無添加でおすすめのキャットフードランキング!10種を徹底比較!

愛猫の健康を考えて無添加のキャットフードを選んであげたい!と考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、無添加でおすすめのキャットフードランキング、10種を徹底比較していますよ。

 

無添加キャットフード、10種比較表

猫 かわいい 素材
フード名得点穀類原産国
カナガン100点不使用 イギリス
シンプリー100点不使用イギリス
オリジン100点不使用カナダ
アカナ100点不使用カナダ
ヤラー99点不使用オランダ
ジャガー98点 不使用 イギリス
モグニャン96点不使用 イギリス
ファインペッツ94点大麦、全粒米日本
ハッピーキャット82点米粉、ライスプロテインドイツ
アニモンダ61点シリアル(小麦麦芽入り)ドイツ

 

無添加キャットフードでおすすめ1:モグニャン

モグニャンキャットフード
得点96点
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

モグニャンは猫の体に害になる人工調味料や着色料などの合成添加物を一切使用せず、自然に近い食材だけを厳選して使っています。

保存料には天然由来の成分である「ビタミンE」を使用しています。人工保存料に比べて賞味期限は短いですが、猫の健康を第一に考えての採用ですよ。

主原料に使われている白身魚は低脂肪で、肉食動物である猫に必要な栄養素であるタンパク質がたっぷり含まれています。穀物は一切使用していない、グレインフリーのキャットフードです。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない猫であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7512617121225028732235638942157070795811891405
定期購入時(円)601011371692002302582853113364565667669511124

※成猫期を想定した場合

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 \ このおトクさは今だけ! /
 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

無添加キャットフードでおすすめ2:シンプリー

シンプリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材骨付き生サーモン
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格3,564円(税抜)

シンプリーキャットフードには合成添加物が一切使用されていません。

代わりに酸化防止剤として天然由来成分の「ビタミン」を使用しているので、愛猫の健康を害する恐れが一切ありませんよ。

主原料の「サーモン」をはじめ、原材料の大部分を魚肉が占めている消化に優しいキャットフードです。穀物不使用(グレインフリー)なので、主食としておすすめしたい商品です。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7412416820824628231735038341456169694311701383
定期購入時(円)59991351671972262542803063314495577549361106

※成猫期を想定した場合

 

無添加キャットフードでおすすめ3:カナガン

カナガンキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材乾燥チキン、骨抜きチキン生肉
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

カナガンは「合成添加物」を一切使用していない無添加キャットフードです。

加えて穀物不使用(グレインフリー)であり、主原料がチキンなので愛猫が普段食べる主食としても大変おすすめなキャットフードですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7212116420324027530934147340354667891911401347
定期購入時(円)58971311631922202472732983234375427359121078

※成猫期を想定した場合

 

無添加キャットフードでおすすめ4:オリジン

オリジンキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材新鮮骨なし鶏肉
酸化防止剤ローズヒップ
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量2.27kg
購入価格7344円(税込)

オリジンも、猫の体のことを第1に考えて合成添加物や合成酸化防止剤などは一切使用していません。

穀物不使用ですし、主原料には動物性タンパク源の「新鮮骨なし鶏肉」を使用しているので主食としても最適ですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)79132179221262300337372406440596739100212431469

※成猫期を想定した場合

 

無添加キャットフードでおすすめ5:アカナ

アカナ キャット パシフィカ
得点100点(満点)
メイン食材新鮮骨なしニシン
酸化防止剤ローズヒップ
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量2.27kg
購入価格5940円(税込)

アカナも、合成添加物を一切使用していない無添加キャットフードです。

主原料に動物性タンパク質が豊富な魚を使用しているので、普段のデイリーフードとしてもおすすめです。穀類不使用なので、愛猫の体にも負担がかかりませんよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)6410714417921224327230132935648259881010051188

※成猫期を想定した場合

 

無添加のキャットフードとは?オーガニックとはどう違う?

