ピースワンコ・ジャパン湘南譲渡センターを取材!どんなところ?

pepy編集長。薬剤師国家資格、ペット救急救命士、ペット介護士、ペット食育士2級の資格を保有。薬学とペットの専門知識を活かし「ペット専門マーケター」として活動中。

環境省の調査によると、平成28年度は日本全国で約113,000頭の犬猫が保護され、うち半数の約56,000頭が殺処分されました。

動物保護団体や自治体の活動や殺処分に対する世の中の意識の高まりから、その数は年々減ってきてはいますが、まだ膨大な数字であるという現状に変わりはありません。

引き取られる犬猫のほとんどが「事情で飼えなくなった」「子犬が増えすぎた」などの飼い主側の問題によるものだといわれています。殺処分数を減らすためには、私たち人間が行動を起こし続けていく必要があります。

この記事では、ペットの殺処分ゼロを目指して「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトを運営している団体「ピースウィンズ・ジャパン」の活動や、先日オープンから100頭の譲渡を達成したピースワンコ・ジャパンの湘南譲渡センターの様子を詳しくまとめています。

譲渡センターってどんなところなの?里親になるにはどうしたらいいの?などの気になる疑問を、pepy編集部が取材してまいりました。

出典:環境省自然環境局 犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況

 

ピースワンコ・ジャパンとは?

ピースワンコジャパン

「ピースワンコ・ジャパン」は、紛争地や被災地に駆けつけ、人道的な支援や復興・開発支援を行っているNGO団体「ピースウィンズ・ジャパン」によるプロジェクトの1つです。

「殺処分をなくし、ペットと人間の真の共生を実現する」をモットーに捨て犬や迷子犬の保護活動を続け、2016年4月には2011年度に犬猫の殺処分数が全国ワーストであった広島県の犬の殺処分をストップさせることに成功しました。現在においても、県内の殺処分ゼロを維持しています。

2020年までに日本全国の殺処分ゼロを目指し、保護犬事業のほか訓練・譲渡・飼い主さんの意識改革などの総合的な取り組みを行っています。

 

ピースワンコ・ジャパンの譲渡活動の特徴は?

犬 素材

ピースワンコ・ジャパンでは動物愛護センターで殺処分対象となった犬を保護し、本拠地である広島県神石高原町の豊かな自然に囲まれた大型シェルターでお世話しています。

広大な敷地でのびのびと過ごせる環境のもと、獣医師さんが1頭1頭の健康状態をチェックし、それに応じた個別の医療ケアや健康管理を行っています。

保護した犬は専門ドッグトレーナーの訓練のもとで災害救助犬やセラピードッグとして育てられるほか、新しい飼い主さんへの譲渡も行っていますよ。

ピースワンコ・ジャパンでは、神石高原シェルターを含め5つの地域に譲渡センターを設け、保護犬と飼い主さんとの出会いのチャンスを広げています。

 

今回pepy編集部は、神奈川県藤沢市の「ピースワンコ・ジャパン 湘南譲渡センター」を取材しました。以下ではその様子をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ピースワンコ・ジャパン 湘南譲渡センターはこんなところ!

ピースワンコジャパン 湘南譲渡センター

ピースワンコ・ジャパン 湘南譲渡センターは、神奈川県藤沢市にあるおしゃれな大型ショッピングモール「湘南T-SITE」内にあるペットショップ「GREEN DOG」の一角にあります。

スタッフの心のこもったお世話のもと、5~6頭のワンちゃんが新しい飼い主さんとの出会いを待っています。

どの子も初めて訪れるpepy編集部取材メンバーに対して臆することなく、キラキラとした好奇心いっぱいのまなざしを向けてくれました。

 

開放的なスペースで、気軽に立ち寄れる!

s_DSC_0191

譲渡センターといえばどこか暗く入りにくい印象を持ってしまいがちですが、そんなイメージとはまったく正反対の、明るく開放的な空間が広がっています。

大きな窓からは太陽の光がお部屋いっぱいに差し込み、温かな雰囲気が感じられました。お店に入りにくいといった印象は全くなく、取材中にも多くのお客さんが「あのワンちゃんかわいい!」とお店に立ち寄っていましたよ。

 

計100頭のワンちゃんが新しい家族のもとへ!

ピースワンコジャパン 湘南譲渡センター

2014年12月のオープン以来、合計100頭もの保護犬がこちらの湘南譲渡センターから卒業しています。

卒業後も飼い主さんとの交流は続いており、保護犬と飼い主さんとの幸せな生活をサポートしています。

 

知識豊富なスタッフが、ワンちゃんの悩みを解決!

譲渡センターのスタッフは、保護犬1頭1頭に最大限の愛情を込めてお世話をしています。

そのため、どのスタッフも「この子はこういう性格」「この子はこんなことが好き」などといった1頭1頭の個性を熟知しています。

また、里親になる際の注意点や飼育に必要なもの、飼い主さんのよくある疑問などどんなことでも相談に乗ってくれるので、はじめて里親になる方・はじめてペットを飼う方にも安心です。

 

保護犬と触れ合ったり、お散歩体験が可能!

ピースワンコジャパン 湘南譲渡センター

湘南譲渡センターにはおうちのリビングを模した空間があり、そこで実際にワンちゃん達と触れ合うことができます。気になる子がいたら、センターの近くをお散歩することも可能ですよ。

「実際にペットを飼った感覚に近い体験」ができるので、その子との相性を確かめられるうえ、はじめてペットを飼う方は「犬を飼うってこんな感じ!」という感覚をつかむことができます。

ペットショップなどではなかなか体験できない、譲渡センターならではの嬉しいシステムです。

 

ピースワンコ・ジャパン、里親になるまでの流れは?

