市販の有名ドッグフード10種類を比較!おすすめは?値段と安全性の関係は?

ドッグヘルスアドバイザー・ドッグトレーニングアドバイザー・ドッグライフアドバイザーの資格を保有。犬の健康管理、栄養、病気と対処法、しつけとトレーニングに関する情報が専門。愛犬に合った食事選びをサポートするため、犬の栄養学の観点からドッグフード130種類以上を独自の厳密な基準のもとで分析し、100点満点で評価している。

日本で市販されているドッグフードは、100種類以上にもなります。

愛犬には高品質なドッグフードを与えたいけど、値段が高いと続けられない。このように迷っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、ホームセンター・ペットショップ・量販店などで購入できる15種類の有名なドッグフードの品質と値段をわかりやすく比較していますよ。

 

市販のドッグフードでおすすめといえる条件は?

犬 かわいい

市販のドッグフードで確認するべきポイント

  • 良い原材料を使用
  • 栄養バランスが完璧

市販のドッグフードを選ぶときに「TVのCMで見かけたから」「パッケージ買い」「健康に良さそう」など、曖昧なイメージで選んでいませんか。

確かに値段が安いドッグフードはお財布に優しいですが、健康を害する原材料がたくさん使われていることも多いので愛犬の命を脅かすことになります。

品質の良し悪しは、使用されている原材料や成分をきちんと見極めて判断する必要があります。

愛犬の幸せも考慮すると、「良い原材料を使用」「栄養バランスが完璧」の2点に特に注意して選ぶことが大切です。

原材料の品質を100点満点で評価し、「評価した点数」と「値段」がどのように関係するのかを以下でまとめています

 

市販ドッグフード1.ユーカヌバ

ユーカヌバ
点数(安全性)75点
内容量2.7kg
値段4298円(税込)
1kgあたりの値段1592円
主原材料チキン
危険な穀物トウモロコシ粉粗びきコムギ
人工添加物不使用

ユーカヌバには様々な種類がありますが、原材料の安全性はどの商品も大きな差がありませんでした。とうもろこし粉、粗挽き小麦などの穀物が多く含まれています。

 

市販ドッグフード2.ピュリナワン

ピュリナワン
点数(安全性)66点
内容量4.2kg
値段2551円(税込)
1kgあたりの値段607円
主原材料チキン
危険な穀物 コーングルテンミールとうもろこし小麦
人工添加物不使用

ピュリナワンはアメリカの企業「ネスレ」が販売するドッグフードです。主原料には良質なチキンを使用していますが、副原料に穀物が多く含まれています。

なかでも「コーングルテンミール」は穀物であるとうもろこしから取り出したタンパク質のことで、犬が消化できない代表的な成分です。アレルギー性も高く、ドッグフードには「含まれていない」ことが理想といえます。

※ ページ先最下部「ピュリナ製品ブランド一覧」内の「ドッグフード ピュリナワン」を選択いただきますと、お申し込みページに移ります。

 

市販ドッグフード3.カークランド

KS カークランドシグネチャー スーパープレミアムドッグフード ラム ライス&ベジタブル
点数(安全性)65点
内容量18.14kg
値段6156円(税込)
1kgあたりの値段339円
主原材料 ラム肉
危険な穀物不使用
人工添加物調味料

カークランドはアメリカの有名ブランド「コストコ」が製造販売を手がけるドッグフードです。

大容量なので大型犬を飼育している飼い主さんに人気がありますが、添加されている「調味料」は具体的に何が使われているのか明らかでないため、不安が残ります。

 

市販ドッグフード4.サイエンスダイエットPRO

サイエンスダイエット
点数(安全性)62点
内容量3.3kg
値段3340円(税込)
1kgあたりの値段1012円
主原材料 チキン
危険な穀物マイロ小麦コーングルテントウモロコシ小麦ブラン
人工添加物不使用

