ハリネズミの値段、種類は?ペットで飼うにはケージ・床材もいる?

ハリネズミを飼いたいと思っても周りに飼っている人が少なく、分からないことも多いのではないでしょうか。今回は、ハリネズミを購入するにあたっての値段の目安を紹介します。

ハリネズミの値段はもちろん、ハリネズミを飼う際に必要になってくる物の値段も紹介しますので、併せていくら位かかるのか、参考にしてくださいね。

 

ハリネズミの値段の相場は2.5~3万円

shutterstock_229399222

ハリネズミの値段は2.5~3万円くらいが相場です。種類や色、大きさ、飼育環境によって大きく異なりますが、安いところで約1万円、高いと約4万円するハリネズミもいます。

ペットショップやブリーダーから購入できますよ。なかにはハリネズミを専門で取り扱っているショップもあり、購入後もいろいろな相談に乗ってくれるところがおすすめです。

スタンダード(ソルト&ペッパー)やシナモンで1.5~2万円、アルビノやホワイト、パイドは少し高く2.5~3万円が目安です。

ハリネズミをペットとして飼うために必要なケージや床材などの値段は?

shutterstock_177428378

必要なグッズ

  • ケージ
  • 床材、敷材
  • 小屋
  • 冷暖房グッズ
  • おもちゃ
  • 餌入れ、水入れ

ハリネズミを飼うにあたって必要な物がいくつかあります。必要な物とその値段を紹介します。

 

ケージ:5000円

ハリネズミは他のハリネズミがいると、ストレスを感じたり喧嘩をしたりするので、基本1匹に付き1ケージ必要になります。ケージの大きさは、600×900mmが理想的な大きさとされています。

 

床材、敷材:1000円

床材にはたくさん種類がありますが、広葉樹マットがおすすめです。ハリネズミはトイレの場所をあまり覚えませんが、広葉樹マットはトイレの役割も担うことができる床材ですので便利ですよ。

また、うんちや尿を吸収して乾燥させる効果もあるので、ハリネズミが自分の排泄物で汚れることも少ないです。ハリネズミはにおいに敏感なので、床材を選ぶときは香りのある物を選ばないようにしましょう。ついつい消臭効果を気にして香りのあるものを選んでしまいがちです。

ヒノキの広葉樹マットは、アレルギーが出るハリネズミもいるので、購入の際に販売員・ブリーダーさんにヒノキが使われているかを確認し、もし使われているようだったら避けた方が無難ですよ。

 

小屋:2500円

ハリネズミはモグラの一種なので暗がりを好み、繊細でストレスを感じやすい性格からも、落ち着いて休める場所が必要です。隠れ家となるような小屋をケージの中に置いてあげましょう。

小屋の大きさはハリネズミの体2つ分ほどが理想的です。ウサギの隠れ家で代用することもできるのでペットショップで探してみてください。

 

冷暖房グッズ:5000円

ハリネズミを飼うには飼育環境を25度~29度に保つ必要があるため、冷暖房グッズは欠かせません。ヒーターはケージ全体を温めてくれるため、寒さ対策として有効です。ケージの下に保温シートを敷いてあげるのも、床からの冷寒対策になりますよ。

暑さ対策には、ひんやりボードと呼ばれる熱を逃がす板や大理石がおすすめです。床材の下に置いてあげましょう。

 

おもちゃ:2000円

ケージの中に入れっぱなしではストレスが貯まったり、運動不足になります。ハリネズミは夜行性の為、飼い主が常に相手にできないことも考えられるので、おもちゃを設置してあげましょう。

 

餌入れ、水入れ:1000円

餌入れはハリネズミが食べやすいように、底の浅い物を置きましょう。水は衛生面も考えて給水ボトルの設置をおすすめします。

 

餌:2000円/月

ハリネズミ専用フードを売っていますが、キャットフードやドッグフードも代用品とすることもできます。健康面や好みを考慮しながら選びましょう。

値段の安いハリネズミには注意

ハリネズミ

ハリネズミを飼う上でどれくらいのお金がかかるかイメージしてもらえたでしょうか?飼うために必要な物は、他の動物用を代わりに使えることもあるため、簡単に安く購入できるケースもあります。

ハリネズミを取り扱っているペットショップはまだまだ少ないので、インターネットでよく調べて、信頼できるペットショップから購入することをおすすめします。

特に、インターネットで1万円ほどで売られているハリネズミは、どんな飼育環境だったかを詳しく確認してくださいね。