猫の糖尿病、原因と症状、治療は? 末期はどうなる?完治は可能?

糖尿病は多くの人を悩ませる生活習慣病ですが、人と同じように猫も糖尿病になってしまうことがあります。

今回の記事では、猫の糖尿病の原因・症状・治療方法、末期症状や完治が可能かどうかについてご紹介します。

 

猫の糖尿病、どんな病気?

猫_病気

糖尿病は、インスリンと呼ばれるホルモンがすい臓から十分に分泌されなくなったり、インスリンに対する体の反応が鈍ったりすることで血糖値の高い状態が続いてしまう代謝異常です。

インスリンは、糖類を細胞の中に取り込む働きをするホルモンなので、インスリンが機能しなくなると体を動かすエネルギーを作り出すのに必要な糖を取り込めなくなってしまいます。

その結果、糖が血液中にたくさん残った状態になり、尿の中にも糖が含まれるようになってしまうのです。

 

猫の糖尿病、原因は?

猫の糖尿病には、糖尿病の症状が一時的に出る場合と、慢性的に糖尿病になる場合の2つがあります。

はっきりとした原因は分からないことが多く、いくつかの要因が重なって発症すると考えられています。「肥満」「長期間のストレス」「膵臓の病気」「薬の影響」「遺伝的疾患」「自己免疫疾患」などが要因とされています。

また、老化に伴う「内分泌機能の低下」「運動量の低下」によっても糖尿病の発症リスクは上がるといわれており、9歳を超えた老猫は特に発症しやすい傾向にあります。

 

猫の糖尿病、症状は?末期になるとどうなるの?

猫_リラックス
猫の糖尿病の典型的な症状は「水を飲む量が増えておしっこの量が多くなる」「頻繁にごはんを食べたがる」「たくさん食べているのにやせてしまう」といったものがあげられます。

猫の糖尿病は重症化すると、脂肪をエネルギー源として使うようになり、ケトン体という毒性物質が体内で合成されてしまいます。また、白内障などの合併症を起こすこともあります。

その結果現れる末期症状は、「急激にやせる」「ふらふらして元気がなくなる」「目が白濁してくる」「合併症を起こして体の一部が麻痺する」といった症状です。最悪の場合、命に関わることもあります。

 

猫の糖尿病、治療はどうするの?完治はする?

猫_病気_震え

猫が糖尿病になった場合、基本的にインスリンを投与し、糖を体内に取り込めるようにする治療を行っていきます。

インスリン投与に加え、糖の吸収をコントロールしたゴハンに切り替えるといった食事療法も行い、肥満の解消と体内に取り込む糖の量のコントロールをしていきます。

一時的な糖尿病の場合、自宅での食事療法で回復することもありますが、慢性的に糖尿病の症状が続く場合は、病院でのインスリン治療と自宅での食事療法が欠かせません。

完治は難しいですが、治療を続けることでインスリン投与が不要な状態まで回復することもあるので、食事療法・生活スタイルの改善は続けてあげてくださいね。

 

猫の糖尿病、食事療法におすすめなフードは?

「イモ類」を含むキャットフードがおすすめといえます。

イモ類はゆっくりと消化される腹持ちのよい食材です。様々な食材に含まれる「デンプン」は体内で糖分に分解されるため、食事量が過剰にならないように気をつけることが大切です。

食事療法は、直接的に糖尿病を改善できるものではありませんが、「悪化させない」ためのサポートをすることはできます。

今すぐ愛猫の食事を変えたい方には、原材料にさつまいもを含むプレミアムキャットフード「モグニャン」がおすすめですよ。

モグニャンキャットフード
商品名モグニャンキャットフード
内容量1.5㎏
特徴100%無添加、白身魚63%以上、グレインフリー(穀物不使用)、愛猫が喜ぶ香り
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 \ このおトクさは今だけ! /
 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

日頃の予防と早期治療が大切

草原の猫
猫の糖尿病を防ぐためには、猫に運動をさせ、食事を適量に保つことで肥満にならないようにすることが大切です。

おやつの量も飼い主がきちんとコントロールし、おやつを与えすぎた場合には主食の量を減らすように気をつけてくださいね。猫は犬に比べると糖尿病になる可能性は低いといわれていますが、一度なってしまうと猫も飼い主も大変な思いをします。

日頃の生活に気をつけて肥満を防止するとともに、少しでも糖尿病と疑わしい症状が見られた場合にはできるだけ早く病院に連れて行ってあげてくださいね。