猫 かわいい 素材

無添加とは

「無添加」とは、防腐剤や発色剤・着色料などの添加物や自然界にはない人工的に合成された化合物が使用されていないことをいいます。天然由来の添加物のみを使用していると考えると分かりやすいですね。

ただ、無添加とは「特定の物質が使用されていない」という意味なので、特定の物質の基準があるわけではありません。

 

オーガニックとは

「オーガニック」は、農薬や化学肥料を最小限しか使用しないことで、有機肥料だけを使って生産された(有機栽培)有機農産物のことをいいます。

無農薬のことをオーガニックということもありますが、国によってオーガニックの規定が異なるので無農薬=オーガニックとは言い切れません。どのオーガニック認証機関の承認を受けているかによって有機の意味合いが変わってくるので、きちんと確認するようにしてくださいね。

 

知らないとマズイ?キャットフードに含まれる危険な材料

猫 素材

副産物

比較的値段のやすいキャットフードには、「肉副産物」などが含まれている時があります。

これには哺乳動物の肉以外の部分がすべて該当しており、動物の「内臓」や「血液」「骨」などの、人間の食用には使用できない部分が使われていることがあります。これらは栄養価が低い動物性タンパク質で、猫にとって消化・吸収しにくいです。

 

4Dミート

4Dミートとは、

DEAD=しんでしまった動物の肉
DISEASED=病気だった動物の肉
DYING=しにかけだった動物の肉
DISABLED=障害のあった動物の肉

のことです。普段は人間用になることのない肉が、安く猫用のペットフードとして使われていることがあります。私達人間が食べられないものは、できるだけ愛猫にもあげたくはないですよね。

 

廃棄物

「穀物の不合格品」など、人間用として使えず、本来廃棄するべき材料のことです。

人間とペットでは、農薬値などの基準が違うため、人間が食べられないものがペット用として使われる事があるのです。

 

遺伝子組み換え原料

遺伝子組み換え原料(GM原料)とは、作物に別の作物の遺伝子を組み込み、その作物に無い特徴を持たせたものをいいます。遺伝子組換えは害虫や農薬から守るために行われるものですが、猫の健康を害する可能性があることから、粗悪な原料といえます。

日本国内では遺伝子組み換え原料の栽培は行っていませんが、外国産のフードには含まれていることがあるので注意が必要です。

 

ビートバルプ

ビートパルプとは、甜菜(テンサイ)から糖分などを絞り出した後に残る繊維質のことです。甜菜は「サトウダイコン」とも呼ばれ、サトウキビと並ぶ砂糖の原料となっています。砂糖を作る過程で残った葉・茎・しぼりカスなどの副産物がビートパルプなのです。

天然由来の繊維質なので肥満や便秘の解消に役立つと謳うメーカーも多いですが、過剰な量の不溶性繊維を摂取することになるので、腸の内部を傷つけてしまう危険性があります。

 

大豆

「大豆ミール」「ソイビーンミール」「脱脂大豆」といった原材料表記をされることが多いです。

キャットフードに使われる「大豆」と呼ばれるものの多くは、人間用として食用加工された後に残った無栄養の絞りカスですが、実は猫にとっては命にかかわるほど危険な原料です。

大豆は猫の腸内で大量のガスを発生させ、最悪の場合ショック死してしまうことも考えられます。必ず避けたい原料です。

 

麦系

「大麦」「小麦」「オート麦」「ライ麦」「燕麦」など、様々な原料があります。

猫はもともと肉食動物ですので、穀物に含まれる植物性タンパク質を消化することが出来ません。どんどん体の中に蓄積していってしまい、アレルギーや病気を引き起こしてしまいます。

グレインフリー(穀物不使用)のフードを選ぶのがおすすめですよ。

 

トウモロコシ

「トウモロコシ」「トウモロコシ粉」「コーングルテン」「荒挽きトウモロコシ」などと表記されますが、これらは全て植物性タンパク質を含んでいます。

麦系で説明したように、猫は植物性タンパク質を消化することが出来ません。できるだけ避けることをおすすめします。

 

塩(塩化ナトリウム)

「海塩」「塩化ナトリウム(Na)」などと表記されることが多いです。

ナトリウムは猫にとって必要な栄養素ですが、本来は肉や野菜などに含まれており、改めて添加する必要はありません。

塩分の過剰な摂取は脱水症状を起こしたり、心臓や腎臓に大きな負担をかけたりしてしまうので注意が必要です。

 

最高のフードと出会うための必要栄養素とは?

