日本にいるクワガタの種類まとめ。気になる生息地は?

クワガタの仲間は世界で約1,500種類が確認されており、そのうち60%以上が東南アジアに生息しています。

この記事では、日本にも生息している代表的なクワガタと生息地をまとめました。飼うときの参考にしてみてください。

 

日本にクワガタは何種類いるの?分類や特徴は?

クワガタ

日本に生息しているクワガタは何種類?

日本に生息しているクワガタの種類は、約13属40種前後と考えられています。

ただ、亜種まで含めると50種類以上になるとされていますよ。

 

世界中で生息しているクワガタは何種類?

カブトムシと同じように東南アジアやアフリカ大陸の熱帯域に多く生息しており、1400~1500種類にものぼるとされていますよ。

 

クワガタの分類

クワガタは分類学上8つの亜科に分類されており、多くはクワガタムシ亜科に属しているとされています。

市販されているクワガタは、クワガタムシ亜科やキンイロクワガタ亜科およびそれらに属する種類が多くを占めていますよ。

 

顎と歯の特徴

クワガタは体の大きな個体ほど大アゴが大きくなる傾向があります。

体長に比例して「大歯」「中歯」「小歯」の3種類に分けられていますよ。体が大きな個体ほど大歯になりやすく小柄な個体ほど小歯になりやすいといえますね。

短歯・長歯

短歯とはアゴの長さが短く出ること、長歯はアゴが長く出ることをいいます。

短歯・長歯がすべての種類に存在するのかは判っていませんが、アルキデスヒラタやノコギリクワガタの一部種類にみられます。

 

クワガタ幼虫のオスとメスの見分け方は?

見分け方

  • 雌班の有無
  • 腹部のV字
  • 頭幅の大きさ

オスとメスを見分ける方法として、「雌班(めすはん)の有無」、「腹部のV字」、「頭幅の大きさ」があります。

雌班はおしりから3節目にあるクリーム色で丸い一対の器官(卵巣)のことで、2令以上になったメスの幼虫であれば肉眼で確認することができますよ。

また、幼虫の腹部(2~3番目の間)に「V字」があればオスの可能性が高いと判断することもできます。3令になるとメスはオスに比べて大きくなるので、頭幅の大きさで判断することも可能です。

 

日本にいるクワガタ、人気の種類や生息地は?

クワガタ

「オオクワガタ」「ノコギリクワガタ」「ミヤマクワガタ」「コクワガタ」の4種類がよく知られていますが、国内には他にもたくさんのクワガタがいますよ。

 

オオクワガタ

shutterstock_217172107
日本にいる最大級のクワガタで、最も人気が高い種類です。日本全土、朝鮮半島、中国北東部に生息しています。がっしりとした体格のクワガタですが、性格は温厚で臆病なため飼育に適しています。冬眠を行い、長生きすることも特徴です。

「黒いダイヤ」と呼ばれ大流行しましたが、現在は価格も落ち着き飼育しやすくなりました。日本の野外では低い山や平地の広葉樹にいますが、見つけるのは困難なので、販売個体はほとんどが人工繁殖なのが現状です。

体長25~75mm
体の特徴幅広で質量感のある黒色のボディ
採れる場所低い山や平地の広葉樹
有効な採集方法ルッキング採集、灯火採集、冬眠期採集
活動期間5~11月
採れる時間帯夜間
分布日本全土

オオクワガタについて詳しく知りたい方はこちら

 

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ
ノコギリクワガタは名前の通り、ノコギリのようなギザギザのついた突起が特徴です。日本全土、韓国に生息しています。アゴの突起は成長するとともに力強くなり、立ち上がって威嚇する姿は凛々しくてかっこいいですよ。

平地から山地までの広葉樹の森林に幅広く生息しているポピュラーな種類で、数も多いです。郊外の小さな林でも捕まえることができますよ。

体長25~75mm
体の特徴ノコギリのようなギザギザのついた大アゴ
採れる場所平地から山地にかけてある広葉樹の森林
有効な採集方法灯火採集、木を蹴って落とす
活動期間5月下旬~9月下旬
採れる時間帯朝方~昼間(夜でも見ることはできる)
分布日本全土

 

ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ
「深山(みやま)」という名前の通り、標高の高い場所に生息するクワガタです。日本全土、中国、台湾、朝鮮半島に生息しています。涼しく適した湿度のある環境を好みます。鹿の角のような独特の突起と、こげ茶色のボディが特徴です。

夜行性のクワガタが多いなか、ミヤマクワガタは昼間に行動する性質があるため、採集は簡単です。人工飼育はやや難しく、温度と湿度の管理がポイントです。

体長30~78mm
体の特徴こげ茶色のボディ
鹿の角のような独特の突起
採れる場所標高が比較的高い場所
クヌギや濡れ、ヤナギ、ナラなどの木の枝状
有効な採集方法木を蹴って落とす、灯火採集
活動期間5月下旬~10月上旬
採れる時間帯朝方~昼間(夜でも見ることはできる)
分布日本全土

ミヤマクワガタについて詳しく知りたい方はこちら

 

コクワガタ

コクワガタ
コクワガタは小型で細長い体型をし、素早く動く姿が可愛らしいクワガタです。日本全土、中国、台湾、朝鮮半島に生息しています。産卵数が多く、小さなビンで簡単に飼育できます。アゴの力も比較的弱いため、クワガタ飼育が初めての方には最も適していますよ。

小型のクワガタではありますが、飼育下では中型サイズになることもあります。冬眠をして2〜3年間は生きます。

体長オス:17~54.4mm
メス:21.5~33mm
体の特徴細長い体型
採れる場所クヌギ、ニレ、ヤナギ、タブ、ナラなどの樹皮の裏やウロの中、葉っぱ、木の表面
有効な採集方法ルッキング採集、木を蹴って落とす、灯火採集、トラップ採集
活動期間4~10月
採れる時間帯18:00~20:00
分布日本全土

