goood(グゥード)は安全?原材料を徹底評価!口コミや評判もチェック

「goood(グゥード)」は国産の材料をつかった無添加の生ドッグフードです。

この記事では「goood(グゥード)バランス栄養食・チキン(鶏)」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ行っています。

 

 

ドッグフード「goood(グゥード)」の評価の内訳は?

犬 素材

主原料評価

動物性タンパク質を使用しているかどうかを評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「鶏肉」を使用しています。

 

その他原料の評価

粗悪な原材料を使用していないかどうかと評価しています。

本フードの場合、粗悪な原料を1つも使用していなませんでした。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表はドッグフード「goood(グゥード)」の詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。そんな合成酸化防止剤が使用されていないかを評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ことが確認できました。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

犬はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

そんな人工添加物が不使用であるかどうかを評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていませんでした。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしているかどうか評価しています。

本フードの場合「67.7%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしています。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしているかどうかを評価しています。

本フードの場合「22.7%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしています。

 

ドッグフード「goood(グゥード)」の基本情報は?

犬

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名 goood(グゥード)バランス栄養食・チキン(鶏)
分類 バランス栄養食
定価 1656円(税込)
内容量 450g(75g×6本)
カロリー 155kcal/100g
賞味期限 解凍後:2日以内
生産国 日本
販売元 株式会社ファースト
対応年齢 全年齢
メイン食材 鶏肉
穀物 不使用
酸化防止剤 不使用
人工添加物 不使用
問合せ先 0120-51-6605

 

ドッグフード「goood(グゥード)」の詳しい原材料と成分一覧は?

犬

goood(グゥード)の原材料

主原料 鶏肉
その他原材料 鶏レバー、鶏筋胃、鶏骨、ニンジン、キャベツ、全卵、ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、みかん、林檎、パセリ、亜麻仁油、フーカス、アルファルファ、昆布、エキナセア、乳酸菌(FK-23)

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

 

goood(グゥード)の成分分析値

成分名 成分含有率 乾燥重量比
粗タンパク質 18.2%以上 67.7%以上
粗脂肪分 6.1%以上 22.7%以上
粗繊維 0.5%以下 1.9%以下
水分 73.1%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「goood(グゥード)」のこだわりポイントは?

shutterstock_216297169

こだわりポイント

  • 「生食」ドッグフード
  • メイン食材に兵庫県産の鶏肉
  • パッケージのこだわり
  • 定期購入割引・お試しセットあり

「生食」ドッグフード

gooodは、一般的な加熱処理をして製造するドッグフードとは異なり、全ての原材料を一切加熱しない「生食」の状態で製造しています。

生の肉類を中心に食べてきた犬本来の食事内容に近づけることで、消化吸収しやすく体に負担をかけにくい、と考えられています。

また、加熱することで失われてしまう食材本来の酵素・ビタミンをそのまま補給できるというメリットもありますよ。

 

メイン食材は兵庫県産の鶏肉

原材料は全て、人間用の食品衛生基準をクリアしたものを使用しています。

メイン食材として使用している「鶏肉」は、良質な動物性タンパク質を豊富に含むほか、皮膚のハリ・コシや免疫力をサポートするビタミンA・B群などが含まれています。

鶏肉の脂質にはコレステロールの抑制を助けるリノール酸やオレイン酸が多く含まれているため、動脈硬化や高血圧ケアにも期待できます。

 

パッケージのこだわり

ウェットフードは水分量が多く菌が繁殖しやすいため、一度開封してしまうと長期保存ができないというデメリットがあります。

gooodは75gずつ密閉梱包しているため、愛犬の体重に合わせて「1日○本」と必要な本数だけ開封することが可能です。

縦長のパッケージなので冷凍庫や冷蔵庫に保存しやすく、愛犬に与えるときは絞り出すように取り出せば手を汚すこともありません。衛生面、利便性ともに優れたドッグフードです。

 

定期購入割引、お試しセットあり

定期コースを利用することで、最大10%OFFの価格で続けることができます。

年末年始や長期休暇後などの品切れが多くなる時期でも優先的にお届けしてくれるので、「いつものドッグフードが品切れで購入できない!」なんて心配もありません。

初めて購入する方限定で、gooodチキン(鶏肉)・ホース(馬肉)・シープ(羊肉)それぞれ75gが2本ずつ入った「お試しセット」を1980円(税込)でご利用いただけます。

 

ドッグフード「goood(グゥード)」の賞味期限は?

犬病気

賞味期限

  • 解凍後:2日以内

ドッグフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

ドッグフード「goood(グゥード)」の保管方法は?

犬病気

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

ドッグフード「goood(グゥード)」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

犬 素材
体重 目安給餌量 1日あたりの価格
1kg 42g 154円
2kg 70g 259円
3kg 95g 351円
4kg 118g 435円
5kg 140g 514円
6kg 160g 590円
7kg 180g 662円
8kg 199g 732円
9kg 217g 799円
10kg 235g 865円
15kg 318g 1172円
20kg 395g 1454円
30kg 535g 1971円
40kg 664g 2445円
50kg 785g 2891円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

犬

粗悪な原材料が一切使われておらず、栄養価・成分バランスともに最高クラスなので十分おすすめできるドッグフードです

愛犬の体を作るもとになる「タンパク質」が豊富に含まれているので、成長期で十分な栄養が必要な犬に適しています。

ウェットタイプなのでドライタイプに比べ食いつきがよく、噛む力が弱いシニア犬でも食べやすい点が嬉しいですね。

さらに、gooodは穀物と合成添加物を全く使用していない「グレインフリー」かつ「無添加」のドッグフードです。

グレインフリーについてはこちら、無添加についてはこちらの記事から詳しい説明を確認いただけます。

ただ「脂質」の量が多いので、与えすぎによる肥満に注意が必要です。1日の給餌量をしっかりと守るようにしてくださいね。

また、1日あたりの価格が約553円と高い点が気になります。半額以下で高品質のプレミアムドッグフードも購入可能ですので、こちらの記事でぜひ確認してみてくださいね。

グゥード以外の国産のキャットフードはこちらの記事から確認できます。

ドッグフード「goood(グゥード)」の購入ページへ

goood(グゥード)