犬の血尿、症状と原因を解説!考えられる病気と対処法は?

犬の「血尿」は、見た目で判断しやすい場合とそうでない場合があります。おしっこに血が混ざっていると、心配になりますよね。血尿は病気の前触れです。愛犬の不審な行動や症状を把握し、病気の早期発見・治療につなげたいものです。

この記事では、犬の血尿についてまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

犬の血尿、どんな症状?

犬 素材

血尿は、おしっこに血が混ざっている状態です。真っ赤ではっきりとわかる場合もありますが、ピンクやオレンジ、茶色のこともあります。ペットシートの元の色が濃かったり、血尿の色が薄かったりすると気づかないこともあります。

 

血尿と同時に起こりやすい症状

症状

  • トイレの回数が増える
  • トイレの時間が長くなる
  • 陰部を気にする

血尿と同時に、よく見られる行動があります。何度もトイレに行く、トイレの時間が長くなる、陰部を気にするなどです。これらの行動が見られたら血尿を疑い、白いペットシートへの変更やトイレ後に白いティッシュペーパーを押し当てて、確認してみるといいですよ。

 

犬の血尿、原因は?

犬 かわいい funny

血尿の原因

  • 尿路結石
  • 膀胱炎
  • 中毒
  • 感染症

犬に血尿の症状が出る場合は、病気や中毒が考えられます。結石(膀胱結石、尿路結石)や膀胱炎といった病気を発症してしまうと、血尿が見られます。熱中症が重症になった場合にも血尿が出ますよ。犬が口にすると危険なものを食べて中毒になった場合や感染症になった場合にも血尿が出ます。

 

原因その1:尿路結石

尿路結石は肝臓や膀胱で作られた結石が尿道に詰まってしまう病気です。オス犬に多い病気で、発症初期から慢性期まで血尿が続きます。肝臓や尿管、膀胱に病変が発生し、血尿が起こります。

愛犬の尿路結石におすすめなドッグフードについて詳しくはこちらの記事です。

 

原因その2:膀胱炎

膀胱炎の原因

  • 細菌感染
  • 寄生虫
  • 腫瘍
  • 前立腺肥大

膀胱炎は、膀胱に尿が溜まった時に痛みを生じる病気です。多くは細菌感染が原因ですが、寄生虫や腫瘍が関係していることや前立腺肥大の末期に併発されることもあります。発症すると多飲多尿になり、進行すると血尿になることがあります。膀胱炎の場合は、排尿時に最後だけ血尿が出ることがあります。膀胱の粘膜にある赤血球からの出血が要因です。

慢性化して「腎盂腎炎」や「尿道結石」を併発することもありますよ。

犬の膀胱炎について詳しくはこちらの記事です。

 

原因その3:中毒

中毒の原因

  • 玉ねぎ
  • チョコレート
  • 殺虫剤
  • タバコ

玉ねぎやチョコレート、殺虫剤やタバコなどを誤飲・誤食してしまうことで中毒症状を引き起こしてしまいます。血尿のほか、嘔吐や下痢、痙攣、元気喪失などの症状がみられます。犬に有害な「アリルプロピルジスルファイド」という成分が、赤血球を破壊してしまうため血尿になってしまいます。

犬が食べてはいけないものについて詳しくはこちらの記事です。

 

原因その4:感染症

感染症

  • フィラリア
  • バベシア症

フィラリア急性症やバベシア症といった感染症では血尿の症状が見られます。

フィラリア

フィラリアは蚊によって媒介される感染症です。犬の心臓に寄生して循環器・呼吸器・腎・肝に障害を起こします。血尿の他にも咳のような症状が出ます。

毎月1回予防薬を飲ませるだけで簡単に予防することができます。

 

バベシア症

バベシアはマダニによって媒介される原虫で感染症を起こします。赤血球に寄生して、血尿の他に重度の貧血や発熱などの症状を引き起こします。

抗生剤を使って増殖を抑え、愛犬の体力の回復を待ちます。症状が無くなっても原虫が体内に潜んでいる場合があるので油断は禁物です。

 

犬の血尿、発症しやすい犬種はいる?

ミニチュアシュナウザー 

発症しやすい犬種

  • ミニチュアシュナウザー
  • ミニチュアダックスフンド
  • ブルドッグ
  • ダルメシアン

ミニチュアシュナウザーやミニチュアダックスフンド、ブルドッグ、ダルメシアンなどは、膀胱炎の好発犬種です。犬種に関わらず、「神経質な犬」や「老犬」、「去勢・避妊手術をしていない犬」は、血尿や似た症状が現れやすいですよ。

 

犬の血尿、発症してしまった場合の対処は?