猫 素材

タンパク質

猫は完全肉食動物なので、良質なタンパク質を摂れることがキャットフード選びにおいて最も重要なポイントです。

人間でも食べられるほどの品質や鮮度がある原材料を使っているキャットフードや、使用している原材料を明記しているキャットフードが安心です。

植物性タンパク質は消化することが出来ないので、動物性タンパク質が含まれるものを選んでくださいね。肉や魚に多く含まれています。

 

脂肪

脂肪はエネルギー源や体温維持に役立つ成分です。臓器の保護・細胞膜の生成・皮膚や被毛の健康維持にも効果を発揮しますよ。

脂肪に含まれる脂肪酸は猫の体内で作ることはできません。毎日の食事で摂取する必要があります。

 

ビタミン

ビタミンは直接エネルギーに変換されたり、体を構成する成分が上手く働けるようにサポートしたりする役割があります。ビタミンは体の中ではほとんど合成できません。そのため、フードやサプリメントから摂る必要があります。

ビタミンにはいくつか種類がありますので、不足するものに関してはサプリメントもおすすめですよ。

 

ミネラル

ミネラルはビタミンと同様に様々な種類があります。

例えばミネラルの一種であるカリウムは、体液のバランスを調整し、筋肉や神経の機能を正常に保つ効果があります。こちらもビタミンと同じように、もし不足しているものがあればサプリメントをあげてみてくださいね。

 

無添加のキャットフードの基準は?添加物とはコレのこと!

猫 かわいい 素材

以下粗悪な添加物が一切含まれていないキャットフードを、当サイトでは「無添加」と呼んでいます。

 

酸化防止剤(防腐剤)

酸化防止剤エトキシキン
BHA
BHT

数ある酸化防止剤の中でも特に粗悪な添加物が、「エトキシキン」「BHA(ブチルヒドロキシアニソール)」「BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)」の3つです。

酸化防止剤はキャットフードの鮮度を保つために欠かせないものですが、上記の3つには毒性があるため、天然由来のものを使用しているキャットフードを選ぶようにしてください。

それぞれの詳しい健康被害事例以下の通りです。

BHA

様々ながん・変異原性(遺伝子への毒性)・染色体異常・歩行失調・消化器出血が報告されています。

BHT

発がん性はそこまで高くないとされているものの無眼症や脱毛・染色体異常による胎児の奇形・異常行動の疑いがあり使用を禁止しているところも多くあります。

エトキシキン

特に毒性が強く、人の食材への使用や農薬・家畜の飼料にも使用は禁止されています。活動性の低下・運動失調・低体温や歩行困難・異常行動などが報告されており。大量に摂取すると最悪の場合死に至ります。

 

保存料

保存料として使われる粗悪な添加物ソルビン酸、ソルビン酸カルシウム、ソルビン酸カリウム
パラオキシ安息香酸、パラオキシ安息香酸ナトリウム
亜硫酸ナトリウム、プロピレングリコール、没食子酸プロピル

保存料も酸化防止剤と同じくキャットフードの鮮度を長持ちさせるために使用されます。

食中毒を防いだり鮮度を維持するために欠かせない添加物ですが、使われている物質によっては体に害を与えるので注意が必要です。

ソルビン酸類(ソルビン酸やソルビン酸カルシウム・ソルビン酸カリウムなど)

アレルギーや発育不良・肝臓障害を引き起こすほか、亜硝酸ナトリウムと反応することで発がん性物質のエチニル酸を形成します。

パラオキシ安息香酸・安息香酸ナトリウム

変異原性のある危険な物質です。猫は安息香酸への耐性がとても低く、体重1kgに対して300gが致死量であると考えられています。

安息香酸や安息香酸ナトリウムはアスコルビン酸(ビタミンC)と一緒になるとベンゼンを形成します。ベンゼンは揮発性の溶剤で、プラスチックや爆薬・洗剤などの原料として使われている発がん性の有機化合物です。

プロピレングリコール

腸閉塞やがん性の腸障がいなどの消化器の疾患を引き起こすといわれています。

没食子プロピル

BHAやBHTの2倍危険であるとも言われています。

 

発色剤

発色剤として使われる粗悪な添加物亜硝酸ナトリウム
硝酸カリウム

発色剤は食品を変色させないために使用されますが、猫は見た目で餌の良し悪しを判断するわけではありません。

亜硝酸ナトリウム

嘔吐やチアノーゼ・動悸・血圧の降下を起こし、継続して摂取し続けるとがんを発症させる食品添加物の中でも最も危険な部類に入ります。魚介類や肉類などのたんぱく質の成分でアミノ酸の一種である「アミン」と結合して、ニトロソアミンになります。

発がん性のあるニトロソアミンは、亜硝酸を含むものとアミンを含むものを一緒に食べると胃の中で発生します。魚を焼いた時にできる2級アミンと亜硝酸が胃の中で一緒になってしまうことで強力な発がん性物質になり、胃の中という酸性の環境で働きが活発になることがわかっています。

