犬の日本スピッツの飼い方が知りたい!性格やしつけ、吠える場合の対策は?

ふわふわした純白の被毛とつぶらな瞳が愛らしい小型犬、日本スピッツ。この記事では、日本スピッツの飼い方、歴史や性格やしつけ、吠えるときの対策についてご紹介します。

 

日本スピッツの歴史は?

スピッツ7

スピッツの起源は諸説ありますが、日本には昭和初期に渡来したとされています。

昭和20~30年代の高度経済成長期には「小型な番犬」として爆発的な人気となり、日本で登録された犬の4割を占めるほど流行しました。

お金持ちの象徴とされていたこともありますが、乱繁殖の影響で「無駄吠えする犬」というレッテルを張られてしまいます。

戦後改良が加えられ、1948年にJKCによりスタンダードが認定されました。

人気が盛り返してきた現在では日本のみならず、フィンランドやスウェーデン等の北欧で広く人気を集めています。

 

日本スピッツの性格は?品種改良で飼いやすくなった?

スピッツ3

性格

  • おとなしく人懐っこい
  • 飼い主に従順

全長

  • 30~40cm

日本スピッツは無駄吠えをするというイメージがあるかもしれませんが、大人しくて人懐っこい性格です。好奇心が旺盛で飼い主に対しては従順です。日本スピッツは小型犬に分類され成犬の全長は30〜40cmほどと小さいですが、見知らぬ人に対しては警戒心を示すので、番犬に適しています。

物覚えがよく、しつけはしやすいですが甘やかし過ぎるとワガママに育ってしまいます。飼い主次第で飼いやすくも難しくもなる犬種といえますね。活発で体を動かしたり、おもちゃなどを使って遊ぶのが大好きなので子供の良い遊び相手にもなってくれますよ。

かつては「よく吠えるうるさい犬」というネガティブなイメージがありましたが、近年のスピッツは温厚な性格へと改良され、扱いやすくなっています。

 

日本スピッツのしつけ方は?

スピッツ6

物覚えが良くトレーニングの成果が表れやすい犬種ですが、甘やかしていると無駄吠えや噛み癖などの悪癖がそのまま残ってしまうことがあります。

繊細な優しさと思いやりの深さを持っている犬種なので、叱るのではなく褒めて伸ばすしつけが効果的ですよ。愛情溢れるコミュニケーションをとりながらしつけてあげてくださいね。

知らない人に対して距離を置きたがりますが、過度の警戒心は社会性に欠けますので、散歩等で幼犬期から養ってあげてください。社会性を身につけることは、成犬となった際のチャイムや来客への吠え予防、トレーニングのしやすさにもつながりますよ。

 

日本スピッツが吠える場合の対策は?

スピッツ4

品種改良によって無駄吠えが減った日本スピッツですが、何らかの原因で無駄吠えが始まってしまうことがあります。特に飼い主がしつけの際に厳しく叱りつけていると、反抗心や恐怖心をあおって無駄吠えを助長してしまいます。

トレーニングは冷静に重ねた方が効果的です。「無駄吠えをしてもメリットはない。おとなしくしていると飼い主は褒めてくれる」ということを繰り返し教えてあげることも効果的ですよ。

 

日頃からスキンシップを取り、安心させてあげるのが大切!

shutterstock_164009921

日本スピッツはスキンシップを取っていないと不安や恐怖心を抱きやすく、よく吠える犬になってしまうことがあります。毎日のスキンシップを欠かさず、しっかり褒めてあげることが大切ですよ。

屋外飼育も可能ですが、できれば屋内飼いにして小まめなスキンシップを取るようにしてくださいね。飼い主が一貫して落ち着きのある態度をとっていると安心に繋がりますし、無用な不安を取り除いた方が穏やかな性格となることが多いですよ。

健康管理の観点だけでなく、真っ白な毛並を保つという観点からも屋内飼いをおすすめしたい犬種です。