犬の夏バテ、症状と対策は?なりやすい犬種は?予防は?

汗をかかないことや全身が毛で覆われていることから、犬は暑さに弱いことは有名です。夏には人間同様、犬も夏バテになりますよ。この記事では犬の夏バテの症状や対策、なりやすい犬種、予防法をまとめています。

 

犬の夏バテの症状は?

犬_暑い_夏

夏バテの症状

  • 歩くスピードが遅くなる
  • 元気がなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 睡眠時間が増える
  • 下痢や嘔吐、軟便をする

犬の夏バテの症状は人間に似ていますよ。それぞれ詳しく解説しています。

 

歩くスピードが遅くなる

犬 かわいい

散歩のときにみられる症状です。暑い気温に加えてアスファルトの温度も上がっているため、いつもは散歩好きな愛犬でも足が止まったり歩くスピードがのろのろと遅くなったりします。

特に真夏の昼間は「熱中症」になるリスクも高いです。

 

元気がなくなる

犬 かわいい

夏バテの症状は野外だけでなく室内でも起こります。室内で、元気がなくなってぐったりとしてしまいます。飼い主さんのもとに走って近寄ることも、おもちゃで遊ぶこともしたくなくなるのです。

 

食欲がなくなる

犬 かわいい

元気だけでなく食欲もなくなります。ゴハンを見ても喜ばなかったり、ゴハンのにおいをかぐけれど食べなかったりと食欲不振の症状がみられます。

「いつも食べているドッグフードを急に残すようになる」「ご褒美のおやつも食べなくなる」といった食欲に関する症状が夏に限って起こる場合、夏バテしている可能性が高いですよ。

 

睡眠時間が増える

犬 かわいい

元気がなくなりご飯も食べたくないので、愛犬は室内でやることがなくなってしまいます。結果「睡眠時間」が増えるのです。運動・栄養不足が懸念されるので、長期間この症状が続く場合は注意が必要です。

 

下痢や嘔吐、軟便をする

犬 かわいい

普段通りの食事・運動ができない状況が続くと愛犬は体調を崩してしまいます。「下痢」「嘔吐」を繰り返したり、柔らかい便が出てきたりすることもありますよ。

 

愛犬の夏バテに気づくポイントは?

犬 かわいい

夏バテに気づくポイント

  • 春先と比べてどうか

上記でまとめた症状が犬の夏バテに代表されるものですが、必ずしも夏バテとは言い切れません。

例えば老犬の場合、夏バテでなくても睡眠時間は多いですし食欲も日によってまちまちです。また生まれたての子犬の「下痢・嘔吐・軟便」はさまざまな環境要因で引き起こる可能性があり、一概に夏バテのせいとは断言できないのです。

「春先に比べてどうか」が夏バテの症状を見分けるポイントです。4~6月ごろには見られなかった症状が、夏になって急に現れたら「夏バテ」である可能性が高いですよね。

普段から愛犬のことを細部まで理解してあげようとする気遣いが、夏バテや重篤な病気の早期発見に繋がる大切な心構えといえますね。

 

犬の夏バテ、対策は?

犬_水

夏バテの対策

  • 十分な水分補給
  • ゴハンの工夫
  • 室内の温度調節
  • 散歩時間・場所の工夫

 

 

十分な水分補給

犬 かわいい

夏バテに一番有効なのはやはり「水分補給」です。夏の暑さで体力を消耗しているため、まずは新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげる環境作りからはじめてください。

一般的に成犬には1日1.5Lの水分補給が必要です。犬用の水飲み皿では3~4杯分ですよ。水に「スポーツ飲料」を小さじ一杯程度入れてあげるとミネラル不足解消にもなるのでおすすめです。

 

ゴハンの工夫

犬 かわいい

ゴハンを食べないと体力が低下し夏バテになりやすくなります。例えばいつもあげているゴハンがドライフードの場合、水分量が少ないことが食べない原因かもしれません。水分含有量が80%を超える「ウェットタイプ」のドッグフードに切り替えれば食欲が戻ることがあります。

与えるドッグフードの種類を変えることはリスクでもありますが、全く食べない場合には仕方ありませんよね。普段食べているお気に入りのドライフードの上に、水分を多く含むウェットタイプのフードをかけることも有効な食欲対策です。

おやつとして、水分が多いトマトやキュウリ、スイカを与えるのもおすすめですよ。食事と一緒に水分も補給できるように工夫してあげることが第一です。

 

室内の温度調節

犬 かわいい

せめて室内だけでも涼しい環境を整えてあげてください。外の暑さに慣れるには、室内の温度を快適にしてあげると効果的ですよ。

あまりに寒すぎると体長を崩しかねないので、部屋の大きさにもよりますがエアコンは「冷房28℃」ほどが理想的です。愛犬がよくいる部屋には扇風機も用意しておくとさらに快適です。

 

散歩時間・場所の工夫

犬 かわいい

暑い時期、外気や直射日光の他に、犬はアスファルトの照り返しの影響も受けます。普段は日中に散歩をしている方も、夏場暑い日は「夕方」の時間帯がおすすめです。日の照っていない「朝方」も良いですね。

また散歩コースもアスファルトを極力避け、公園などの土のコースをに変えることをおすすめします。日向よりも日陰を歩かせるようにしてあげる配慮も大切ですね。

 

夏バテしやすい犬種は?

犬_シベリアンハスキー

夏バテしやすい犬種

  • ダブルコートの犬種
  • 短頭種の犬種

ダブルコートの犬種

犬_ポメラニアン_子犬

日本よりも涼しい気候が原産の犬種は夏が苦手です。「ダブルコート」といわれる二層構造の被毛をもつ犬種は、主に「寒さ」には強いですが暑さにはとても弱いのです。

「ウェルシュコーギー」「ゴールデンレトリーバー」「ボーダーコリー」「ポメラニアン」「シベリアンハスキー」「バーニーズマウンテンドッグ」「マルチーズ」「サモエド」「シーズー」などがダブルコートの代表的な犬種ですよ。

原産国が日本の「柴犬」や「紀州犬」「甲斐犬」もダブルコートの犬種なので暑さに注意が必要です。

 

短頭種の犬種

パグ 歴史

短頭種といわれる鼻(マズル)がつぶれた犬種は顔の形や鼻の穴が小さいため呼吸がしづらく、体温を下げるのが苦手なので暑さに弱いです。

「フレンチブルドッグ」「ボストンテリア」「ボクサー犬」「シーズー」「パグ」「狆(チン)」などが代表的な犬種です。

 

犬の夏バテ、予防方法は?

犬_泳ぐ
暑すぎる環境や、暑さと涼しさが混在するような環境は犬の体に負担がかかり夏バテになってしまいます。エアコンで涼しくするのは大切ですが、部屋を冷やし過ぎないようにしてください。

「飼い主さんがいない留守番中はエアコンがついていなくて、部屋にいるときはエアコンがついている」ような変化する環境も犬にはよくありません。

クールマットを利用したり、水浴びをさせたり、新鮮な水を飲ませる頻度を増やしたりするなどして、エアコン以外の方法も活用して体温調節をさせてあげてくださいね。夏バテ対策は初夏といわれる5月頃から準備をはじめてください。

 

犬の夏バテ。世話は普段以上に気をつけて!

犬_夏
夏バテの原因となる暑さ対策は犬自ら行うことができません。飼い主さんが気をつけて世話をしてあげられるかが夏バテ対策のポイントです。飼い犬のためにも夏は普段以上に、犬の世話に気を配ってあげてくださいね。