猫の尿路結石症の症状と原因、治療は手術?予防法、体験談は?

尿路結石症とは、腎臓から尿道へとつながる管に結石ができる病気です。

尿道が狭くて長いオス猫にみられることが多い病気ですが、メス猫でも発症することがあります。水をあまり飲まない猫、肥満の猫も尿路結石のリスクが高まります。

尿路結石の症状と原因、治療や予防法を確認してみてください。実際に飼い猫が尿路結石症になった飼い主の方の体験談も併せてまとめました。

 

猫の尿路結石症、症状は?

猫_ごろごろ
猫が尿路結石症になると、トイレの回数が多くなりますが、尿の量は減ります。排尿時に痛みで鳴き声を上げたり、トイレ以外で尿をこぼしたり、血尿が出たりなどの症状も見られます。

尿と一緒に砂状の結晶や結石が出て、トイレ砂がキラキラ光って見えたりすることがあります。尿路結石症は最悪の場合、尿道が塞がり尿毒症になることがあります。

尿毒症は命に関わる病気なので注意が必要です。

 

猫の尿路結石症の原因は?

猫_餌

食べ物に含まれているカルシウムや、マグネシウムなどのミネラルが尿の中で増えると結石ができ、尿路結石症の原因になります。

日頃から水を飲む量が少なかったり、尿のpHバランスが崩れたりすると結石ができやすくなります。

人間向けの塩分の多い食べ物を食べるのも尿路結石症の原因となりますよ。

 

猫の尿路結石症の治療は手術?

猫_病気_薬
治療は、症状に合わせて食事管理・投薬・手術のいずれかを行います。

軽い尿路結石症であれば、ミネラル分の少ない専用フードによる食事管理や、結石を溶かす薬を使いながら経過を観察します。点滴で体に水分を入れ、尿の量を一時的に増やして流す治療もあります。大きめの結石ができている場合は手術が必要です。

手術費は、入院や処方される薬も含め3~5万円程かかります。手術でも結石が取り除けないケースや、再発を繰り返すときは、尿道を短くする手術を行います。

 

猫の尿路結石症、おすすめの食事は?

猫 かわいい

食事管理はキャットフードを中心に行うと良いです。キャットフードには猫の発育に必要な栄養がバランスよく配合されているからです。

尿路結石症には「塩分」を抑えたキャットフードが特におすすめですよ。モグニャンキャットフードは塩分の含有が必要最低限に抑えられています。

現在オトクなキャンペーンも実施中ですので、愛猫のキャットフードの変更を検討中の方は以下をご確認ください。

 

モグニャンキャットフード
商品名モグニャンキャットフード
内容量1.5㎏
特徴100%無添加、白身魚63%以上、グレインフリー(穀物不使用)、愛猫が喜ぶ香り
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグニャンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

猫の尿路結石症、予防法は?

猫_トイレ
尿路結石症の予防法は、生活習慣の見直しです。

新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。水を飲む量が少ない場合は、運動させると適量を飲むようなってくれますよ。

食事はミネラル分の少ないフードを中心に与えるのがおすすめです。食事で注意が必要なのは、猫におねだりされて人間の食べ物を与えてしまうことです。人間の食べ物は猫にとって塩分が強すぎるので、絶対に与えないようにしてください。

猫が快適にトイレを使えるようにすることも併せて重要です。トイレを清潔に保つために頻繁に掃除していれば、異変に早く気づき対策がとれるので予防にもなりますよ。

 

猫の尿路結石症の体験談

猫_人

猫を飼い始めて数年、猫に与えて良いフードの知識が欠けていた飼い主の方。猫が欲しがるままに人間の食べ物を与えてしまってことが原因で、飼い猫は尿路結石症になりました。

はじめは、トイレで尿があまり出ずに苦しそうな表情をしたり、尿を床にたらしたりするなどの症状がでました。数日経つと、尿が全く出なくなり、お腹が膨れたように見え、触られるのを嫌がりました。

気になり動物病院に連れて行くと、尿管に詰まった結石が見つかり、緊急手術となりました。手術の内容は、ガスによる全身麻酔をかけた状態で尿道にカテーテルを通し尿道を洗浄するというもので、手術後は経過観察のため一泊入院しました。

その後、獣医師のアドバイスに従った食事管理などで尿路結石症が再発することはなく、無事完治することができました。

 

気になったらすぐに動物病院へ

猫_病気_病院

猫の尿路結石症は、症状が見てわかるようになったときにはかなり悪化しています。

普段から飼い猫をよく観察し、異常を感じたらすぐに動物病院を受診してください。フードの選び方や水をこまめにあげること、トイレを清潔に保つことも重要です。普段から予防できることをしてあげてくださいね。