骨なし鶏肉」「鴨レバー」「サーモンオイル」など肉の種類や部位、状態まで自信を持って掲載していることがほとんどです。

「動物性油脂」「肉類」「ミートミール」など品質や肉の種類があいまいな原材料はほぼ使用されていません。

 

穀物不使用が多い

1kgあたり4000円以上のキャットフードには、穀物が使われていることはほとんどありません。

穀物は原価が安いため、キャットフードに使われる場合は基本的に「カサ増し」の目的で使用されます。

穀物は肉食動物である猫にとって消化しにくい原材料であり、場合によっては下痢や嘔吐などの拒絶反応を起こしてしまうことが考えられます。特にアレルギー性の強い「とうもろこし」「小麦」には要注意です。

穀物が使われている場合でも「大麦」「玄米」などの消化しやすくアレルギー性の低い穀物が多いので、穀物アレルギーを持たない猫であれば問題なく与えることができますよ。

 

人工添加物不使用が多い

1kgあたり4000円以上のキャットフードは、強力な合成酸化防止剤や着色料・着香料などの人工添加物が使用されていないことがほとんどです。

代わりに「ビタミンC(アスコルビン酸)」「ビタミンE(混合トコフェロール)」「ハーブ」などの天然由来の酸化防止剤が使用されている場合が多いですよ。

人工添加物は強力に作用する分、猫の体に悪影響を及ぼす可能性があると考えられています。法律により使用上限を設けられてはいますが、キャットフードの原材料表を見ただけではどのくらい人工添加物が入っているのかを見分けることは不可能です。

 

1kgあたり3000円台のキャットフード一覧表

※ 各キャットフード名を押下すると、評価の詳細ページにジャンプします。
キャットフード名1kgあたりの価格得点フードの評価
オリジン3235円100★★★★★
ナウフレッシュ フィッシュ3425円97★★★★・
ジャガー3082円97★★★★・
ナウフレッシュ シニア3330円94★★★★・
ナウフレッシュ アダルト3445円93★★★★・
ナウフレッシュ キトン3330円90★★★★・
メリック3472円87★★★・・
ハッピーキャット3240円82★★★・・
フィッシュ4キャット3510円80★★★・・
ハロー3240円80★★★・・

 

安全性の分布

3000円台 キャットフード
フードの評価商品数割合
★★★★★110%
★★★★・550%
★★★・・440%
★★・・・00%
★・・・・00%
中央値94点

3000円台のキャットフードは、どれも100~80点という好成績です。

猫に必要な栄養素はしっかりと満たしており、毎日の主食として与え続けられる栄養バランスになっています。

 

1kgあたりが3000円台のキャットフードの特徴や傾向は?

猫 素材

特徴・傾向

  • 高品質な原材料
  • 穀物不使用
  • 塩分に注意

 

高品質な原材料を使用していることが多い

4000円以上のキャットフードと同じく、原材料の品質や産地にこだわって製造されているものが多い傾向があります。

骨・くちばし・足・羽毛などの、人間でも食べないような廃棄部分を使用していることはめったにありません。

 

穀物不使用が多い

「カサ増し」目的で穀物が使用されていることはほとんどありません。

穀物が使用されている場合であってもアレルギー性の低い「玄米」「大麦」「オーツ麦」などが多いので、穀物アレルギーを持っていない猫であれば与えることができます。

危険とされる「小麦」「とうもろこし」はまず含まれていません。

 

塩分に注意

製品によっては、「食塩」「岩塩」「塩化ナトリウム」「塩化カリウム」といった塩分が添加されていることがあります。

塩分に含まれるナトリウムは猫に必須のミネラルですが、「食塩」などの記載からはどれくらいのナトリウムが入っているのか判別することができません。摂りすぎると腎臓や心臓に負担をかけてしまうおそれがありますよ。

与えてみて水を多く飲むようになるなどの異変が起きなければ、過剰摂取の心配はないと判断して問題ないでしょう。

 

1kgあたり2000円台のキャットフード一覧表

※ 各キャットフード名を押下すると、評価の詳細ページにジャンプします。
キャットフード名1kgあたりの価格得点フードの評価
シンプリー2851円100★★★★★
カナガン2851円100★★★★★
アカナ2617円100★★★★★
クプレラ2434円100★★★★★
ティンバーウルフ2224円100★★★★★
フリントリバーランチ
【生産終了】
2649円98★★★★・
アーテミス オソピュア2310円97★★★★・
モグニャン2851円96★★★★・
アディクション2520円96★★★★・
FINEPET’S2469円94★★★★・
アーテミス フレッシュミックス2333円94★★★★・
アーガイルディッシュ2333円93★★★★・
ウェルネス2915円91★★★★・
BLUE2645円90★★★★・
ナチュラリーフレッシュ2592円87★★★・・
ワイソン2154円87★★★・・
オープンベイクド2772円85★★★・・
アボダーム2246円85★★★・・
オーガニクス2208円83★★★・・
カントリーロード2551円82★★★・・
アルモネイチャー2052円82★★★・・
アズミラ2322円80★★★・・
GO!2924円75★★★・・
ボジータ2570円73★★★・・
ザナベレ2538円72★★★・・
FORZA102304円68★★・・・
グリーンフィッシュ2660円67★★・・・
ロイヤルカナン オーラルケア2067円59★★・・・
パーフェクトフィット
【生産終了】
2500円55★★・・・
懐石2355円33★・・・・
キャトリート2424円32★・・・・