硝酸カリウム

保存料との相乗毒性として発がん性物質になります。胎児の奇形を招いたり、アレルギーや遺伝毒性もある非常に危険な添加物です。

 

着色料

着色料として使われる粗悪な添加物タール色素(赤色2・40・102号)(黄色4・5号)(青色1・2号)
コチニール
くちなし

着色料も発色剤と同様にキャットフードに使用する必要が無いもので、飼い主さんの購買意欲をそそる目的で使用されている物質です。

着色料は動物愛護先進国のアメリカやヨーロッパ各国ではほとんどが禁止されていて、人の食料には使えないものが大半です。

タール色素

赤色2号、黄色5号のように名前に数字の入っている着色料はすべて石油が原料のタール色素です。蕁麻疹や喘息などのアレルゲンになったり発がん性・染色体異常・異常駆動などを引き起こします。

コチニール着色料

エンジムシという虫からつくられた着色料ですが、製造過程でたんぱく質が混ざってしまうためアレルギー症状を引き起こすことがあります。コチニールのアレルギー発症率は非常に高く、摂取すると発疹や喘息・アナフィラキシーショックを起こすことがあります。

紅こうじ色素

危険ではないと思われがちですが、猫への安全性は証明されていません。

 

国産の無添加のキャットフードは少ない?

猫 かわいい 素材
フード名得点穀類合成添加物
日本のみのり68点玄米(山形産・減農薬米)不使用
ビオナチュール56点南九州産焙煎もちあわ、白米など不使用
メディファス 56点 とうもろこし、コーングルテンミール 不使用
jpスタイル 和の究み41点中白糠、ホミニーフィードなど不使用
ドクターズケア33点とうもろこし、小麦粉不使用
キャネット32点とうもろこし、小麦粉など着色料赤102号
キャトリート32点とうもろこし、小麦粉などph調整剤,タール色素
キャラット29点とうもろこし、小麦粉などタール色素

 

無添加でも、穀類や副産物を使用している印象があります。また、主原料に動物性タンパク質を使用していないのも気になりました。

無添加だから良いキャットフードということではありませんよ。添加物以外にも注意すべき原料はあります。詳しくはこちらの記事を確認してくださいね。

 

無添加キャットフードの悪い口コミは?

猫 かわいい 素材

むずかしい(ヤラー)

体にいいフードと思い、サンプルをよく食べたので購入してみたのですが、食いつきがあまりで。だんだんと少しずつ食べるようにはなってきたけど、リピートするか悩みます。
1ここさま

 

身体に合わなかったようです。(ハッピーキャット)

期待して購入したのですが、現在のカリカリに少量づつ混ぜて与えた所、どんどん、ゆるいウンチをするようになってしまいました。
慣れもあるだろうと思い様子を見ていましたが、落ち着かず、どんどん排泄物の状態が良くない感じに・・・。
残念ですが、中断しました。
2匹の猫がいるのですが、元々、腸が丈夫そうな猫の方は問題ありませんでした。
bisqueさま

 

食いつきは良いけれど、臭いがきつい(アニモンダ)

良く食べますが、臭いがキツイです。
好き嫌いないネコで、他のもでも大丈夫なのでリピはしないと思います。
香りの評価、本当はゼロにしたいところですが、最低が1のようなので星1つ。
購入者さま

 

悪い口コミに対する考察

無添加の影響か、食いつきがあまりよくないという口コミも多くみられます。

食欲を増す目的で添加物が使用されていることも多いですが、添加物は猫の体に必要ないものなので出来る限り天然由来の成分を使用しているものを選んであげることが大切ですよ。

 

使われている添加物の良し悪しを判断することが大切!

猫 素材

合成添加物のすべてが粗悪であるというわけではありませんし、食べてすぐに体調を崩したり病気を発症するわけでもありません。

しかし、愛猫が体調を崩した・病気になってしまったという事例が報告されているのは事実です。

添加物の中には発がん性が認められているものも多いので、愛猫の健康を考えるのであれば添加物不使用のフードを選ぶべきです。また、穀物も猫の体には害になるため、グレインフリーであることも大切です。

もし、無添加&穀物不使用のキャットフードの購入で悩んだときは、ぜひランキングを参考にしてくださいね。

キャットフードの選び方 メニュー