【#ペピLIFE】猫のそばこと私のアメリカ西海岸生活⑱

カリフォルニア

この記事は連載記事です。

アメリカ西海岸カリフォルニア州在住の「いつか」さん夫婦と、飼い猫「そばこ」の生活の様子をご紹介しています。

そばこといつかさんの夏を過ごし方、覗いてみましょう(^^)

第1~17回をまだお読みでない方は、特集リンクから移動できます。

 

 ブラシを試行錯誤…

もう八月になったのでそばこの抜け毛の量も落ち着いてくるのが今か今かと待っていたのですが、抜け毛の量が減る気配はまったくありません。

とくにどこかの毛が薄くなっているということもないので、季節の変わり目の抜け毛というよりはそもそもたくさん毛が抜けるタイプだったということのようです(^-^;)

飼い始めてすぐくらいに猫用ブラシを買ってたまにブラッシングしていますが、あまり効率的にとれている感じがないので最近新しいブラシを買って試しています。

最初にダイソーでゴムで出来た犬用の柔らかい手にはめて使うブラシを買ってみたところ、最初は特に気にする様子もなかったのですがしばらく使っていたところ、なんとなく嫌いになってしまったようで、使っているとすぐにふいっと別の場所に移動してしまうようになりました。

ちなみにカリフォルニアにはダイソーがいっぱいあります。
1.5ドル均一(日本円だと165円くらい)とちょっと割高ですが、日本とまったく同じ商品がたくさん置いてあって、日本人にもそれ以外の国の人にも大人気です。

ゴムのブラシはダメだったので何か別のものを…と探していて、ついに近所のターゲット(家具・家電からコスメ・生活用品までなんでも売っている日本のヨドバシカメラ的量販店)で新しい猫用ブラシを発見しました。

IMG_20170807_191654

刃の部分が金属でできていて固く、切込みが深いのでたくさんの毛を一気に取ることができます。

幸いそばこさんもこのブラシは気に入ってくれたようで特に問題なくブラッシングさせてくれます。ものすごい量の毛が取れるので、もう少し溜まってきたら抜け毛で作った帽子第二弾の制作が楽しみです。

 

やっぱり狭いところが好き!

このブラシを購入した翌日ルンバを起動したところ、途中からガタガタと変な音がするようになっていまいました。

そばこを飼い始めてからカーペットについた抜け毛の量が多く、ゴミが溜まりすぎて途中で止まってしまうこともありましたが、ついに中の部品が歪んでしまったようでもう直せなくなってしまいました…。残念。
夫が四年前にアメリカに来たときに別の方から譲ってもらったものでだいぶ年季も入っていたので、新しいものを買うことにしました。

アマゾンで購入した新しいルンバが届くと、早速空き箱に入りながら設定の様子を見守っていました。

IMG_20170807_200523

 

ちなみに同じ日に定期購入している猫砂も届いたのですが、箱に入った緩衝材を捨てている隙にすかさず緩衝材が入っていた隙間にも入っていました(笑)

IMG_20170806_135949

 

しみじみと感じる成長。

今回お亡くなりになった先代のルンバは、そばこが家に来た頃に窓際においていたところ、窓枠の上までのぼれないそばこが踏み台代わりにしていたものです。
s_IMG_20160906_220439

窓に登ろうとしてスタートボタンを踏んで勝手にルンバを起動させたりしていたので、その後ルンバは別の場所に移動して、その後しばらくは『ゴルゴ13さいとう・たかをセレクション』という分厚い本を代わりに設置していました。

s_IMG_8402

いつのまにかそばこは当時の三倍近いほど体重が増え、身体能力も大幅にアップして、窓枠よりも随分高いキッチンのシンクのところまでも助走なしの一発ジャンプで乗れるようになっています。