ヨークシャテリアの寿命、かかりやすい病気は?抜け毛は多い?

愛らしい見た目と勇敢な性格から人気の高いヨークシャテリア。今回の記事では、ヨークシャテリアの平均寿命やかかりやすい病気、被毛のケアなど、健康管理のポイントをご紹介します。

 

ヨークシャテリアの平均寿命ってどれくらい?人間の年齢だと?

ヨークシャテリア
ヨークシャテリアの平均的な寿命は、14〜16年程といわれています。人間の年齢に換算すると、72〜80歳程となるので、長寿な犬種といえますね。

 

ヨークシャテリアのかかりやすい病気は?

犬_ヨークシャテリア
犬種によってかかりやすい病気というものがあります。今回は、ヨークシャテリアがかかりやすい病気をご紹介します。

膝蓋骨脱臼

ヨークシャテリアは骨や関節を壊しやすく、とくに「膝蓋骨脱臼」には注意が必要です。膝蓋骨脱臼は、膝の骨である膝蓋骨が脱臼してしまう病気で、発症すると犬は足をつったような歩き方をします。膝蓋骨脱臼は自然に治ることが多いのですが、一度脱臼してしまうと再発しやすくなります。症状が重くなると骨が変形してしまい、手術が必要になることもあります。「歩き方がおかしいな?」と感じたら早いうちに獣医に連れて行ってあげてくださいね。ヨークシャテリアは性格が活発な分、動きまわって関節を痛めてしまうことがあります。高いところから飛び降りてしまうと危険ですので、注意をしてあげてください。

気管虚脱

気管が変形して呼吸がしにくくなる「気管虚脱」もヨークシャテリアがかかりやすい病気のひとつです。呼吸が苦しくなり、「ゼーゼーとあえぐ」「乾いた咳を出す」という症状があらわれます。
先天的な原因のほか、肥満によって発症しやすくなるといわれています。肥満にならないよう、ヨークシャテリアの体重管理には気をつけてあげてくださいね。

水頭症

脳内に「脳脊髄液」が蓄積してしまうことで、神経症状が現れる病気です。初期は「ぼーっとして、活気がない」「異様に攻撃的になる」といった症状が見られ、病気が進行していくと「失明」「歩行障害」といった症状が現れてきます。ヨークシャテリアなどの小型犬種で先天的に発症しやすい病気です。「脳炎」「腫瘍の発生」などの後天的な要因で水頭症になってしまうこともあります。

低血糖

低血糖症とは、血液中の糖分濃度が極端に低下する病気です。食事不足や運動のしすぎ、すい臓の病気などが原因となって発症します。症状としては、「けいれんが起きる」「元気がなくなる」「ふらつく」などの不調が現れます。放置しておくと脳に影響を与えてしまうこともあります。

ヨークシャテリアに元気がないときは、低血糖を起こしている可能性もあるので、様子を見て病院に連れて行ってあげてくださいね。

ヨークシャテリアがかかりやすい病気として、他に「角膜炎」「肝性脳症」もあげられます。日頃から異常がないかチェックをするとともに、定期検診に連れていくことをおすすめします。

 

ヨークシャテリアの必要なお手入れは?抜け毛は多い?

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアは抜け毛が少ない犬種ですが、被毛のケアは健康を保つ上でとても大切です。被毛が長い分、頻繁に手入れして清潔さを保っておかないと皮膚病などのトラブルを招きやすくなってしまうからです。こまめにブラッシングを行い、被毛のケアをしてあげてくださいね。とくに顔周りの毛は汚れやすいので、ご飯の後は汚れを拭き、毛が伸びてきたらカットしてあげてくださいね。