イングリッシュポインター、飼い方は?特徴や性格、しつけや販売価格は?

ポインターと呼ばれる犬種は「イングリッシュ・ポインター」と「ジャーマン・ポインター」の2種類があります。今回の記事では、イングリッシュ・ポインターの特徴や性格、しつけや販売価格についてご紹介します。

 

イングリッシュポインター、特徴は?

shutterstock_114322699

イングリッシュポインターはイギリス原産の犬種で、鳥獣猟犬として活躍してきました。優れた運動能力と嗅覚を兼ね備え、優美で力強い姿が魅力の犬種です。イギリス猟犬の傑作といわれている犬種です。獲物を見つけると立ち止まり、低い姿勢で構えてから、片足を上げて場所(ポイント)を教えることからその名がつきました。鳥獣猟犬の中でも競争心が強く、有能なことから世界中で高い評価を受けています。日本では狩猟が一般的ではないため、愛好家や競技用の犬として飼育されてきました。

 

イングリッシュポインター、見た目の魅力は?

shutterstock_7515871

筋肉質で均整のとれた、しなやかで美しい体格です。身のこなしも気品が溢れています。体高はオスで65~70cm、メスで60~65cm、体重がオスが25~35kg、メス20~30kg程と大型犬の部類に入ります。体高とは犬が立った状態で、地面から背中までの高さを指します。毛色はホワイトのベースに黒、レバー、レモン、オレンジなどの斑が入っているのが一般的ですが、単色の場合もあります。毛は短くて光沢があり、お手入れは簡単ですよ。

 

イングリッシュポインター、性格は?

イングリッシュポインターは優しい性格で、賢く安定した気質です。飼い主に忠実で、優れた集中力を持っていますよ。社交的で攻撃性も少なく、家族と一緒にいることを好むため、家庭犬として飼育する人が増えています。人を選ばす指示をしっかりと聞くので、子供がいる家族でも飼育しやすいです。ストレスを感じていなければ室内でも大人しく、無駄吠えが少ないですよ。大型犬に分類されますが、室内でも飼育しやすい犬種といえます。

 

イングリッシュポインター、しつけは?

shutterstock_83635690
イングリッシュポインターには、散歩のマナーをしつけることを優先的にしてあげてください。ポインターは、エネルギッシュで体力も他の犬と比べてあります。散歩時間が短かったり、ゆっくりした散歩だったりすると運動量が足らず、ストレスを与えてしまう恐れがあります。長い距離を走らせ、自然の中で遊ばせてあげるようにしてあげてください。1日2回、1回あたり30分から1時間程の散歩が理想的です。

犬のしつけには、適正年齢があるものとないものがあります。適正年齢があるしつけは、一度タイミングを逃すとその後のしつけが大変になってしまいます。詳しくは関連記事にまとめてあるので参考にしてみてくださいね。

 

イングリッシュポインター、ブリーダーと価格は下調べが重要

日本ではまだそれほど普及しておらず、特殊な犬種のため、良いブリーダーは限られているのが現状です。ペットショップで販売されていることはほとんどありませんが、販売されている場合は何かしら事情があるかもしれないので、理由を聞いてみてください。価格は家庭犬で20万円程度、ショータイプだと30万円程度が目安です。頭数が少なく、ブリーダーによっても価格が異なるため、相場はあくまで目安です。

 

イングリッシュポインターにおすすめのドッグフードは?

オリジン アダルト

イングリッシュポインターにおすすめのドッグフードは「オリジン」です。

オリジンはタンパク質がたくさん含まれているドッグフードで、含有量は「42.2%以上(乾燥重量比)」です。

主原料が「新鮮骨なし鶏肉」ですので、たくさんの動物性タンパク質を摂ることができます。

穀物を使っていないグレインフリーで、人工添加物も使っていません。栄養バランスに優れたドッグフードですよ。

 

Amazonで購入する

イングリッシュポインターにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

たくましさが魅力的な犬種

イングリッシュポインター

イングリッシュポインターは飼育頭数が多い犬種ではありませんが、猟犬ならではのたくましさが感じられる魅力的な犬種です。優れたブリーダーに出会えれば、飼い方はこと細かに教えてもらえますよ。興味のある方は、まずブリーダー探しから始めてみてくださいね。

イングリッシュポインターの販売価格や餌代などはこちらの記事です。

イングリッシュポインターの歴史や飼育環境などはこちらの記事です。