鹿肉を使用したおすすめキャットフード3選!5種比較表!選んだ基準は?

鹿肉(ベニソン)は栄養価が高く、低脂肪で高タンパク質なヘルシー食材として注目を集めています。キャットフードの主原料としてもピッタリの食材ですよ。

この記事では、鹿肉を原材料に使用しているおすすめフードの3選と5種比較、選んだ基準をまとめました。

 

鹿肉(ベニソン)のメリット・デメリットは?

鹿

最近、チキンやビーフにアレルギーを持つ猫でも食べられる※1主原料として、鹿肉が脚光を浴びています。

しかし、日本人にはあまり馴染みのない食材なので、ここでは鹿肉のメリット・デメリットについて紹介しますね。

※1 アレルギーを発症しにくい

 

メリット

高タンパク

鹿肉は高タンパク・低カロリーなお肉ですよ。

牛肉の約1.7倍のタンパク質で、カロリーも牛肉の約3分の1と、ササミの栄養価に匹敵します。

 

ビタミン・ミネラルが豊富

鹿肉はビタミン・ミネラルが豊富で、特に鉄分が豊富ですよ。

鉄分は、牛肉の1.8倍、鶏肉の約3.5倍含まれています。

鉄分の効果に関しては、こちらの記事で詳しく記載しています。ぜひご覧ください。

 

DHAを含む

DHA(ドコサヘキサエン酸)は肉類にはほとんど含まれておらず、主に青魚に含まれている成分ですが、鹿肉には他の肉類より多く含まれています。

DHAには中性脂肪を減少させる働きがあるので、ダイエット効果が期待できますよ。

 

デメリット

鹿肉のデメリットは、価格の高さにあるといえます。多くのキャットフードの1kg当たりの価格が、プレミアムフードと同じか、それ以上の価格となっているため手の出せない飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

鹿肉を使用したおすすめキャットフード1.クプレラ

クプレラ ベニソン&スイートポテト
フード名 クプレラ※1
得点100点
主原料鹿肉
内容量1.8kg
人工添加物不使用
値段 3400円(税込)

クプレラは、穀物・合成添加物を一切使用していない安全性最高ランクのキャットフードです。

ホルモン剤・抗生物質・成長促進剤を投与せずに育てたオーストラリア産の鹿肉を主原料に使用、副原料として含まれるスイートポテトは腹もちがよく消化に優しい食材ですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)611031391722042332622893163424635757799661142

※成猫期を想定した場合

 

鹿肉を使用したおすすめキャットフード2. ジウィピーク

ジウィピーク べニソン キャットフード
フード名ジウィピーク ※2
得点 95点
主原料 ベニソン生肉、ベニソンレバー生肉
内容量 400g
人工添加物 不使用
値段 4663円(税込)
※2 ジウィピーク エアドライ べニソン

ジウィピークも安全性の高いキャットフードです。ニュージーランドで自由放牧下で育った鹿肉は、筋肉質でありながら猫の発育に重要な動物性タンパク質を豊富に含んでいますよ。ただ、かなり高額です。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)1282152923624284905506086647199741209163820322403

※成猫期を想定した場合

 

鹿肉を使用したおすすめキャットフード3. アディクション

アディクション
フード名アディクション※3
得点 96点
主原料鹿肉粉
内容量1.8kg
人工添加物 不使用
値段5292円(税込)
※3 アディクション ビバ・ラ・ベニソン

アディクションにもニュージーランド産の鹿肉が使用されています。

獣医師と臨床栄養学士共同の研究開発によって生まれたプレミアムキャットフードで、アレルギーや消化不良の原因となる「穀物」「人工添加物」は一切使用されていませんよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)7512617121225028732235538842056970695711871403

※成猫期を想定した場合

 

鹿肉を使用しているキャットフード比較表

猫 かわいい 素材
フード名点数主原料内容量価格(税込)
クプレラ 100点 鹿肉1.81kg3672円
アディクション96点 鹿肉粉1.8kg5292円
フィーラインナチュラル95点 鶏肉(人間食用の家禽から生産される)125g(水で戻すと500g)3006円
ジウィピーク95点 生肉・内臓・魚介類 1kg 9997円
ブリタニア90点エゾ鹿肉300g2160円

 

主原料に鹿肉を使用しているキャットフードで注意する点!

猫 かわいい 素材

鹿肉のフードを選ぶ場合は、なるべく主原料が鹿肉・穀物不使用(グレインフリー)・合成添加物不使用のフードを選ぶようにしてください。

いくらアレルギーを起こしにくい鹿肉のフードを選んでいたとしても、穀物や発がん性が疑われている合成添加物が使用されているとアレルギーだけでなく様々な病気を発症するリスクを高めてしまいますよ。

こちらの記事に、注意すべき原料について詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。

キャットフードの選び方 メニュー