フレンチブルドッグの価格は?帝王切開で産まれる?毛色によって値段が違う?

フレンチブルドッグは人気のある犬種ですが、先天性な病気があることも多く、購入する個体を慎重に選ぶ必要があります。今回の記事では、フレンチブルドッグの価格や価格差の理由、毛色ごとの値段についてご紹介します。

 

フレンチブルドッグの価格は?

フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグはペットショップでも見かけることが多い犬種です。ペットショップで取り扱われているフレンチブルドッグの値段の相場は、15〜25万円程度です。一方で、ブリーダーから購入する場合、25〜35万円程度が相場の値段だといわれています。

 

フレンチブルドッグは帝王切開でうまれる?

フレンチブルドック (3)
フレンチブルドッグは頭が大きく下半身が小さいため、ほとんどの場合、帝王切開を行わなければ生まれてくることができません。自然分娩で生まれたフレンチブルドッグは頭が小さく、上半身もほっそりしており、フレンチブルドッグらしい体型ではない傾向にあります。フレンチブルドッグの独特の体型が好みの方は、分娩方法を確認し、帝王切開で生まれたフレンチブルドッグの購入がオススメです。

ペットショップから購入する方が、ブリーダーから購入するよりも価格が割安な傾向にあるのは、一部のペットショップでは、自然分娩させたフレンチブルドッグを取り扱っている場合があるためです。ブリーダーでフレンチブルドッグをブリーダーの場合、帝王切開による出産を行うことがほとんどなので、出産に時間とコストがかかります。その分、値段が高くなっているので、値段が高いことは、きちんと帝王切開で生まれていることの証ともいえます。

ブリーダーで子犬を選ぶときは、「犬舎を見学させてもらえるか」「親犬や兄弟犬を見せてもらえるか」など、信頼できるブリーダーかどうかきちんと見極めてくださいね。

 

フレンチブルドッグは毛色によって値段が違う?

フレンチブルドッグ2匹
フレンチブルドッグには、茶系の「フォーン」、白系の「クリーム」、黒色のベースにほかの差し色がポイントになっている「ブリンドル」、白色のベースにフォーンやブリンドルの斑点が混ざっている「パイド」という主に4つの毛色があります。毛色によって人気に偏りがあるため、値段が異なります。

「パイド」や「クリーム」は人気が高く、チャンピオン犬の血を引く「パイド」の個体には、50万円近い値段がつくことも珍しくありません。逆に、「ブリンドル」のように人気のない毛色は比較的安価になる傾向にあります。

 

フレンチブルドッグは注意点が多い犬種

bulldog

関連記事にまとめている通り、フレンチブルドッグは何かと注意点がある犬種です。病気に弱かったり、抜け毛が多かったりします。太りやすいので、散歩も長めに行かなければなりませんが、熱中症になりやすいので夏は朝早くか夜の涼しい時間帯にしか散歩ができません。夏のコンクリートでの散歩もオススメできません。

手のかかる犬種ですが、憎めない性格をしているのがフレンチブルドッグなのです。一人暮らしでなかったり、仕事に余裕があったりする手間をかけられる飼い主にオススメの犬種といえますよ。

 

ペットショップ、ブリーダー、里親の違いは?

犬 フレンチブルドッグ 素材

フレンチブルドッグの入手方法には、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」があります。

昔はペットショップでの取引が大半を占めていましたが、最近では「ブリーダー」「里親」を介しての取引も増えています。

それぞれにメリット・デメリットがあるだけでなく、価格にも違いがありますよ。

フレンチブルドッグの入手方法、メリット・デメリットについて詳しく知りたい方はこちら

 

フレンチブルドッグのブリーダーさんをお探しの方へ

フレンチブルドック (4)

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のフレンチブルドッグのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のフレンチブルドッグの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。フレンチブルドッグは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在フレンチブルドッグの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

フレンチブルドッグの病気や寿命についてはこちら

フレンチブルドッグの飼い方について、詳しく知りたい方はこちら