ミニチュアブルテリアの飼い方は?特徴や性格、しつけは?ブリーダーから?販売価格は?

shutterstock_144645440

かわいらしい顔立ちと、人間っぽい行動が魅力のミニチュアブルテリアは「ミニブル」の愛称で親しまれています。この記事では、ミニチュアブルテリアの歴史、特徴や性格、しつけ方や販売価格についてまとめました。独特な個性を持っているので、飼い主さんを癒してくれますよ。

 

ミニチュアブルテリアの歴史は?

ミニチュアブルテリア

ミニチュアブルテリアはイギリス原産で、ブルテリアを小型化した犬種です。闘犬として改良されていて、ネズミ狩りの犬種としても知られています。闘犬としてのブルテリアの特徴を残したまま小型化しましたが、闘犬が廃止されて家庭犬として改良されました。

一般的に出回っている犬種ではないので見かけることは少ないのですが、ドッグショーなどで注目を集めて、近年人気が高まっている犬種ですよ。

 

ミニチュアブルテリアの特徴は?

shutterstock_32977979

 

ミニチュアブルテリアの特徴

  • 骨太な体型
  • 短い被毛

ミニチュアブルテリアは体高が36cm以下、体重が7~15kg程度でがっしりとした骨太体型なので、疲れしらずなタフがあります。かわいらしい顔が特徴的ですよ。

ミニチュアブルテリアの子犬を選ぶ際は、なるべく四肢が太くて丈夫な子がおすすめです。正方形に近い形が理想的な体型です。

被毛は短く、カラーは「ホワイト」「ブラック」「ブリンドル(地色に他の色の毛がまんべんなく混ざっている)」「レッド」「フォーン」があります。片側の目がアイパンチになった白黒のトライも人気がありますよ。

 

ミニチュアブルテリアの性格は?

shutterstock_154829555

遊び好きで物おじせず、家族を喜ばせようとするサービス精神あふれる性格をしています。好奇心・独立心が旺盛で頑固な一面もありますが、基本的に飼い主には忠実です。

マイペースな子が多く、おとなしくしつけを聞くタイプではありませんので、初めて犬を飼う方には不向きの犬種かもしれませんね。

 

ミニチュアブルテリア、子犬期にはどんなしつけが大切?

shutterstock_172500506

しつけのポイント

  • 社会化を優先
  • 飼い主との明確な主従関係

闘犬気質から知らない人や動物に攻撃的になることがあるので、幼犬期は社会性を持たせることが大切です。犬の扱いに慣れた人や、気質が穏やかな犬と触れ合わせてあげてください。

体力があるので、散歩中にいきなり走り出してしまうこともあります。きちんと飼い主の横について歩くようにリードでしつけてください。

 

しつけはリーダーは飼い主であることを明確にし、毅然とした態度で接することがポイントです。

噛み癖に悩む飼い主が多い犬種ですが、厳しく注意しても逆効果ですよ。おもちゃなどを噛ませながら、遊びも交えて対応してください。愛情をかけてあげればとても従順に育ってくれます。

 

ミニチュアブルテリアの購入はブリーダーから?価格は?

shutterstock_148726955

ミニブルの購入

  • 基本的にブリーダーから購入
  • 価格は20~30万円

大量に飼育されている犬種ではないので、時間をかけて相性の良いブリーダーさんを探すのがポイントです。なかには、凶暴の性格の子犬もいます。

もともとの性質もありますが、育つ環境が大きく影響するので親犬や兄弟犬をみせてもらい、愛情たっぷりに育っているかを確認することをおすすめします。

価格相場は子犬で20~30万円です。成長が早く、5ヶ月を過ぎる頃には価格も下がってきますが、毛色や模様、健康状態でかなり差があります。

ミニチュアブルテリアはアイパンチが入っている印象が強いですが、丸くきれいなアイパンチは希少なので、相場よりも高値で取引されています。

 

ミニチュアブルテリアのブリーダーはたくさんいるの?

shutterstock_279897830

ミニチュアブルテリアは2015年度のJKC登録数が201頭とトップ50に入る人気犬種です。ブリーダーは「トイプードル」「ポメラニアン」など他の有名犬種に比べると少ないですが、関東地方を中心に全国的にいます。専用サイトで信頼できるブリーダーを探してみてくださいね。

JKCからアウトスタンディングブリーダー(優良繁殖者)の表彰を受けていたり、ぺディグリーアワード(日本一)の称号を持った犬を繁殖している犬舎がおすすめですよ。

豊富な知識と丁寧なアフターケアで、初めてミニチュアブルテリアを飼う場合でも大きな力となってくれますよ。

 

ミニチュアブルテリアは病気や肥満に注意!

ミニチュアブルテリア

 

ミニチュアブルテリアは「水晶体脱臼」という、失明のおそれがある病気に注意が必要です。遺伝性疾患なので、遺伝子を親犬を確認することが大切です。

皮膚は弱く疾患がでやすい犬種でもあります。小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」にもかかりやすいので、普段から歩き方などに注意してあげてください。

食欲が旺盛なので、餌の与えすぎや運動不足で肥満にならないよう気をつけてくださいね。肥満は病気の基になるので、たくさん遊び、運動不足とストレス解消をしてあげてください。

ぜひミニチュアブルテリアの健康に気を使いつつ、楽しい生活を送ってくださいね。