 

安全性の分布

2000円台 キャットフード
フードの評価商品数割合
★★★★★516%
★★★★・929%
★★★・・1135%
★★・・・413%
★・・・・27%
中央値87点

80点を中心に、100点満点から30点台まで幅広く分布しています。

90点以上のキャットフードは品質も申し分なく、積極的におすすめできますが、80点台以下のキャットフードは品質や使われている原材料に若干の不安が残ります。

 

1kgあたりが2000円台のキャットフードの特徴や傾向は?

猫 かわいい 素材

特徴・傾向

  • 最低限の栄養は補給可能
  • 人工添加物不使用
  • 穀物に注意

 

最低限の栄養素は補給可能

得点にばらつきがありますが、基本的に肉類を主原料として使用しているものがほとんどで、猫に最低限必要※1な「タンパク質量」「脂質量」を満たしています。

そのため、猫の生育に関して栄養不足におちいるなどの悪影響はないと考えられます。

※1. 米国飼料検査官協会(AAFCO)が定める基準である「タンパク質量30.0%以上・脂質量13.5%以上」を指しています。

 

人工添加物不使用が多い

この価格帯においても、猫の体に悪影響を与えるような強力な酸化防止剤や着色料、着香料を使っていないものがほとんどですよ。

ただ、60点以下のキャットフードには「BHT」「没食子酸プロピル」「黄色5号」などの人工添加物が使われているものがあるので注意が必要です。

 

穀物に注意

90点以上のキャットフードに穀物はほぼ使用されていませんが、得点が下がるにつれて穀物の割合が大きくなる傾向が見受けられます。

80点を下回るキャットフードには、アレルギー性の高いといわれる「とうもろこし」「小麦」「大豆」などが使用されているものもあります。

穀物による影響が気になる方は、90点以上のキャットフードをおすすめしますよ。

 

1kgあたり1000円台のキャットフード一覧表

※ 各キャットフード名を押下すると、評価の詳細ページにジャンプします。
キャットフード名1kgあたりの価格得点フードの評価
カリフォルニアナチュラル
【生産終了】
1680円90★★★★・
EVO
【生産終了】
1600円90★★★★・
SGJプロダクツ1897円86★★★・・
ホリスティックレセピー1438円86★★★・・
セレクトバランス1350円86★★★・・
ナチュラルチョイス1620円83★★★・・
ANF1642円80★★★・・
ピュリナワン1217円80★★★・・
ソリッドゴールド1880円76★★★・・
ファーストチョイス1131円75★★★・・
プロプラン1275円74★★★・・
ホリスティックブレンド
【生産終了】
1665円73★★★・・
サイエンスダイエット1128円72★★★・・
バイネイチャー
【生産終了】
1875円71★★★・・
プロパック1260円67★★・・・
ナチュラルバランス1674円63★★・・・
ロイヤルカナン メインクーン1412円63★★・・・
スーパーゴールド1485円62★★・・・
アニモンダ1584円61★★・・・
ミャウミャウ1416円60★★・・・
ロイヤルカナン キトン1874円59★★・・・
ロイヤルカナン シャム1874円59★★・・・
ロイヤルカナン フィット1701円59★★・・・
ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット1569円59★★・・・
ロイヤルカナン ヘアボールケア1310円59★★・・・
ステアライズド1155円59★★・・・
ロイヤルカナン インドア1701円58★★・・・
メディファス1152円56★★・・・
ロイヤルカナン センシブル1701円54★★・・・
アゼット(AZ)1699円54★★・・・
ロイヤルカナン ヘアー&スキン1549円54★★・・・
ロイヤルカナン ライトウェイトケア1344円54★★・・・
サイエンスダイエットPRO1433円52★★・・・
ビューティープロ1161円47★・・・・
ねこ姫1000円44★・・・・
シーバ1027円43★・・・・
シーバ デュオ1325円41★・・・・
銀のスプーン 3ツ星グルメ1025円40★・・・・
ロイヤルカナン エクシジェント1701円39★・・・・
コンボ1026円39★・・・・
ロイヤルカナン エイジング1793円37★・・・・

 

安全性の分布

1000円台 キャットフード

 

フードの評価商品数割合
★★★★★00%
★★★★・25%
★★★・・1229%
★★・・・1946%
★・・・・820%
中央値59点

1000円台のキャットフードにおいて100点満点はなく、星4つ【★★★★・】のキャットフードも5%ほどしかありません。星2つ【★★・・・】の商品が最も多くなっていますね。

安全性の高い高得点のキャットフードを購入するならば、少なくとも2000円以上のものを選ぶ必要があることがわかります。

 

1kgあたりが1000円台のキャットフードの特徴や傾向は?