サイエンスダイエットPROはアメリカで生産し、日本企業が販売しているドッグフードです。

主原料には動物性タンパク質を含む「チキン」が使用されていますが、第2原料以降に様々な穀物が使用されています。これらを全て合算すると、主原料よりも高い割合になってしまうことが考えられます。

また、タンパク質の量がAAFCOの定める幼犬用最低基準に達していない点も気になります。

これは幼犬の生育に最低限必要な栄養素を含んでいないことを示しており、幼犬に与え続けるとなると栄養不足や発育不良に陥ってしまう可能性がありますよ。

 

市販ドッグフード5.スーパーゴールド 低アレルゲンフード

スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用
点数(安全性)60点
内容量2.4kg
値段4342円(税込)
1kgあたりの値段1809円
主原材料ポテト
危険な穀物不使用
人工添加物不使用

スーパーゴールドは魚とポテトを原材料に使用しているアメリカ原産のドッグフードです。

危険な穀物や人工添加物などは使用されていませんが、主原料が動物性タンパク質を含む肉類ではない点や好ましくない原材料が含まれる割合が大きい点から、減点しています。

 

市販ドッグフード6.サイエンスダイエット

サイエンスダイエット
点数(安全性)45点
内容量3.3kg
値段2600円(税込)
1kgあたりの値段788円
主原材料トウモロコシ
危険な穀物トウモロコシ小麦コーングルテン
人工添加物不使用

150人を超える獣医師と栄養学者が開発に携わる、国産のドッグフードです。

しかし主原料にアレルギー性の高い穀物である「トウモロコシ」を使用しているため、おすすめとはいえません。

また、タンパク質量がAAFCOの定める幼犬に最低限必要な量に達していない点も気になりますね。

 

市販ドッグフード7.愛犬元気

愛犬元気
点数(安全性)38点
内容量2.3kg
値段1296円(税込)
1kgあたりの値段563円
主原材料 穀類(トウモロコシ小麦粉コーングルテンミールパン粉コーングルテンフィード 
危険な穀物トウモロコシ小麦粉コーングルテンミールパン粉コーングルテンフィード 
人工添加物着色料(赤色102号赤色106号黄色4号黄色5号青色1号

愛犬元気はユニチャームが販売する国産のドッグフードです。

主原料に穀類を使用しているため、動物性タンパク質は少量しか含まれておらず、そのほとんどが「ミール」や「パウダー」といった品質が不透明な肉類であることからおすすめできないドッグフードです。

 

市販ドッグフード8.ビタワン

ビタワン
点数(安全性)32点
内容量0.96kg
値段821円(税込)
1kgあたりの値段855円
主原材料 小麦粉
危険な穀物小麦粉コーンフラワー小麦グルテン
人工添加物増粘安定剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウムデヒドロ酢酸ナトリウム)、、着色料(二酸化チタン食用赤色102号食用黄色4号5号食用青色1号)

ビタワンは国産チキンをベースにビーフやささみを調合したドッグフードですが、主原料にはあくまで穀物をふんだんに使用しています。

タンパク質量がAAFCOの幼犬用最低基準に達していないため、特に子犬にはおすすめできません。

 

市販ドッグフード9.いぬのしあわせ

いぬのしあわせ 小型犬 1~6歳までの成犬用
点数(安全性)27点
内容量1.3kg
値段670円(税込)
1kgあたりの値段515円
主原材料穀類(小麦粉ホミニーフィードとうもろこしコーングルテンミール脱脂米糠
危険な穀物 小麦粉ホミニーフィードとうもろこしコーングルテンミール脱脂米糠
人工添加物香料

いぬのしあわせは着色料が無添加で酸化防止剤も天然成分を使用している国産のドッグフードですが、肝心の動物性タンパク質がほとんど含まれていません。

穀物を大量に使用することで表示価格を抑えていると推測できる、おすすめできないドッグフードです。

 

市販ドッグフード10.ペディグリー

ペディグリー
点数(安全性)17点
内容量5.5kg
値段2776円(税込)
1kgあたりの値段505円
主原材料穀類
危険な穀物穀類
人工添加物着色料(青2赤102黄4黄5二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHABHT

ペディグリーはタイで生産しているドッグフードです。

主原料の「穀物」は、具体的にどの種類の穀物か判断できないため、危険性の高い穀物が使われている可能性がゼロではありません。

また、「青色2号」「赤色102号」「黄色4号」「黄色5号」「二酸化チタン」など合成着色料をふんだんに使用しています。

 

市販のドッグフード、一覧表!安全性と値段の関係は?

