猫のサプリメント、カリウムの働きやおすすめは?

カリウムは、猫の健康に欠かせない栄養成分です。

多すぎても少なすぎても体調不良の原因になるため、濃度のバランスに注意して摂取することが大切です。

この記事では、カリウムの働きや必要性、おすすめのサプリメントについてまとめました。

 

カリウムの働きは?

猫

カリウムの働き

  • 体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す
  • 神経刺激の伝達
  • 心臓や筋肉の働きを調整する

カリウムは、猫が生きていくうえで欠かせない大切な栄養素です。

体内に吸収されたカリウムの98%は細胞内に存在しており、「過剰なナトリウムの排泄」や「神経刺激の伝達」「筋肉や心臓の働きの調整」などの役割を果たしています。

細胞が正常に機能するために欠かせないミネラルの1つですよ。

 

カリウムを含むサプリメント、猫には必要?

猫 素材

カリウムは体液のバランスを調整し、筋肉や神経の機能を正常に保つミネラルの1種です。

普段の生活で不足することは滅多にありませんが、高たん白質のフードを食べさせているのであればカリウムも十分に与える必要があります。

 

カリウムが不足するとどうなる?

猫 素材

カリウムは肉類・野菜・果物などの様々な食品に含まれている成分なので、不足することは滅多にありません。

しかし、下痢が続いた場合や疾病に伴う食欲の低下で食事摂取量が不十分な場合は、カリウムが不足し「低カリウム血症」を引き起こします。

 

低カリウム血症

症状

  • 元気がなくなる
  • 筋力低下
  • しびれ・麻痺

低カリウム血症は、中~高齢期の猫が発症しやすい病気です。

食欲低下による体重減少が主な初期症状ですが、筋力の低下による「四肢のしびれ」や「腸管や膀胱の麻痺」、心機能の低下することによって「不整脈」を起こすこともあります。

 

カリウムが多すぎるとどうなる?

猫 素材

血中に含まれるカリウムの濃度が上昇すると、身体に様々な影響が出ます。

「カリウム含有量が多い食品ばかり与えていた」「外傷」「火傷」「化学療法による細胞破壊」「消化管からの出血」などが主な原因となって、高カリウム血症を発症してしまいます。

 

カリウムが含まれる猫におすすめのサプリメント1. バイエール カリナール1

フード画像余白編集.pptx (47)

商品詳細

サプリ名カリナール1
原材料マルトデキストリン、炭酸カルシウム、キトサン、クエン酸カリウム 粗タンパク質:5.0%以上、粗油・脂肪:0%以上、粗繊維2.0%以下、粗灰分:29.5%以下
内容量50g
税込価格2,148円
形状粉末

 

成分値

粗タンパク質5.0%以上
粗油・脂肪0%以上
粗繊維2.0%以下
粗灰分29.5%以下

 

おすすめポイント

カリナール1は、中高齢期の犬・猫用の健康補助食品です。

炭酸カルシウムが消化管内のリンを吸収し、体外へ排出されるように働くことで腎臓の健康を保ちます。

 

カリウムが含まれる猫におすすめのサプリメント2. クエン酸カリウム

フード画像余白編集.pptx (48)

商品詳細

サプリ名クエン酸カリウム
原材料鰹節エキス、カキ肉エキス、デキストリン、食塩、クロレラエキス、トレハロース、クエン酸カリウム、クエン酸、香料、エタノール、調味料(アミノ酸等)、パントテン酸Ca、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル)、増粘剤(キサンタンガム)、クエン酸ナトリウム、ビタミンB12
内容量60ml
税込価格2,645円
形状液状

 

成分値

粗タンパク質8%以上
粗脂肪2.4%以上
粗繊維質7%以下
粗灰分2.8%以下
水分5%

 

おすすめポイント

クエン酸カリウムは、身体のバランスを正常にするために欠かせない栄養成分が豊富に含まれている液状サプリメントです。

鰹節エキスを配合するなど、食欲が減退しがちの高齢猫の嗜好性にも配慮していますよ。

 

猫のサプリメント「カリウム」はどんな猫種におすすめ?

猫 素材

カリウムのサプリメントは、全ての猫種におすすめです。

中でも、腎不全になりやすい「アビシニアン」「ペルシャ猫」は食欲不振からカリウム不足になりやすいので、積極的な摂取をおすすめします。

 

カリウムの摂取量に注意!

猫 素材

カリウムは大量に摂取すれば良い、というものではありません。カリウムが含まれているものを与えすぎると、高カリウム血症になるリスクを高めます。

普段食べているフードだけだとカリウム不足が心配だなと思っている場合のみサプリメントを使ってみてくださいね。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。