コクワガタについて詳しく知りたい方はこちら

 

ネブトクワガタ

体長30mm以下
体の特徴ほぼ黒色の体色
背中にある深いスジ
大アゴの根元にある内歯
採れる場所クヌギ、ニレなど(地域差あり)
有効な採集方法樹液採集、朽木割採集
活動期間4月下旬~9月下旬(地域差あり)
採れる時間帯早朝(薄暗い内)~夜間(日が沈んでから)
分布日本全土

 

オニクワガタ

オニクワガタ
体長オス:17~25.6mm
メス:16~23mm
体の特徴上に反り返った短い大アゴ
採れる場所やや標高の高いブナなミズナラの林(本州以西)
有効な採集方法灯火採集
活動期間7~9月
 分布北海道、本州(佐渡島を含む)、四国、九州

 

キンオニクワガタ

体長オス:20~38mm
メス:20~35mm
体の特徴直線的に長く伸びた大アゴ
大アゴの先端にある1対の内歯
採れる場所クヌギやコナラの樹液
有効な採集方法灯火採集
活動期間7~9月
分布九州(対馬)

 

オキナワマルバネクワガタ

体長最大で7cm前後
体の特徴艶がある黒色のボディ
あまり大きくならない大アゴ
有効な採集方法採集禁止
 分布沖縄

 

アマミシカクワガタ

体長最大で5cm前後
体の特徴鹿の角のようにL字型に湾曲した大アゴ
有効な採集方法採集禁止
 分布奄美大島、徳之島

 

ヒメオオクワガタ

ヒメオオクワガタ
体長オス:29~58mm
メス:26~42mm
体の特徴つや消しの黒色ボディ
大きく内側に曲がったアゴ
採れる場所ブナやヤナギの枝
有効な採集方法ルッキング採集、灯火採集、材割り採集
活動期間6月上旬~10月頃まで
採れる時間帯昼夜
 分布北海道、本州、四国、九州

 

ヤマトサビクワガタ

体長オス:15~25mm
メス:17~22mm
体の特徴体表面にある細かい毛
有効な採集方法採集禁止
 分布九州(佐多岬、徳之島)

 

スジブトヒラタクワガタ

スジブトヒラタクワガタ
体長オス:25~67mm
メス:26~37mm
体の特徴前羽にある多くのスジ
採れる場所椎の木、果実
有効な採集方法トラップ採集
活動期間4月下旬~10月
 分布九州(奄美大島、徳之島)

 

チョウセンヒラタクワガタ

体長オス: 24~54mm
メス:20~26mm
体の特徴ゆるやかにカーブした大アゴ
採れる場所低地にある広葉樹を中心とした雑木林
有効な採集方法果実トラップ
活動期間6~9月
採れる時間帯夜間
分布国内だと九州の対馬のみ

 

コルリクワガタ

体長オス:9~14mm
メス:8~12mm
体の特徴瑠璃色に輝くボディ
採れる場所乾燥気味の立ち枯れや倒木
有効な採集方法材割り採集
 分布本州(東北南部)~九州

 

マダラクワガタ

体長4~6mm
体の特徴卵型で頭が小さい体形
暗赤褐色~黒褐色でツヤが無い体色
金色の鱗片状の毛が生えている背面
採れる場所ボロボロになったアセビやサクラの朽木の中
有効な採集方法材割り採集
採れる時間帯昼間(材割り採集なので、時間帯は問わない)
 分布北海道~九州(伊豆諸島、佐渡島、対馬、屋久島も含む)

 

チビクワガタ

体長オス:9~16mm
体の特徴強い光沢のある黒色のボディ
先端がやや上に反った小さな大アゴ
採れる場所シイやクヌギ、サクラなどの朽木の中
有効な採集方法ルッキング採集、朽木割採集、灯火採集
 分布関東以南の本州(伊豆諸島を含む)、九州

 

マグソクワガタ

体長最大でも1cm前後
体の特徴全く成長しないアゴ
ツヤがない全身褐色のボディ
金色の毛が密集した背面
採れる場所目が細かい砂が堆積して流木がたくさん埋まっているような河川敷
有効な採集方法ルッキング採集
活動期間5~6月
採れる時間帯昼間
 分布日本全国

 

ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタ
体長オス :29~73mm
メス:28~41mm
 体の特徴急な角度で内に曲がる大アゴの先
大アゴの根元にある内側に向いた内歯
大アゴに並ぶ小さな歯(ない個体も存在する)
採れる場所山間渓流周辺の広葉樹の多い雑木林
有効な採集方法ルッキング採集、灯火採集、冬眠期採集
活動期間5~11月
採れる時間帯夜間
 分布北海道を除く日本各地

 

スジクワガタ

スジクワガタ
体長オス:15~37.8mm
メス:14~20mm
体の特徴黒色のボディ
ボディに入る縦のスジ
採れる場所標高の高い山地
有効な採集方法樹液採集
活動期間4月下旬~10月下旬
採れる時間帯夜(薄暗ければ昼に行動することもある)
 分布日本全土

クワガタの飼い方について詳しく知りたい方はこちら

クワガタの捕まえ方について詳しく知りたい方はこちら

 

クワガタ探しは慎重に

クワガタ

日本に生息するクワガタを6種類ご紹介しました。もし生息地にクワガタを取りに行く場合は、ケガをしないように採集してくださいね。

森や山に採りにいったり、ショップに見にいったりしながら、自分自身の好きなクワガタを見つけてみてくださいね。