フレンチブルドッグの寿命や病気は?熱中症に注意?抜け毛は多い?

フレンチブルドッグはユニークな見た目によらず、こまめな健康管理が必要な繊細な犬種です。今回の記事では、フレンチブルドッグを飼う上で知っておきたい平均寿命、かかりやすい病気、健康管理のポイントをご紹介します。抜け毛が多いといわれるフレンチブルドッグに必要なブラッシングやシャンプーの頻度もお伝えします。

 

フレンチブルドッグの平均寿命ってどれくらい?

フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグの平均寿命は、10〜14歳程といわれています。マズルが短いことで呼吸器系の病気にかかりやすく、ほかの小型犬種に比べてやや短命な傾向にあります。日本では最高で20歳まで生きたフレンチブルドッグもいます。普段からかかりやすい病気の症状に気をつけ、必要な健康管理を行えば、20年近い時間を一緒に過ごせることもありますよ。

 

フレンチブルドッグを飼う上で気をつけたい病気は?

フレンチブルドック
フレンチブルドッグは、鼻ベチャな顔つきや胴体に比べて頭が大きいことから、病気にかかりやすい犬種です。フレンチブルドッグを飼う上で特に気をつけたい病気をご紹介します。

鼻腔狭窄(びこうきょうさく)

鼻の穴から続く「鼻腔」と呼ばれる空間が狭まってしまい、呼吸が苦しくなる状態です。フレンチブルドッグをはじめ、マズルが短い短頭犬種でよく見られます。

「鼻をグーグーとならす」「鼻水が飛び散る」「呼吸が苦しそうな素振りを見せる」「酸素が不足し舌が紫色になる」といった症状が現れます。症状が軽い場合は、現状維持とすることがほとんどですが、症状が重く、呼吸困難な場合は外科手術を行って治療します。

 

口蓋烈(こうがいれつ)

上あごに亀裂が入ることで、呼吸や食べ物の飲み込みがうまく行えなくなってしまう先天性の病気です。交通事故や口内のやけどの結果、亀裂が入ってしまうこともあります。

「くしゃみをよくする」「ご飯がうまく食べられない」「口臭がひどい」「口から食べたものが鼻に抜ける」などの症状が見られます。外科手術による治療が必要です。子犬期に手術を行った方が治療がうまくいくことが多いので、子犬のうちにご飯をうまく飲み込めないなどの症状が見られた場合、早めに病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

アトピーをはじめとする皮膚病

フレンチブルドッグは、かゆみを伴う皮膚の疾患になることが多いといわれています。

「後ろ足で体を頻繁にかく」「何度も体を舐める」という症状がある場合、皮膚病になっている可能性があります。アトピーの場合は、春から秋は症状が悪化することが多く、事前のケアがとても大切です。皮膚病と疑われる症状が見られたら、できるだけ早く病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

その他にも、フレンチブルドッグがかかりやすい病気や先天性の疾患としては、「膿皮症」「膝蓋骨脱臼」「白内障」「眼瞼内反症」などがあります。病気にかかることが多い犬種なので、事前にペット保険を検討しておくのもおすすめですよ。

 

フレンチブルドッグは高温多湿による熱中症に要注意!

bulldogフレンチブルドッグを飼う上で最も気をつける必要があるのは「高温多湿な環境に身を置かせないこと」です。肌が薄く、呼吸機能が弱いフレンチブルドッグは暑さに弱いため、熱中症になって夏場に命を落としてしまうこともあります。気温の高い日はクーラーの効いた部屋に入れておき、散歩も昼間の暑い時間を避けるようにしてくださいね。とくに年齢を重ねたフレンチブルドッグは心肺機能が低下するので、注意が必要です。

 

フレンチブルドッグは抜け毛が多い?ブラッシングやシャンプーの頻度は?

タオル フレンチブルドッグ 気持ち良い
アトピーなどの皮膚病を防ぐためにも、ブラッシングやシャンプーといった皮膚のケアはとても大切です。フレンチブルドッグは抜け毛が多く、春や秋は驚くほど抜け毛が出るので、こまめにブラッシングをして抜け毛の除去をしてあげてください。

ブラッシングは毎日5分程度を目安に行うのがおすすめです。ラバーブラシで体を優しくブラッシングしてあげてくださいね。ブラッシングと合わせて、目の周りのたるんだ皮膚に汚れがたまらないよう、濡れたタオルで拭いてあげるのも重要です。

シャンプーは2週間~1ヶ月に1回のペースで行います。シャンプーやリンスのすすぎ残しや被毛の生乾きは皮膚病の原因になるので、シャンプー後はしっかり水洗いをし、タオルドライとドライヤーでよく乾かしてくださいね。