犬 病気 素材

尿路結石

尿路結石は、症状の悪化や命に関わる合併症を引き起こす恐れがあるため、早期治療が大切です。しかし、初期段階では症状がそれほど大きくないため、飼い主さんが気づかないことも多いです。排尿時に少しでも異変に気づいたら、早めに動物病院へ連れて行くことがおすすめです。
初期段階であれば、内服薬と食事療法で対処しますよ。結石が小さい場合には、点滴などで水分を入れ、尿量を増やすことで排出させるほか、カテーテルで尿道を洗い流すこともあります。大きい結石の場合や症状が悪化して緊急性がある場合は、外科手術で取り除く必要があります。

 

膀胱炎

血尿が出たら、愛犬をよく観察してください。陰部を気にする仕草があるか、元気はあるか、お腹を痛そうにしていないかなど、普段と様子がおかしいと感じる点を確認しておきます。動物病院で説明できるようにしておくといいですね。可能ならば、尿を容器などに移して病院に持参すると、すぐに検査ができます。
膀胱炎は、悪化すると尿道結石になってしまうこともあるので、深刻化する前に早めの受診をおすすめします。

 

中毒

誤飲・誤食をした場合は、小腸に到達する前に吐き出させることが重要です。ただし、吐き出させようと水などの液体を飲ませることはしてはいけません。中毒の原因が残っていれば、すぐに片付けます。チョコレートなど、被毛に付着している場合は、舐めてしまう前に取り除いてください。すぐに動物病院へ行き獣医さんに処置してもらうことをおすすめします。

タバコを例に、犬の中毒について詳しくはこちらの記事をご確認ください。

 

感染症

感染症の治療には、まず原因となる菌やウイルス、原虫の特定が必須です。動物病院に連れていき診断をしてもらいます。それから、原因によって薬物治療を行うのか外科手術を行うのか等の治療方針が決定されます。

 

犬の血尿、どんな検査が必要?

犬 病気 素材

検査

  • 尿検査
  • 造影検査(MRI,CT)、X線検査
  • 血液検査

検査1:尿検査

血尿ならば、尿を検査しないわけにはいきません。尿にウイルスや寄生虫が含まれていないかを顕微鏡で調べます。

 

検査2:造影検査(MRI、CT)、X線検査

体内の見えない部分は、特殊な撮影を行って透明化し、異常を確認することができます。膀胱炎の場合は、エコー検査によって膀胱や腎臓の様子を観察し、結晶や結石の有無を確認します。

 

検査3:血液検査

重症の膀胱炎だと全身に症状が見られることがあります。腎臓などが心配な場合は血液を採取し、調べることがあります。

 

犬の血尿、予防するには?

犬 素材

犬の不調や多くの病気を防ぐには、普段からの健康・食事・環境の適切な管理が大切です。愛犬に合った運動量や食事スタイルを心がけてくださいね。犬の散歩は、運動であり気分転換になるので大事です。たまにコースを変えてみると愛犬のストレス解消になりますよ。

総合栄養食では十分な栄養をまかなえないことがあるため、不足分はサプリメントなどで補うことができますよ。肥満は病気のもとですから、愛犬にせがまれても、必要以上に餌やおやつを与えないよう気をつけてください。

中毒や感染症は、飼い主さんの配慮次第で、大幅に発症リスクを抑えることが可能です。犬に与えてはいけない食べ物や植物、薬品などは、愛犬の口に入らないような工夫をして、誤飲・誤食を防ぎます。また、感染症予防には、ワクチン接種やマダニ予防をおすすめします。

 

犬の血尿、予防におすすめなサプリメントはある?

犬 素材

血尿の予防には、血尿の原因となる病気である尿路結石の予防が肝になります。

尿路結石の予防にはビタミンCの摂取が効果的です。尿路結石の予防にはサプリメントではなく日頃の食事から気をつけることがおすすめです。尿路結石の予防に効果的なドッグフードをこちらの記事で紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

 

愛犬をよく知ろう!

犬 かわいい

日頃から愛犬とよく遊び、コミュニケーションを取ることはとても大事です。愛犬の性格や好みを知ることで、ストレスを減らすことができ、病気の早期発見になります。

また、愛犬の犬種についても、詳しく把握しておくことで、かかりやすい病気や適切な運動量、食事量がわかるので、日頃から生活スタイルの工夫ができ、病気の予防にもなりますね。