フレンチブルドッグの子犬の選び方は?性格・体調・毛色の見方まとめ

愛嬌のある表情がかわいらしいフレンチブルドッグは、日本でとても人気のある犬種のひとつです。今回の記事では、性格や体調の良いフレンチブルドッグの子犬の選び方、フレンチブルドッグの毛色の種類をご紹介します。ぜひフレンチブルドッグを飼うまえに参考にしてみてくださいね。

 

健康なフレンチブルドッグの子犬の選び方は?

フレンチブルドッグ_フォーン
フレンチブルドッグは気温の変化に弱く、皮膚の病気にかかりやすい繊細な犬種なので、できるだけ子犬は健康な個体を選びたいですよね。

健康なフレンチブルドッグの幼犬は澄んだ目をしており、骨格はしっかりしています。色素が濃いというのも健康的な子犬の特徴です。

鼻の黒さを見ると色素の濃さがわかるため、あまり鼻が黒くない個体は健康面に問題を抱えている可能性があります。

さらに、フレンチブルドッグは皮膚の病気になりやすいので、特に顔のシワに湿疹や脱毛が見られないかもしっかり確認してくださいね。

フレンチブルドッグは体格的には中型犬に分類される犬種ですので、体が小さな子犬は発育に問題がある可能性が高いです。体が極端に小さいフレンチブルドッグの購入は避けてくださいね。

 

性格の良いフレンチブルドッグの選び方は?

フレンチブルドッグ2匹

フレンチブルドッグは、基本的に気性の穏やかな犬種ですが、なかには気性の荒い気質を持っているフレンチブルドッグもいます。

フレンチブルドッグは小柄ながら強いアゴを持っているので、噛みつかれると思わぬケガにつながることもあります。しつけ次第ではありますが、購入前にできるだけ気性が荒い個体を選ぶのは避けたいですよね。

「生後50日」がフレンチブルドッグの性格が形成される時期とされ社会化期とよばれています。社会化期に親犬から引き離されていると社会的行動を学ぶことができず、強い攻撃性を持ったり寂しさから心の病を引き起こしたりします。

性格の良い子犬を選ぶときには、生後50日以前に母犬から引き離されていないかを確認することをおすすめします。

「目を見たときに唸らない」「だっこしたときに暴れたり固まったりしない」といったポイントも、人によく懐く性格のフレンチブルドッグを選ぶには大切ですよ。

 

フレンチブルドッグの毛色は?

フレンチブルドッグ_3色
フレンチブルドッグはつややかな毛並みが特徴的ですが、被毛カラーには主に4種類あります。

茶系の「フォーン」、白系の「クリーム」、黒色のベースに他の差し色がポイントになっている「ブリンドル」、白色のベースにフォーンやブリンドルの斑点が混ざっている「パイド」です。

「パイド」が「クリーム」は人気のため、悪質な繁殖業者が好ましくない交配を繰り返している場合があるので注意してください。

遺伝子の組み合わせ的に「ブリンドル」が親犬のどちらかにいると遺伝子疾患を持つ子が生まれにくく、「パイド」同士を掛け合わせると色素の薄い子や遺伝子疾患を持つ子が生まれやすいです。

愛犬選びに遺伝性疾患を持たないことを重視する場合は、被毛カラーで選択することもおすすめですよ。

 

フレンチブルドッグの購入の際には「血統書」をもらおう

フレンチブルドック (4)

血統証明書は社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)によって発行され、両親から祖先まですべて同一の犬種(純血犬種)であることの証明になります。

フレンチブルドッグをブリーダーやペットショップから購入するときは、できるだけ購入を決める前に血統書をみせてもらってくださいね。

血統の優秀さを重視すれば価格は相場よりも高くなりますが、チャンピオン犬の血統を受け継いでいる個体を選ぶと、健康で飼いやすく性格も良い確率が高いです。

何か困った時にもブリーダーやショップの人が相談にのってくれますよ。

 

フレンチブルドッグを子犬から飼い始めたら、最低限のしつけも行おう

フレンチブルドッグ しつけ
そのかわいさに思わず一目惚れして飼ってしまいそうになるフレンチブルドッグですが、体つきや反応を見て健康で飼いやすい個体を選ぶことがとても大切ですよ。

「動きに活発さがある」「骨格がしっかりとしていて胸が広い」「歩き方に不自然さがない」「呼吸のしかたに違和感がない」「目が見えているか」「耳が聞こえているか」と質問することが大切です。

「飼いたい!」と思えるフレンチブルドッグに出会うことができたら、一緒に遊ぶことを楽しみながら最低限のしつけを覚えさせるようにしてください。

フレンチブルドッグはカワイイ見た目によらず、噛みつく力が強いので、しっかりと行動をコントロールするためのしつけを行ってくださいね。

ワガママになり手に負えなくなる可能性もあるので、「褒める時は大げさに褒める」「叱るときはきちんと叱る」とメリハリをつけてしつけをすることで、愛犬と充実した日々を過ごしてくださいね。