犬 かわいい

上記紹介した市販のドッグフード10種類を得点(安全性)順に並び替えると上記の表になります。

「出来る限りやすいドッグフードを選びたい!」と思うのは当然ですよね!ですが安全性と値段を比較した結果、安くて安全なドッグフードはほとんど存在しないということになります

当サイトpepyでは安全性が90点以上のドッグフードのみをおすすめしています。

 

安心安全なドッグフード選び、確認するポイントは?

ミニチュアピンシャー

確認するポイント

  • 主原材料が肉であるか
  • 原材料の表記があいまいでないか
  • 危険な穀物を使用していないか
  • 人工添加物を使用していないか

安全だといえるドッグフードを選ぶにあたって、最低限チェックしたいポイントはこの4点です。

口コミで「おすすめ」といわれているドッグフードであっても、使われている原材料を見るとあまり良いとはいえないような内容であることが少なからずあります。

評判を参考にすることも大事ですが、十分な知識を持って飼い主さん自身の目で本当に「安全」なドッグフードを見極めることが最重要ですよ。

 

主原材料が肉であるか

主原材料とは、「原材料表の先頭に記載されている原材料名」のことで、そのドッグフードのなかで最も多く使われている原材料のことを指します。

犬の成長に欠かせない「動物性タンパク質」を効率的に摂取できるよう、肉が主原材料に使われているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

原材料の表記があいまいでないか

あいまいな表記の例

  • 肉類
  • 副産物
  • 動物性油脂(脂肪)

これらのような表記は、「なんの種類の肉が使用されているのか」「どの部位が使用されているのか」などの詳細を私たちの目だけでは判断することができません。

なかには廃棄用の肉や骨・足・くちばしなど、人間でも食べないような低品質なものが使用されている可能性があります。決して良いとはいえない品質を隠すために、あえてあいまいな表記をしているのかもしれません。

「骨抜き鶏肉」「サーモンオイル」など具体的な動物名まで明記されているドッグフードの方が安全性は高いといえます。あいまいな表記があるものは避けた方が望ましいですよ。

 

危険な穀物を使用していないか

アレルギー性の高い穀物

  • 小麦
  • とうもろこし

肉食動物である犬は、穀物に含まれる成分をうまく消化することができません。

与えすぎると下痢や嘔吐などのアレルギー症状を起こしてしまう危険性があるので、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードを選ぶことが望ましいですよ。

残念ながら穀物が使用されている場合であっても、特に消化しにくくアレルギーを引き起こしやすい「小麦」「とうもろこし」が使用されているドッグフードは避けることをおすすめします。

 

人工添加物を使用していないか

人工添加物の例

  • BHA
  • BHT
  • エトキシキン
  • ソルビン酸カリウム
  • 調味料
  • ○色△△号

これらは全て、愛犬の体に悪影響を及ぼす可能性があるとされる科学的に合成された添加物です。

中には染色体異常や発がん性をもつといわれているものもあります。愛犬の健康に悪影響のない程度の使用に抑えられているとは思いますが、天然由来の酸化防止剤を使用しているドッグフードもありますので、これらの人工添加物が使われていないものを選ぶことをおすすめします。

 

食事アレルギーの起こりやすい原料は?

