ペットサプリメント「レンジアレン」の成分や働きは?副作用はある?

人もペットも健康管理は毎日の積み重ねが大事です。しかし普段の食事で栄養をバランスよく、なおかつ1日に必要な量を十分に摂取するのは難しいですよね。

そこでペットの健康管理にサプリメントを取り入れるのがおすすめです。サプリメントは病気予防や病気の治療時にも役立つ、安全な健康補助食品ですよ。

この記事では、犬猫用サプリメント「レンジアレン」について、成分や特徴、副作用を紹介しています。

 

サプリメント「レンジアレン」とは?

レンジアレン

レジンアレンの製造販売会社

レンジアレンを製造販売している会社は、スイスに拠点をおく「ノバルティス」という世界的製薬会社です。

日本法人は、ノバルティスホールディングスジャパン株式会社を中心に展開し、医薬品事業のノバルティスファーマ株式会社が中核にあります。

 

レジンアレンの特徴

レジンアレンの特徴

  • 嗜好性が高い
  • リンの吸収に優れている
  • 犬猫の腎不全の改善が期待できる

レンジアレンは犬猫用です。猫と犬によって、また体重によって与える量が異なるので用法用量を守って与えるようにしてくださいね。

 

レンジアレンの基本情報、原材料や成分は?

猫 素材

基本情報

サプリ名レンジアレン
内容量0.25g×30包
値段3,325円
形状顆粒タイプ
レンガ色
生産国スイス

 

原材料表

原材料麦バレイショデンプン、ショ糖、塩化第二鉄、炭酸ナトリウム
※原材料の鉄の影響で便が黒色になることがありますが、健康に問題はありません。

 

成分表

粗たん白質
粗脂肪
粗繊維
1%以下
粗灰分35%以下
水分12%以下

 

レンジアレンの与え方の目安は?

パピヨン
体重5kgあたり1日1包 (体調に合わせ体重5kgあたり4包まで増量可)
1頭あたり1日1包 (体調に合わせ4包まで増量可)

レジンアレンは直接あげるほかにフードに混ぜる、食後の水に混ぜて与えられます。

 

レンジアレンに期待されることは?

エジプシャンマウ

レンジアレンに期待されること

  • 腎臓病の進行を抑える

レンジアレンは、健康なペットには必要ありません。ですがレンジアレンはリンを吸収し排出を促すことが期待され、腎不全の犬猫におすすめのサプリメントです。

血中のリン濃度が高いと腎臓病の進行を早めてしまいますので、腎臓病の治療にはリン濃度のコントロールが必要です。レンジアレンは餌や腸管内に含まれる遊離リンを素早く吸収し排出してくれますよ。

レンジアレンを使用した飼い主さんの多くが「嗜好性が素晴らしい、高い」「与えやすい」と回答しているので、信頼できるサプリメントといえますね。

 

レンジアレンの注意点は?副作用はある?

toipu-

レンジアレンの注意点

レンジアレンの給与量は犬猫それぞれ適正量が決まっていますので、与えすぎのないようにしてくださいね。

レジアレンはリン吸着剤で、リンを制限することで腎臓病の進行を抑えたり、長生きに繋がったりします。

一方で、生体内のリンには、カルシウムと共に骨や歯に蓄積し、骨格を強化する役割があります。リンとカルシウムのバランスは骨の強度維持に重要で、リンが不足すると歯が抜けるおそれがありますよ。

 

レンジアレンの副作用

原材料に鉄分が含まれており、うんちが黒くなることがあります。しかし給餌量を守って摂取していれば健康に問題はありません。

 

そのほかの注意点

レンジアレンは顆粒タイプのみ販売されています。錠剤のほうが与えやすいと思う場合には、別売りのカプセルを使ってみると良いですね。実際に試した方によると2号のカプセルにきっちり入ります。

 

レンジアレンを愛犬・愛猫にあげるデメリットはある?

犬 ドッグ

腎臓系サプリメントの「ネフガネード」と併用すると、吸着作用が減弱するおそれがあります。

また合成抗菌薬「ニューキノロン」との併用を避け、2週間ほど空けての使用が勧められています。

 

レンジアレンの購入方法は?

レンジアレン

レンジアレンはAmazon、楽天、通販サイト「アムレット」、動物病院で購入できます。