フレンチブルドッグの飼い方まとめ。性格、しつけ、標準体重や運動量は?

フレンチブルドッグは個性豊かな犬種で、人気のある犬種のひとつです。

この記事ではフレンチブルドッグの性格やしつけ、標準体重や運動量についてまとめました。これから飼うことを検討してる方におすすめの記事です。

 

フレンチブルドッグの歴史は?

犬 フレンチブルドッグ 素材

1800年代中頃にイギリスの小型ブルドッグがレース職人と共にフランスに渡り、そこでパグやテリアなどと交配されて誕生したとされています。

初めのうちはパリでネズミ捕りとして活躍していましたが、愛らしい外見からペット犬として人々に愛されはじめ多くの人に飼われるようになりました。

日本にフレンチブルドッグが来たのは大正時代で、昭和初期にはたくさんのフレンチブルドッグが飼育されていましたよ。

 

フレンチブルドッグの性格は?

フレンチブルドック (2)

フレンチブルドックの性格

  • 愛嬌があって活発
  • 時折頑固
  • 陽気でマイペース

フレンチブルドッグは愛嬌があって活発、その上、利口で賢い犬種といわれています。ブルドッグ本来の頑固さも持ち合わせていますが、そんな一面もフレンチブルドッグの魅力の一つかもしれませんね。

フレンチブルドッグはもともと19世紀半ばに、イギリスからフランスに渡った織物職人が一緒に連れて行き、バグやテリアとの交配によって生まれた犬種です。闘犬としての過去を持つブルドッグを原種とするため運動神経が高いですが、パグやテリアとの交配によって闘争心が穏やかになり、愛嬌のある性格のフレンチブルドッグが誕生したといわれています。

フレンチブルドッグはそのおどけた表情でいつもニコニコしながら、楽しそうにしています。あまり吠えることもなく、走りまわることも多くないため、室内犬として向いています。自分の存在をアピールをして周囲を楽しませ、友好的になろうとする高い社交的な性格の持ち主で、お家の中にいると名前を呼ぶこともなく、飼い主の足元にピタッと寄り添ってくる姿が愛らしい犬種です。

フレンチブルドッグには、ブルドック本来の頑固さもあると言われており、嫌なことでへそを曲げると呼びかけても全く反応しないこともあります。しかし、陽気でマイペースな性格であるため、ご飯の時間になるとすっかり忘れて、いつのも愛嬌を振りまいてくれます。おどけた表情と、たくさんの感情を見せてくれるところがフレンチブルドッグの性格の魅力といえるかもしれませんね。

飼育しやすい犬ランキングTOP10についてはこちら

 

フレンチブルドッグの特徴は?

フレンチブルドッグ_3色
フレンチブルドッグは運動神経が良い犬種でもあります。なかには100mを10秒程度で走る個体もいます。ちゃんとしつけができた後は、広いドッグランで思いっきり走らせてあげると喜びますよ。

 

フレンチブルドッグの標準的な体長、体重は?

フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグの標準的な体長は30cm程度、体高は28〜33cmです。室内で飼育するのに適したサイズといえます。標準体重は8〜10kg程度とされていますが、13kg程度まで成長する場合もあるため、10kgを超えていても肥満を心配する必要はありません。フレンチブルドッグは食べることが大好きなので、食事の管理には気を配ってあげてくださいね。

犬のダイエット方法について、詳しく知りたい方はこちら

 

フレンチブルドッグの毛色は?

犬 フレンチブルドッグ 素材

フレンチブルドッグの毛色

  • フォーン
  • クリーム
  • ブリンドル
  • パイド

フレンチブルドッグの主な被毛カラーは、「フォーン」「クリーム」「ブリンドル」「パイド」の4種類です。

色の濃淡や模様の入り方にも違いがあり、一つとして同じものはないのでお気に入りの被毛タイプを持つ伴侶を見つけてくださいね。

フレンチブルドッグの毛色について、もっと詳しく知りたい方はこちら

 

フレンチドッグに適した運動量は?