猫 かわいい 素材

特徴・傾向

  • 品質が気になる
  • 主原料にミール系
  • 穀物に注意

 

原材料の品質が気になる

1000円台のキャットフードには「動物性油脂」「ミートミール」「肉類」「加水分解タンパク」など、原材料表記のあいまいな原材料が多くみられます。

具体的にどの種類の、どの部位のものが使用されているのかを判断することができないため、品質面に不安が残ります。

コストのかからない廃棄用の肉を使用しているが、それを隠すためにわざとあいまいな表記をしている…なんてことも考えられますね。

 

主原料にミール系が多い

原材料のうち、最も使用割合の高い「主原料」に、ミールが使用されているものが多いです。

ミールとは肉類から脂肪分を取り除き粉状にしたもののことで、肉粉とも呼ばれます。

純粋に「食用の肉のみを粉状にしたもの」もありますが、なかには「肉部分のほかに骨・くちばし・足・羽毛・内臓などの廃棄部分も一緒に粉状にしたもの」があります。

どちらなのかは原材料表記からは判断することはできませんが、1000円台という安さを考えると肉以外の部位も混ぜたミールを使用している可能性が高いです。

 

穀物に注意

ほとんどのキャットフードに、穀物が使用されています。

1000円台という安さを実現するために、原価の安い穀物で「カサ増し」をしていることが考えられます。

アレルギー性の高い「とうもろこし」「小麦」などの穀物が使用されているものも少なからずありますので、注意が必要です。

 

1kgあたり1000円未満のキャットフード一覧表

※ 各キャットフード名を押下すると、評価の詳細ページにジャンプします。
キャットフード名1kgあたりの価格得点フードの評価
カークランド313円66★★・・・
ミオ425円55★★・・・
jPスタイル 和の極み823円44★・・・・
モンプチ830円41★・・・・
アイムス987円39★・・・・
銀のスプーン498円37★・・・・
キャラット450円37★・・・・
キャネット293円37★・・・・
フリスキー299円36★・・・・
ゴールデンネックス372円35★・・・・
カルカン329円35★・・・・
ねこ元気627円33★・・・・
キャットスマック511円32★・・・・

 

安全性の分布

1000円未満 キャットフード
フードの評価商品数割合
★★★★★00%
★★★★・00%
★★★・・00%
★★・・・215%
★・・・・1185%
中央値37点

1000円未満のキャットフードは星2つ【★★・・・】と星1つ【★・・・・】のみで、なかでも30点台の低い得点のキャットフードが多くみられます。

低品質な原材料などを使用することでコストを抑えているキャットフードがほとんどです。安く買えるキャットフードは経済的ですが、値段相応のリスクがあることは事実です。

 

1kgあたりが1000円未満のキャットフードの特徴や傾向は?

猫 かわいい 素材

特徴・傾向

  • 主原料が穀物
  • アレルギー性の高い穀物
  • 強力な人工添加物

主原料が穀物のものが多い

使用されている原材料の中で最も多い原材料である「主原料」に、穀物を使用しているものがほとんどです。

猫は肉食動物であるため、穀物よりも肉類の方が圧倒的に重要です。ですが1000円未満のキャットフードは肉類よりも穀物の割合が高くなっているため、主食としては望ましくありません。

主原料のほか2番目、3番目に多く使用されている原材料も全て穀物である、という場合も多く見られますよ。

 

アレルギー性の高い穀物が使用されているものが多い

pepyで取り扱った1000円未満のキャットフードは、全てにアレルギー性の高い「とうもろこし」「小麦」が使用されています。

なかには、主原料自体にこれらの危険な穀物を使用していることもありますよ。

猫は穀物をうまく消化することができません。にもかかわらず穀物を与え続けると下痢や嘔吐のほか、皮膚炎などの拒絶反応を引き起こしてしまうおそれがあります。

特に消化器官の未発達な子猫、消化器官の衰えがちなシニア猫には過度な負担となってしまうことが考えられます。

 

人工添加物が使用されているものが多い

大量生産・大量梱包をすることによりコストが安く抑えられますが、需要を上回った分は購入されず、結果的にそのキャットフードは長い間店頭に並ぶことになります。

購入される前に賞味期限切れになってしまったら、誰も購入してくれませんよね。なのでその賞味期限を引き延ばすために、強力な人工添加物を使用しています。

見た目をよくする着色料が使われているものもありますが、猫はそもそも見た目ではなくにおいで食事を判断するため、全く意味を成しません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると猫の体に悪影響を及ぼす可能性がありますよ。

 

同じ価格帯でも、得点の高いものがおすすめ!

猫 素材

キャットフードの価格と安全性はある程度は関係しており、価格が高いほど安全性が高い傾向があります。

90点以上のキャットフードは少なくとも2000円以上かかり、1000円台以下のキャットフードは低い得点のものが多いということがわかります。

キャットフードを選ぶ時は、価格もひとつの判断材料としてチェックすることをおすすめしますよ。

キャットフードの選び方 メニュー