ピースワンコジャパン 湘南譲渡センター

譲渡までの流れ

  • ワンちゃんに会いに行く
  • 里親希望申込書の提出
  • 家庭訪問
  • ワンちゃんのお渡し

1.ワンちゃんに会いに行く

まずは譲渡センターへ、里親を募集しているワンちゃん達に会いに行きます。

スタッフが家族構成やライフスタイル、相性などを判断して飼い主さんに合った子をご紹介します。その他にも気になった子がいたら、ぜひお気軽にスタッフに声をかけてみてくださいね。

現在里親を募集しているワンちゃん達の一覧はこちら

 

2.里親希望申込書の提出

相性に問題がなければ、譲渡センターの用意した里親希望申込書に「飼い主さんの家庭環境」や「飼育環境」などの必要事項を記入し、提出します。

 

3.家庭訪問

里親希望申込書に問題がないと判断したのち、スタッフが飼い主さんのご家庭を訪問し、飼育環境の確認や飼育方法などの相談を行います。

 

4.ワンちゃんのお渡し

訪問結果に問題がなければ、誓約書にサインし、ワンちゃんのお渡しとなります。

ワンちゃんを迎える準備ができたら譲渡センターまでお迎えに行きます。

 

里親になる審査って、厳しいの?

犬 素材

ピースワンコ・ジャパンでは、里親として保護犬の譲渡を希望される方にさまざまな質問を投げかけ、審査したうえで譲渡を行っています。

「お住まいの集合住宅はペットOKですか?」「散歩へ行く時間は本当にありますか?」「家族全員が犬を迎えることに同意していますか?」「ケージは何を使う予定ですか?」など。

里親として引き取るだけなのに、なぜこんなことも聞かれるの?とびっくりされる方も多いようですが、そこにはスタッフさんの保護犬に対する特別な想いがあるのです

いま里親を探している犬たちは、かつてさまざまな理由で不幸な経験をし、紆余曲折を経て保護団体のもとにやってきました。

つらい目に遭ったという事実は変えられないけれど、もう二度と不幸な思いをしてほしくないという気持ちから、「これから里親になろうとしている方が、最期の瞬間まで責任をもって愛してくれるだろうか」を確かめたうえで譲渡を行っています。

ペットショップやブリーダーさんから購入する場合と比べると多くの段階を踏む必要がありますが、それは保護犬と飼い主さんの幸せを本気で考えているからこそなのです。

 

インタビュー:これからペットを飼おうとしている方へ

ピースワンコジャパン 湘南譲渡センター

ピースワンコ・ジャパン関東地区エリアマネージャー:鈴木香織さん

ペットを迎える場所としてペットショップやブリーダーなどがありますが、同じく譲渡センターにも家族を探している犬がたくさんいます。犬種にこだわらないようであれば、まずは保護犬からパートナー探しを始めてみてはいかがでしょうか。

譲渡センターには、その子の特徴や性格をお伝えできるスタッフがいます。飼い主さんの希望やライフスタイルをお聞きして、ぴったりの犬をおすすめすることが可能ですよ。

譲渡センターではお散歩体験など、はじめて犬を飼う方にとっても「犬を飼うとはどういうことか」を知ることのできる機会を設けています。ぜひ一度お近くの譲渡センターを訪れ、温かい雰囲気に触れてみてほしいと思います。

 

ピースワンコ・ジャパン プロジェクトリーダー:大西純子さん

どんなに高価な子犬を飼ったとしても、噛むときは噛むんですよね。犬の個性や飼育情報などを知らずに飼うことが、保護犬を生むきっかけになってしまいます。

新しく子犬を飼う場合は、その子がどんな性格なのかを理解するとともに、しつけには何が必要か、どのくらいお散歩が必要か、餌代や飼育グッズなどを含めてどれくらいのお金がかかるのかなどをきちんと把握したうえで飼ってほしいと思います。

もちろん、保護犬の里親になるという選択肢もあるということを知っていてほしいです。譲渡センターで出会える保護犬たちは私たちの手でお世話やトレーニングをしてきた子なので、すぐに馴れてくれる子が多いですよ。

現在は広島県西区、神奈川県藤沢市、東京都世田谷区、広島県福島市に譲渡センターを設置しています。神石高原町にいる譲渡対象の子も含め、どの子も良い子なので、ぜひ一度保護犬に会いに来てください。

 

ピースワンコ・ジャパンを支援したい!

犬 素材

今後の取り組み

  • 譲渡センターの新規開設
  • 保護施設の拡充
  • 人材育成
  • 他団体との連携
  • 保護犬・猫を迎えることをスタンダードにする啓発活動

2011年に犬猫の殺処分数で全国ワーストを記録した広島県は、ピースワンコ・ジャパンの活動により約5年後の2016年4月には犬の殺処分ゼロを達成しました。

現在は「殺処分ゼロを、広島から全国へ」をモットーに、ピースワンコ・ジャパンは広島県の殺処分ゼロの維持と、2020年までに日本全国の殺処分ゼロを目指し活動をしています。

ピースワンコ・ジャパンには寄附金・ふるさと納税・物資寄附など、さまざまな支援のかたちがあります。人も動物も幸せな社会の実現に向け、ぜひご支援をよろしくお願いします。

ピースワンコ・ジャパンの支援方法の詳細はこちら

 

ピースワンコ・ジャパン 湘南譲渡センターの詳細情報

所在地〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1 湘南T-SITE1号館GREEN DOG内
営業時間午前10時~午後8時(年中無休)
お問合せ先TEL: 080-9813-0608
MAIL: shonan@peace-winds.org
公式ページピースワンコ・ジャパン 湘南譲渡センター