猫の軟便におすすめなキャットフード3選!原因から選んだ理由も解説!

おなかが弱い愛猫だとウンチが緩くなることも少なくないですが、ウンチが柔らかい状態があまりにも続くと心配になってしまいますよね。

この記事では、猫の軟便におすすめなキャットフード3選や選ばれた理由、軟便の原因についてまとめました。

 

猫の軟便対策におすすめのキャットフード1. モグニャン

モグニャンキャットフード
得点96点
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

モグニャンの主原料は、白身魚です。

魚には動物性タンパク質が豊富に含まれているだけでなく、消化も優れているので軟便対策に最適です。

副原料に使われているサツマイモやカボチャ・リンゴには食物繊維が豊富に含まれているので、腸の調子を整え便を正常に整えてくれる効果も期待できます。

幼猫からシニア猫まで猫種を問わず対応可能なプレミアムキャットフードですよ。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない猫であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7512617121225028732235638942157070795811891405
定期購入時(円)601011371692002302582853113364565667669511124

※成猫期を想定した場合

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

猫の軟便対策におすすめのキャットフード2. シンプリー

シンプリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材骨付き生サーモン
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格3564円(税抜)

シンプリーはモグニャンと同じく「魚肉」をメインに使用している、消化に優れたキャットフードです。

食物繊維を豊富に含む「じゃがいも」「さつまいも」も多く含んでいるので、軟便になりにくい食事といえます。栄養バランスもバッチリなので主食として採用することをおすすめします。

今なら定期購入が少しお得になるキャンペーン中ですので、この機会にチェックしてみてください。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7412416820824628231735038341456169694311701383
定期購入時(円)59991351671972262542803063314495577549361106

※成猫期を想定した場合

シンプリーの原材料や成分分析など詳しくはこちらの記事です。

 

猫の軟便対策におすすめのキャットフード3. クプレラ

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ
酸化防止剤ビタミン
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
内容量1.81kg
購入価格4406円(税込)

クプレラも、主原料に動物性タンパク質が豊富で消化吸収に優れる魚類を使用しています。

消化を苦手としている穀物や合成着色料も不使用ですし、便通改善サプリメントに多く含まれる「プロバイオティクス」や「酵素」が原材料に配合されていますよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)611021381712022322602883143404615727759611136

※成猫期を想定した場合

クプレラの原材料や成分分析など詳しくはこちらの記事です。

 

猫が軟便になる原因は?

猫 かわいい 素材

猫が軟便になる原因

  • ストレス
  • 食べ過ぎや消化不良
  • キャットフードが合っていない
  • 頻繁なフード変更
  • 発情期
  • 服薬の影響
  • 季節の変化
  • お腹に毛玉が溜まっている
  • 換毛期

猫が軟便になる原因は様々あります。

軟便がすぐに改善されるようであれば問題ないですが、健康なうんちになかなか戻らない時は病気の可能性があります。場合によっては動物病院を受診する必要もありますよ。

フードが体に合わない場合や頻繁にフードを変えている場合は、食事の面から軟便を改善できることも多いです。まずは与えるフードを見直してみてくださいね。

 

猫の軟便におすすめなキャットフード、選んだ基準は?

猫 かわいい 素材

軟便におすすめなキャットフードを選ぶ基準

  1. 1. 主原料が動物性タンパク質
  2. 2. 消化・排泄に良い成分を含有
  3. 3. 合成添加物不使用

軟便におすすめなキャットフードを選ぶ基準は、「主原料が動物性タンパク質」「消化・排泄に良い成分を含有」「合成添加物不使用」の3つです。

 

1. 主原料が動物性タンパク質

動物性タンパク質以外の原材料が主原料に使用されていると体に必要な栄養をうまく吸収できないので、栄養に偏りが出て軟便になっている可能性があります。

穀物などの植物性タンパク質は、細胞壁(セルロース)を破壊しないと摂取できないため消化器官に負担がかかってしまうのです。

愛猫に与えるフードは、消化吸収が良い動物性タンパク質が主原料で、穀物不使用(グレインフリー)がおすすめですよ。

 

2. 消化・排泄に良い食材が含まれている

数ある動物性タンパク質の中でも、魚は消化に時間のかかる脂肪分が少ないので消化吸収に優れています。

さつまいもなどのイモ類は消化に時間こそかかりますが、食物繊維が豊富なので腸内の善玉菌を増やし、柔らかいうんちの形を整えてくれます。

愛猫に与えるフードは、消化に優しい魚をメインに使用していることに加え、食物繊維が豊富なイモ類が含まれているものをおすすめします。

 

3. 合成添加物を使用していない

発がん性が多く報告されている、ソルビン酸カリウム・タール色素・BHTなどの合成添加物が、愛猫のお腹の調子を悪くしている可能性もあります。

消化しづらい合成添加物が軟便や下痢の原因になることもあるので、天然の添加物を使用している無添加のフードがおすすめです。

 

軟便におすすめなキャットフードへ切り替えたい!注意点は?

猫 かわいい 素材
日数フードの比率(旧フード:新フード)
1日目9:1
2日目8:2
3日目7:3
4日目6:4
5日目5:5
6日目4:6
7日目3:7
8日目2:8
9日目1:9
10日目0:10

切り替える際は、「1日目は、旧フード9割:新フード1割」「2日目は、旧フード8割:新フード2割」と徐々に新しいフードの割合を増やすようにしてください。

10日ほどの日数をかけてフードを切り替えれば、愛猫の消化器官にあまり負担をかけずに切り替えることができますよ。

ただ、すぐに成果が表れることはないので、フードを切り替えたらしばらくは与え続けることが大切です。

 

キャットフードの補助に!乳酸菌サプリメントもおすすめ?

猫 かわいい 素材

軟便の改善には普段の食生活を替えるほかにも乳酸菌サプリメントも効果的です。

乳酸菌は弱ってしまった腸内環境を整える効果が期待できるので、キャットフードの補助としても最適ですよ。おすすめの乳酸菌サプリメントはこちらの記事で紹介していますよ。

 

軟便の改善には、まずフード変更!

猫 かわいい 素材
猫の軟便はフード変更で改善されることが多いので、この記事で紹介したキャットフードやサプリメントを試すことをおすすめします。

ただ、軟便の理由は様々なので、食生活を改善しても治らない場合はかかりつけの動物病院を受診してくださいね。

キャットフードの選び方 メニュー