犬 ドッグ

食物アレルギーの起こしやすい原料

  • 穀物
  • 乳製品
  • 鶏卵
  • 添加物

ドッグフードに含まれ原料の中でアレルギーを発現しやすいのは「穀類」「乳製品」「鶏卵」「添加物」です。中でも特に危険度が高いのは「大豆」や「小麦」などの穀類ですよ。

犬は肉食動物であるため、穀物をうまく消化吸収することができません。それにも関わらず、市販されている多くのドッグフードには「かさ増し」目的で穀物が使用されています。

添加物の中には、アレルギーが現れるだけでなく体内で反応して「発がん性」物質を発生させるものもあります。

犬の食事アレルギーの詳しい記事はこちらです。

 

安全性の高いおすすめなドッグフード1. モグワン

モグワンドッグフード
点数(安全性)96点
内容量1.8kg
値段通常:4298円(税込)
定期:3849円(税込)
1kgあたりの値段通常:2388円
定期:2138円
主原材料チキン生肉
危険な穀物不使用
人工添加物不使用

モグワンはレティシアン社が販売する総合栄養食です。

主原材料が肉類・原材料表にあいまいな表記がない・穀物不使用(グレインフリー)・人工添加物不使用と安全性の4拍子がすべてそろったドッグフードです。

モグワンの開発に携わった専門家たちは、それぞれが愛犬をもつ飼い主さんです。

活発に遊ぶ愛犬の足腰をいたわる「グルコサミン・コンドロイチン」、皮膚や被毛のハリ・ツヤ維持をサポートする「ビタミンC・E」など、飼い主さんならではの視点で愛犬に嬉しい成分が凝縮されていますよ。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない犬であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質・安全性」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 \ このおトクさは今だけ! /
 初回50%OFF! 
 モグワン半額キャンペーン実施中!

 

モグワンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり259円1日あたり130円※
※ 体重5㎏の成犬の給餌量を想定

 

安全性の高いおすすめなドッグフード2. カナガン

カナガンドッグフード
点数(安全性)97点
内容量2kg
値段通常:4298円(税込)
定期:3849円(税込)
1kgあたりの値段通常:2149円
定期:1925円
主原材料骨抜きチキン生肉
危険な穀物不使用
人工添加物不使用

カナガンもモグワン同様、レティシアン社の商品です。

原材料に穀物と合成添加物を一切使用しておらず、犬の発育に必要なタンパク質を多く含む、安全性が高評価のドッグフードです

 

安全性の高いおすすめなドッグフード3. フィッシュ4ドッグ スーペリア

フィッシュ4ドッグスーペリア
点数(安全性)100点
内容量1.5kg
値段3628円(税込)
1kgあたりの値段2419円
主原材料 サーモン
危険な穀物不使用
人工添加物不使用

「フィッシュ4ドッグ スーペリア」はサーモンが主原料の良質なドッグフードです。

低脂肪で消火によい原材料を多く使用しているため、ダイエット中の愛犬にもおすすめできます。

 

安全性の高いおすすめなドッグフード4. ティンバーウルフ

ティンバーウルフ

 

点数(安全性)100点
内容量1.36kg
値段3024円(税込)
1kgあたりの値段2223円
主原材料ニシン
危険な穀物不使用
人工添加物不使用

主原料に消化吸収率の高いニシンを使用したドッグフードです。

高カロリーなので、少量で十分な栄養素を補給することが可能です。一般的なドッグフードよりも与える量を抑えることができるので、コスパにも優れていますよ。

 

安全性の高いおすすめなドッグフード5. ナウフレッシュ

ナウフレッシュ

 

点数(安全性)97点
内容量2.72kg
値段5119円(税込)
1kgあたりの値段1881円
主原材料骨抜き七面鳥
危険な穀物不使用
人工添加物不使用

主原料の骨抜き七面鳥は「低脂肪・低コレステロール」な食材なので、ダイエット中の犬やシニア犬には特におすすめです。

他の獣肉に比べアレルギー性が低いという点も嬉しいですね。

 

愛犬に合ったドッグフード探しに!「NOLEBO」

NOLEBO

こんな方におすすめ!