フレンチブルドック_拭く_タオル
フレンチブルドッグを選ぶ方には、散歩がほとんど不要だと考えているかもしれませんが、1日に30分以上の散歩をさせてあげることをおすすめします。ただ、適切な運動量は個体によって違うので、どの程度の距離を歩くと疲れるのかを見極めることが重要になってきます。飼い始めのころは時間を計りながら、どれくらいの散歩時間が適切なのかを見極めてあげてください。フレンチブルドッグは皮膚が薄く気温の変化に弱いので、夏の散歩は涼しい早朝に、冬に散歩をするときは服を着せるといった工夫を凝らしてあげてくださいね。

フレンチブルドッグの散歩方法や注意点について、詳しく知りたい方はこちら

フレンチブルドッグにおすすめの首輪・ハーネスについてはこちら

 

フレンチブルドッグを飼うには?ブリーダー?里親?

犬 フレンチブルドッグ 素材

フレンチブルドッグの入手方法は、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」の3種類です。

手軽に購入できるペットショップ、多少の手間はかかるもののアフターケアが万全なブリーダー、無料で引き取れることが多い里親など入手経路は様々ありますよ。

ご家庭の事情に合った方法で、パートナーを迎え入れてあげてくださいね。

フレンチブルドッグの販売価格について、詳しく知りたい方はこちら

それぞれの入手方法のメリットやデメリット、注意点に関してはこちら

 

フレンチブルドッグをしつけるときの注意点は?

フレンチブルドック_お手
フレンチブルドッグのしつけ方で重要なポイントは2点あります。1つ目に飼い主がリーダーであると教えてあげることです。フレンチブルドッグは愛らしい犬種なので、甘やかしてしまうこともあるかもしれませんが、叱るときは厳格な態度で叱らなければ、飼い主がリーダーだと認識しなくなってしまいます。2つ目に指示の言葉を統一することです。頭が良いといわれるフレンチブルドッグも人間ほど言葉を理解できるわけではないので「ダメ」や「マテ」といった命令の言葉は統一してあげると意思疎通がしやすくなりますよ。

 

フレンチブルドッグの食事のケアは?

犬 フレンチブルドッグ 素材

フレンチブルドッグは皮膚が弱いため、アレルギー性皮膚炎や細菌による皮膚感染症を起こしやすい犬種です。

健康的な皮膚づくりに繋がるフード選びをしてあげることが大切だといえます。

また、食欲旺盛で肥満になりやすいことから、高タンパク低炭水化物のフードを選んであげることも忘れないで下さいね。

フレンチブルドッグにおすすめのフードや、生涯の餌代についてはこちら

 

フレンチブルドッグの気をつけたい病気は?

犬 フレンチブルドッグ 素材

フレンチブルドッグが最も気をつけなければならない病気は、「ヘルニア」です。

ヘルニアの中でも椎間板ヘルニアになりやすく、発症すると運動失調や麻痺によって自力でのトイレができなくなってしまうこともありますよ。

フレンチブルドッグが患いやすいヘルニアについて、詳しく知りたい方はこちら

 

フレンチブルドッグの寿命は?

犬 フレンチブルドッグ 素材

フレンチブルドッグの平均寿命は、10~14年ほどといわれています。

呼吸系の病気を患いやすいことから短命傾向にありますが、20歳まで元気に過ごしたフレンチブルドッグも日本にいましたよ。

フレンチブルドッグの寿命や病気について、詳しく知りたい方はこちら

 

自分に合ったフレンチブルドッグを

犬 フレンチブルドッグ 素材

愛嬌のあるフレンチブルドッグは飼い主も楽しくなるような振る舞いをします。

人間と同じで性格もそれぞれ違うので、飼い主や家族の雰囲気に合ったフレンチブルドッグを探してみてください。フレンチブルドッグの性格や飼い方を理解し、愛犬との暮らしを満喫してくださいね。

 

フレンチブルドッグのブリーダーさんをお探しの方へ

フレンチブルドック (4)

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のフレンチブルドッグのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のフレンチブルドッグの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。フレンチブルドッグは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在フレンチブルドッグの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。