チャウチャウの飼い方まとめ。 性格や特徴、しつけや価格は?飼うならブリーダー?

しかめっ面の表情がかわいらしく、ブルーやブラックの舌が珍しいチャウチャウという犬種をご存知ですか?この記事では、チャウチャウの特徴や性格、しつけや価格についてご紹介します。

 

チャウチャウの特徴は?

shutterstock_101692207
中国原産のチャウチャウの起源は紀元前までさかのぼり、7世紀の中国皇帝が飼っていたほど古い歴史を持つ犬です。体高は43~51cm、体重は20~32kgの大型犬で、ライオンのたてがみに似た顔の周りの豊かな毛や、しかめっ面のような愛らしい表情、羊毛のようなフワフワの毛と珍しいブルーやブラックの舌が特徴です。もともとは猟犬やソリをひく犬として活躍していました。

 

チャウチャウの価格は?飼うならブリーダーから?

shutterstock_192760589
ペットショップではなかなか見かけない犬種です。ブリーダーから購入するケースがほとんどです。販売価格は12~20万円くらいといわれています。繁殖が難しく、帝王切開で出産するケースもあります。一回の出産で3~6頭程度しか生まれない珍しい犬なので、価格は30万円を越えることもあります。色はレッドが多く、ブラック、ブルー、シナモン、クリームといった珍しい毛色になると更に高い価格で販売されていることが一般的ですよ。

 

チャウチャウの性格やしつけのポイントは?

shutterstock_88123663
飼い主には従順で忠実な犬種です。「生まれつきの番犬」ともいわれていて、飼い主以外の人や動物には友好的でないことがあります。意志が強く頑固なので、ペットとして飼う場合は子犬の頃からたくさんの人や子犬と触れ合うようにして社会化の訓練をしてあげてください。

力が強いので、リードを持った飼い主の横をゆっくり歩くといった歩行訓練や、「待て」「来い」といった指示の訓練はしておいた方がいいですよ。その他にはクラクションや雷などの大きな音、子供や小動物など素早く動くものを追い駆けたり、見ても興奮したりしないというような訓練が必要になります。大型犬のしつけに詳しいトレーナーがいるしつけ教室が近くにあると安心です。

 

チャウチャウは熱中症になりやすい

チャウチャウは羊毛のような厚手の毛に覆われているため、夏は熱中症に注意が必要です。夏場は空調の効いた屋内で飼うことが望ましいですが、屋外で飼うのであれば暑さをしのげるスペースを準備してあげてください。豊かな毛が絡まないようにシャンプー、グルーミング、コーミングが必要で、毛が抜ける時期にはファーミネーターなどを使ってしっかりと毛の手入れをしてあげてくださいね。月に2回程度、ペットサロンを利用してケアしてもらうのもオススメですよ。

 

チャウチャウとパワフルな毎日を

犬 集合
チャウチャウは、意志の強さや大きな体格といった点から初心者には飼うのが難しいといわれています。飼うのは難しいのですが、そのしかめっ面や不思議な魅力の虜になる愛犬家も多くいる犬種です。珍しい歴史や特徴を持つチャウチャウと一緒に、アクティブでパワフルな毎日を過ごしてみるのも楽しいですよね。