  • 愛犬に合ったフードが知りたい
  • 重いフードを家まで送ってもらいたい
  • 色々なフードを試したい
  • 安全性にこだわりたい
  • おやつやおもちゃも気になる

ドッグフードにさまざまな種類があるように、愛犬の好みも犬それぞれです。

「このドッグフードが良さそう!」といざ購入してみても、食べてくれなかった…なんてことも考えられますよね。

そんな飼い主さんにおすすめしたいのが、毎月定額でドッグフード・おやつ・雑貨などのグッズが詰まったボックスを定期発送してくれる「NOLEBO」です。

毎月送られてくるボックスの中身は、飼い主さんが自由に選ぶことができます。気になるドッグフードを試してみたり、良く食べてくれるドッグフードを定期的に購入したりと、選び方は飼い主さん次第です。

NOLEBOが取り扱う商品は、市販のドッグフードから有名プレミアムフードまで、豊富なラインナップを誇ります。

どれも無添加やオーガニックなどをテーマにしたものなので、安心して与えることができますよ。

梱包内容フード最大2個、その他商品を3個
【追加料金でさらに3つ追加可能】
料金プラン
(税抜)
1ヶ月:4980円/月
3ヶ月:4830円/月
6ヶ月:4731円/月
お届け日決済確認から約1週間後
特典誕生日プレゼントなど

 

犬種別のおすすめドッグフードは?

フード 餌 ドッグフード キャットフード

犬種別おすすめドックフード

  • トイプードル
  • チワワ
  • 柴犬
  • ポメラニアン
  • ヨークシャテリア
  • マルチーズ
  • ダックスフンド
  • フレンチブルドック
  • ゴールデンレトリバー
  • ミニチュアシュナイザー

トイプードル

トイプードル 犬 素材

トイプードルにおすすめのドックフードは「モグワン」「カナガン」「ファインペッツ」などが挙げられます。

これらは良質な動物性たんぱく質が多く含まれており、粗悪なものが一切含まれていないのが特徴ですよ。

トイプードルにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

チワワ

チワワ

チワワにおすすめのドックフードは「モグワン」「カナガン」「オリジン」が挙げられます。

これらは良質な食材を使用しているので、チワワに特有の目の病気の予防、改善とともに、健康的で美しい体づくりに適していますよ。

チワワにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

柴犬

柴犬
柴犬は運動量が多く、小型犬の中でも筋肉量が多い犬種です。

そんな柴犬におすすめのドッグフードはカナガンなど、豊富なたんぱく質が含まれているドッグフードです。

柴犬におすすめするドックフードについて詳しい記事はこちらです。

 

ポメラニアン

ポメラニアン

ポメラニアンは他の犬種と比べ骨が細く、骨折しやすいという特徴があります。

ネルソンズなど「グルコサミン」「コンドロイチン」などの関節を強化する成分を多く含むドックフードは、しっかりとした骨格形成をサポートしてくれるのでおすすめです。

ポメラニアンにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

ヨークシャテリア

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアは皮膚トラブルを抱えやすい犬種です。

皮膚病の原因となる穀物や人工添加物の含まれていない「モグワン」などのドックフードがおすすめです。

ヨークシャーテリアにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

マルチーズ

マルチーズ

マルチーズは鼻涙管が細く詰まりやすいため、特に涙やけを起こしやすい犬種です。

質の悪いタンパク質や穀類は犬にとって消化しにくいため老廃物として鼻涙管に蓄積されやすいので、良質なたんぱく質を含み粗悪な原材料が入っていない「モグワン」や「カナガン」「オリジン」などのドックフードをおすすめします。

マルチーズにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

ダックスフンド

ミニチュアダックスフンド 犬 素材

ダックスフンドは、椎間板ヘルニアなどの関節疾患になりやすい犬種です。

なのでダックスフンドには足腰の健康維持に欠かせない「グルコサミン・コンドロイチン」、被毛の健康を維持・促進してくれる「オメガ3脂肪酸」などが配合されている「モグワンドックフード」がおすすめです。

ダックスフンドにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

フレンチブルドック

フレンチブルドッグ 犬 素材

フレンチブルドッグは皮膚が弱い体質で、アレルギー性皮膚炎や湿性皮膚炎などの皮膚疾患、細菌やウイルスによる皮膚感染症を起こしやすい犬種です。

フレンチブルドッグには皮膚トラブルを予防する「カモミール」や免疫力を促進する「セレン」を含んでいる「カナガンドッグフード」をおすすめしますよ。

フレンチブルドッグにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

ゴールデンレトリバー

犬 ゴールデンレトリバー 素材

ゴールデンレトリバーは皮膚が弱く、アトピー性皮膚炎などの皮膚病になりやすいと犬種です。

ゴールデンレトリバーには、皮膚や粘膜を正常化し免疫力を底上げする「ビタミンA」、丈夫な骨格を形成する「ビタミンD」などが豊富に含まれているアランズナチュラルなどのドッグフードがおすすめです。

ゴールデンレトリバーにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

ミニチュアシュナイザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナイザーは特に尿路結石にかかりやすい犬種です。

ミニチュアシュナイザーには尿路結石の予防に効果がある「クランベリー」、被毛のケアに最適な「サーモンオイル」が配合されている「カナガンドッグフード」がおすすめですよ。

ミニチュアシュナイザーにおすすめするドッグフードについて詳しい記事はこちらです。

 

ドライタイプとウェットタイプの違いは?

犬 ドッグ

ドッグフードの種類は大きくわけて「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」の2種類があります。

ドライタイプは固くて小さい粒になっているドッグフードで、栄養が詰まっている代わりに水分がほとんど含まれていません。

ウェットタイプは柔らかくて大きなかたまりのドッグフードで、水分が多い代わりにドライタイプほど栄養は詰まっていないことが特徴です。水分が多いため傷みやすく、開封後の賞味期限が一般的に短いです。

ドライタイプとウェットタイプの違いについて詳しい記事はこちらです。

ドライタイプのドックフードの特徴と選び方について詳しい記事はこちらです。

ウェットタイプのドックフードの特徴と選び方について詳しい記事はこちらです。

 

食費は抑えず、良質なドッグフードを選んでください!

犬 かわいい

市販の有名ドッグフード15種類の安全性を点数で評価した結果、点数が高いものほど値段が高く、点数が低いものほど値段が安くなる傾向がありました

値段だけでドッグフードを選ぶことは大変危険といえます。粗悪なドッグフードを口にしてからすぐに体調が悪くなったり病気になったりすることはありませんが、有害成分は確実に体の中に蓄積されていきます。

長い目で見れば、「粗悪なフードを食べさせたことが原因で医療費がかかる」ともいえるのです。

是非愛犬の食費は節約せず、安全な原材料で構成されるプレミアムフードを選んであげてください。全100種類以上のドッグフードを徹底検証して選んだおすすめ商品はこちらの記事で紹介しています。

 

この記事で紹介したドッグフード

ユーカヌバ

ユーカヌバ

ピュリナワン

ピュリナワン

KS カークランドシグネチャー スーパープレミアムドッグフード ラム ライス&ベジタブル

カークランド

サイエンスダイエット

サイエンスダイエットPRO

スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用

スーパーゴールド 低アレルゲンフード

サイエンスダイエット

サイエンスダイエット

愛犬元気

愛犬元気

ビタワン

ビタワン

いぬのしあわせ 小型犬 1~6歳までの成犬用

いぬのしあわせ

ペディグリー

ペディグリー

モグワンドッグフード

モグワン

カナガンドッグフード

カナガン

フィッシュ4ドッグスーペリア

フィッシュ4ドッグ スーペリア

ティンバーウルフ

ティンバーウルフ

ナウフレッシュ

ナウフレッシュ