安心安全なおすすめキャットフードランキング!15種類を比較!選ぶ基準は?

愛猫に安心・安全なキャットフードを選んであげたい!と思っても、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

この記事では、安心・安全なおすすめキャットフードランキングと、選ぶときに気をつけたいポイントをまとめました。

 

キャットフード15種類、安全度ランキング表

猫 素材

安心・安全なキャットフードを選ぶポイント

  • 基準1. 主原料が肉・魚
  • 基準2. 好ましくない原材料を使用していない
  • 基準3. グレインフリー(穀物不使用)
  • 基準4. 人工添加物不使用

pepyでは、これら4点の基準を満たすキャットフードを「安心・安全」と判断し、点数付けしています。

それぞれの基準についての根拠は、以下の項目の「安心・安全なキャットフードを選ぶポイントは?」にてまとめています。

キャットフード名得点1日あたり価格基準1基準2基準3基準4
シンプリー100点246円
オリジン100点262円
カナガン100点240円
ティンバーウルフ100点184円
モグニャン96点250円
アディクション96点176円×
ブルー90点185円××
ワイソン87点183円××
ソリッドゴールド76点160円×
日本のみのり61点381円××
ロイヤルカナン58点149円×××
ねこ姫44点87円××××
銀のスプーン37点41円××××
カルカン35点31円××××
ねこ元気33点59円××××
※1日あたり価格は「体重5kgの成猫に与える場合」を想定して算出しています。
キャットフード名を押下すると詳細ページへジャンプします。

表を見ると、安全性の高いキャットフードはある程度価格が高くなる傾向があることがうかがえますね。やはり安価なキャットフードはそれなりの理由があるということです。

以下では、安全性の高いキャットフードを5つ紹介しています。ぜひ参考にしてください。
2017年度版キャットフードランキング、トップ7についてはこちら
キャットフードの値段と安全性の関係についてはこちら
 

安心・安全のキャットフード1位:モグニャン

モグニャンキャットフード
点数96点
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

モグニャンは、「株式会社レティシアン」という日本の企業が製造・販売をしているキャットフードです。

主原料には動物性タンパク質が豊富で、アレルギーを発症しにくい白身魚を使用しています。猫の体に害になる穀物や人工添加物も不使用です。

「美味しさも栄養もバツグンのフード」として多くの動物病院の院長からも推薦されていますよ。

 

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグニャンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

 

安心・安全のキャットフード2位:シンプリー

シンプリーキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材骨付き生サーモン
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格3564円(税抜)

シンプリーキャットフードは、愛猫の長生きを望む飼い主さんのために作られたキャットフードです。モグニャンと同じ「レティシアン社」が製造販売していますよ。

サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚などを73%配合しているので、猫の食事の最も欠かせない動物性タンパク質を効率よく摂取することができます。

猫が消化を苦手としている穀類、猫の健康を害す恐れのある「着色料」や「人工調味料」などの化学添加物も一切使用していない無添加フードなので安心して与えることができますよ。

 

安心・安全のキャットフード3位:カナガン

カナガンキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材乾燥チキン、骨抜きチキン生肉
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

ペット先進国のイギリスで長い間絶大な支持を受けている、高品質のグレインフリーキャットフードです。

主原料にタンパク質含有量の多いチキンをたっぷりと使用しています。白身魚やサーモンなどの魚類が苦手な愛猫には、カナガンをあげることをおすすめしますよ。

 

安心・安全のキャットフード4位:オリジン

オリジンキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材新鮮骨なし鶏肉
酸化防止剤ローズヒップ
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量2.27kg
購入価格7344円(税込)

オリジンは、生物学的に適正な原材料の比率で構成された、愛猫のための理想的なキャットフードです。

主原料には「新鮮骨なし鶏肉」を使用しているので、効率よく動物性タンパク質を摂取することができます。穀物も不使用、人工添加物など猫の体に害になるものは一切使用していませんよ。

 

安心・安全のキャットフード5位:ティンバーウルフ

ティンバーウルフ

 

点数100点(満点)
メイン食材チキン
酸化防止剤ローズマリー抽出物
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封前:製造から15ヶ月
開封後:1ヶ月
内容量1.36kg
通常購入価格3024円(税込)

猫本来の食生活に合わせて製造されたキャットフードです。不必要なものは一切使わず、最も重要な動物性タンパク質を効率的に摂取できるよう成分バランスが調整されています。

胃腸の調子を整える微生物群である「プロバイオティクス」が含まれている点も嬉しいポイントです。

 

安心・安全なキャットフードを選ぶポイントは?

猫 かわいい 素材

安心・安全なキャットフードを選ぶポイント

  1. 1. 主原料が肉・魚
  2. 2. 好ましくない原材料を使用していない
  3. 3. グレインフリー(穀物不使用)
  4. 4. 人工添加物不使用

 

1. 主原料が肉・魚

肉食動物である猫は、動物性タンパク質を最も必要としています。

動物性タンパク質は肉や魚に多く含まれているので、肉や魚を主原料に使用しているフードを選んであげることが大切です。

 

2. 好ましくない原材料が使用されていない

動物性タンパク質が豊富に含まれている肉が主原料に使われていても、低品質だったり劣悪な肉を使用している場合があります。

「肉類」「ミール」「副産物」などの曖昧な表記がされている場合は、食肉加工段階で廃棄処分される部位や、羽・頭・爪・ひづめなどが混入した部分、動物の死肉など「人間でも食べないような肉」が使用されている可能性が高いです。

「チキン生肉」「乾燥サーモン」など、使われている肉の種類や部位の名称がしっかりと明記されているフードを選ぶようにしてくださいね。

添加物や好ましくない原材料の名称と内容一覧についての記事はこちら。

 

