ビーグルの子犬の販売価格は?飼うなら里親?ブリーダー?体重やしつけは?

大きく垂れた耳がチャームポイントのビーグルは、人気キャラクター「スヌーピー」のモデルになった犬種です。

無駄吠えが多いといわれることもありますが、愛情深く社交的であることからペット初心者の人でも飼育しやすいですよ。

この記事では、ビーグルの子犬の販売価格、里親やブリーダー、体重やしつけなどについてまとめました。

 

ビーグルの子犬の販売価格は?

ビーグル 犬 素材

販売価格

  • 10~20万円

ビーグルの入手方法は、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親制度」の3つです。

ペットショップやブリーダーから購入した場合は10万~20万円程度、里親は基本的に無料ですがワクチン接種や避妊・去勢手術が済んでいる場合はその費用を支払わなければならないこともあります。

 

ビーグルの子犬の体重は?

犬_ビーグル_ドッグラン

子犬の体重

  • 5~7kg前後

生後6ヶ月頃の大きさは5~7kg前後です。

成長期にはたくさん食べさせても問題ないですが、食欲旺盛な子が多いので十分な運動量を確保してあげることも大切ですよ。

 

ビーグルの子犬のしつけは??

ビーグル 

しつけを始める時期

  • 生後6ヶ月頃

しつけは、生後6ヶ月頃から始めることをおすすめします。

やんちゃでイタズラ好きな反面、寂しがり屋で甘えん坊な面も持っているので、叱るしつけよりは褒めるしつけが適していますよ。

ただ、興奮しやすく無駄吠えが多い犬種でもあるので、無駄吠えをしたときや噛んだ時には「ダメ!」と大きな声でしっかりと叱ることが大切です。

 

ビーグルはブリーダーさんから迎えるのがおすすめ

ビーグル 

ブリーダーの飼育下では遺伝子疾患や感染症の管理がしっかりされているため、健康的な犬が多いです。

親犬や兄弟犬の様子や遊ぶ姿も確認できるため、愛犬候補の性格もある程度予測できます。困ったことがあれば直接相談もできるので、安心できるというメリットもあります。

ただ、ブリーダーの中には悪徳業者も存在するので、直接犬舎を訪れて衛生面や犬扱われ方など飼育管理がちゃんとしているかを確認し、信頼できるところを選ぶことが大切です。

 

ビーグルのブリーダーさんをお探しの方へ

犬 ビーグル 素材

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のビーグルのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。ビーグルは特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在ビーグルの飼育を検討されている方は、一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

ビーグルを里親制度で探す

ビーグル 

里親制度で探す場合は、地元の保健所や譲渡会、動物病院などがおすすめです。

ただ、里親に出されている犬は健康に保証がないため、受け入れを決める前にきちんと確認しておくようにしてください。

また、里子は一般家庭の母犬が出産した子犬たちだけでなく、捨て犬やペットショップ・ブリーダーの売れ残ってしまった犬、殺処分を逃れた保護犬もいます。

中には持病を抱えた犬や心に傷を抱えている犬もいるので、犬の命を救いたいという強い気持ちがある方におすすめです。

 

儚い命を大切に

ビーグル

癒やしとして飼われることも多いペット。

人間と比べれば遥かに短い生涯ですが、十分な愛情を注ぎ人生を全うさせてあげることが愛犬にとって最大の幸せともいえます。最後まで責任を持って飼育できるかを考慮したうえで、ペットとの生活を始めることが大切ですよ。