犬のサプリメント、プロテインの効果やおすすめは?人間用はいけない?

筋肉増強やダイエットに欠かせないプロテイン。

日頃から愛飲している方も多いと思いますが、人間用だけでなく犬用のプロテインもあることをご存知でしょうか。

この記事では、犬のプロテインについて効果やおすすめをまとめました。

 

プロテインの効果は?

犬 筋肉

プロテインの摂取で期待される効果

  • 成長補助

プロテインとは、「タンパク質」のことで、糖分などの炭水化物や脂質と同じで生きていく上で大切な栄養素の一つです。

被毛や骨・血管・筋肉などの体の器官を作る材料になるだけでなく、走ったりするときに消費されるエネルギー源としても重宝されます。

また、タンパク質の効果的な摂取と運動を併せて行うことで、「生活習慣病やヘルニアなどの病気予防」「寝たきり・老化防止」「関節炎・靭帯損傷などの怪我防止」「小型犬の膝蓋骨脱臼予防」も期待できますよ。

 

プロテインを含むサプリメント、犬にはなぜ必要?

犬 疑問

タンパク質は犬が最も必要とする成分であり、人間の4倍以上の量を必要としています。

犬が必要とするタンパク質は総合栄養食のドッグフードから十分に摂取することはできますが

摂取できますが、毎日の食事にプロテインをプラスしてあげることで犬が必要としている量を確保してあげることが大切です。

ただ、タンパク質を過剰摂取は尿結石を発症する原因になることもあるので注意が必要ですよ。

 

「プロテイン」のサプリメントを取らないと愛犬はどうなるの?

犬 肉

タンパク質不足で起こりうる症状

  • 筋力の低下
  • 免疫力の低下
  • 基礎代謝の低下
  • 毛並みや毛ヅヤの悪化
  • 皮膚病疾患

タンパク質が不足すると、「筋力の低下」「免疫力の低下」「基礎代謝の低下」「毛並みや毛ヅヤが悪くなる」「皮膚病疾患」などの症状が見られます。

上記の症状を発症しているにも関わらずそのままにしておくと、体の色々な機能に影響が出るだけでなく様々な病気を発症する原因になることもありますよ。

ただ、腎臓に障害がある犬の場合はタンパク質の制限がかけられていることがあるので、プロテインを与える前に獣医さんとしっかり相談をするようにしてください。

 

犬に人間用プロテインはいけない?

プロテイン

結論から言えば、犬に人間用のプロテインは与えない方がいいです。

人間用のプロテインに使われている主なタンパク質は、動物由来の「ホエイ」「カゼイン」、植物由来の「ソイ」の3種類です。

このうち「ホエイ」「カゼイン」は牛乳由来のタンパク質であり、「乳糖」という成分が含まれています。乳糖は犬にとって分解しにくい成分で、犬によっては下痢や軟便などの不調を起こしてしまう恐れがあります。

また「ソイ」は大豆由来のプロテインなので乳糖は含まれていませんが、大豆アレルギーを引き起こすことがあります。

牛乳を飲んでもお腹を下すことのない場合や、大豆アレルギーを持っていない場合は人間用のプロテインを与えても問題はないですが、少しでも不安があるならば犬用のプロテインを与える方が好ましいです。

 

 

プロテインが含まれる犬のおすすめサプリメント:WAN+シリーズ オールサポートサプリメント

フード画像余白編集.pptx (8)

基本情報

サプリ名WAN+シリーズ オールサポートサプリメント
原材料プロテイン,煮干し,天然エキネシア抽出物,あおさ海苔,キャロブ粉末,天然アセロラ粉末,乳酸菌
内容量70g
税込価格4612円
形状粉末

 

成分値(70gあたり)

タンパク質35.54g
脂質2.57g
炭水化物11.92g
ナトリウム478.3mg
鉄分6.07mg
カルシウム484mg
ビタミンC15mg
ナイアシン5.18mg
DHA166mg
EPA87.8mg

 

タンパク質35.54g内に含まれるアミノ酸16種

アルギニン1800mg
リジン1530mg
ヒスチジン630mg
フェニルアラジン&チロシン2250mg
ロイシン1980mg
イソロイシン1170mg
メチオニン&シスチン660mg
バリン1200mg
アラニン1020mg
グルシン990mg
プロリン1500mg
グルタミン酸5100mg
セリン1260mg
スレオニン930mg
アスパラギン酸2670mg
トリプトファン3360mg

 

おすすめポイント

必須アミノ酸を含むプロテインだけでなく、消化吸収を助け腸内環境を整えてくれるプロバイオティクスも配合されている、愛犬の栄養を総合的にサポートしてくれるサプリメントです。

粉末タイプなので、ドッグフードに振りかけるだけで不足しがちな栄養が手軽に摂取できますよ。

 

犬のサプリメント「プロテイン」はどんな犬におすすめ?

素材 疑問

犬は肉食動物なので全ての犬種がタンパク質を必要としていますが、「子犬」「老犬」「パフォーマンス犬」は特にタンパク質を必要としています。

 

子犬

通常の補充と細胞代謝以外にも、タンパク質は成長期の子犬の筋肉とその他の組織作りに必要なことから、成犬よりも多くのタンパク質を必要としています。

 

老犬

犬は歳を取るにつれて、栄養素を利用する能力が低下していきます。

タンパク質の体内貯蓄を維持するためにも、若い成犬よりも多くのたんぱく質を摂取する必要があります。

 

パフォーマンス犬

厳しいトレーニングを受けている犬にとって、タンパク質は欠かすことができない成分です。

低タンパクを与えている犬のグループと高タンパクを与えている犬のグループに厳しいトレーニングを行ったところ、低タンパクグループは全頭負傷したのに対し、高タンパクグループは全く負傷がなかったとの研究結果が出ていますよ。

 

日々の食事でしっかり補給を

犬 素材

タンパク質は、犬にとって非常に重要な役割を担っている成分です。

ドッグフードを食べているだけでも一定量は確保できますが、不足する場合もあるので日々の食事に足してあげることが大切だといえますよ。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。