肉類・ミート

肉類・ミートのような曖昧な表示をしている場合、人間が食べることができないような危険な肉が使われている可能性が高いです。

消化に悪いだけでなく、死に至るような病気に感染してしまう危険性があることを知っておく必要があります。

 

肉副産物・バイプロダクツ

動物の肉ではなく、内臓や血・骨・脳などの食肉として流通する事のない部分をいいます。

病気や障害、事故で死亡した動物などの4Dミートと呼ばれる粗悪な肉が含まれている可能性が高いです。

消化に悪いですし、輸送時の腐敗を避けるために使用した添加物の種類が分からないという危険性もあります。

 

肉粉・肉骨粉・ミートミール

動物の肉を乾燥させて粉状にしたものをいいます。

肉粉やミートミールには、動物の「血」「毛」「角」「ひづめ」「胃」「クズ皮」などの本来食べるものではない部分が使われています。

消化不良だけでなく、栄養不足になってしまう危険性があります。

 

遺伝子組み換え原料

遺伝子組み換え原料(GM原料)とは、作物に別の作物の遺伝子を組み込み、その作物に無い特徴を持たせたものをいいます。

猫の健康を害する可能性があることから、粗悪な原料といえます。

国内での栽培は行っていませんが、外国産のフードには含まれていることがあるので注意が必要です。

 

ビートパルプ

砂糖大根の搾りカス(残った繊維質)のことです。

天然由来の繊維質なので肥満や便秘の解消に役立つと謳うメーカーも多いですが、「カサ増し」や「嗜好性の向上」に使われていることが多いです。

過剰な量の不溶性繊維を摂取することになるので、腸の内部を傷つけてしまう危険性があります。

 

3. グレインフリー(穀物不使用)

穀物は、価格が安いことやかさ増しがしやすいことからドライフードに多く使われることが多い原材料です。

しかし、猫は肉食動物なので穀物の栄養素を必要とはしておらず、効率的に消化することもできません。

「小麦」「トウモロコシ」などはアレルギー源になる可能性が特に高いので、原材料表記を必ずチェックしてグレインフリーのフードを選ぶようにしてくださいね。

 

人工添加物不使用

酸化防止剤として使われることも多い「BHA・BHT」「エトキシキン」「ソルビン酸カリウム」は、猫の体に悪影響を与える可能性が高いです。

着色料や香料の中には石油から作られているものもあり、猫の体に良い影響を与えることは決してありません。

ミックストコフェロールやビタミンCなどの天然由来で猫の体に害がない添加物を使用しているフードを選ぶようにしてくださいね。

 

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHAは「ブチルヒドロキシアニソール」の略で、保存料・酸化防止剤として使われる合成添加物です。

微量であれば問題ないとしているメーカーも多いですが、膀胱や甲状腺の癌を発病する危険性があるとされています。

 

BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

BHTは「ジブチルヒドロキシトルエン」の略で、保存料・酸化防止剤として使われる合成添加物です。

人間への発がん性こそ確認されていませんが、動物においては発がん性物質グループ3にあたる成分です。与え続けると毛が抜けたり、痩せやすくなるなどの危険性があるとされています。

 

エトキシキン

エトキシキンは保存料・酸化防止剤として使われる合成添加物です。

安いこと、酸化防止効果が高いことから使用されることも多いですが、「アレルギー」や「ガン」「皮膚病」などの危険性があると動物医療センターが警鐘を鳴らしています。

 

合成着色料

石油製品を化学合成して生成される物質で、「タール色素」ともいわれます。「赤色40号」「黄色4号」「黄色5号」「青色1号」「青色2号」などが該当します。

赤・青・黄色など色の種類によって猫の体に与える影響は違いますが、「発ガン性」や「病気のリスク」を高める危険があるとされています。

 

人工香料

食品添加物を使用することで減った香りを補うために使われます。

猫の身体にどうのような影響を与えるのかについては正確には分かっていないですが、本来必要のないものです。不使用に越したことはありません。

安全な国産キャットフードを選ぶ4つの基準について詳しくはこちら

 

安いフードはなぜ安いのか?危険なの?

猫 素材

安いフードが安い理由

  • 主原料が穀物
  • 賞味期限を延長

 

主原料が穀物

穀物は価格が安いため、主原料に肉を魚を使用するよりも安くキャットフードを製造することができます。

猫の健康を考えての事ではなく、コスト削減のための「カサ増し」として穀物を利用しているのです。

 

賞味期限を延長

安いフードは、強力な防腐剤・酸化防止剤などの保存料を使って賞味期限を延長することで大量生産・大量保管を可能にしています。

ロスを減らす事ができるので、メーカーとしても多くの利益を生むことができるのです。

人工的な保存料は有害なものが多く、猫の身体に悪影響を及ぼしかねないので天然由来の保存料を使用しているフードを選んであげることが大切です。

 

キャットフードの種類ごとに安全性は異なる?

猫 素材

ドライ

ドライタイプは、水分含有量が5~10%前後なので賞味期限も長めに設定されているものが多いです。

ウェットタイプのフードと比べると、添加物の使用量も比較的少なめです。

セミモイスト

セミモイストタイプは、水分含有量が25~35%前後なので、ドライタイプと比べると保存料などの添加物が比較的多めに使われています。

モイスト

モイストタイプは、水分量が70~80%前後なので賞味期限が短めです。

質感を保持するためのソルガム系や、増粘多糖類などの安全性の確認できない添加物が使われていることも多いです。

 

愛猫の健康を守ることができるのは飼い主さん!

猫 かわいい 素材

様々なフードが販売されている今、飼い主さんがしっかりとした基準を持っていないと最適なフードを選んであげることは出来ません。

上記で説明した内容を参考にして、愛猫に安全・安心なフードを選んであげてくださいね。

キャットフードの選び方 メニュー