ドッグフード「K9ナチュラル」の原材料を徹底評価!飼い主さんからの評判は?

「K9ナチュラル」は愛犬の身体に合わせた生食を手軽に作れる、水で戻すタイプのフリーズドライドッグフードです。

この記事では「K9ナチュラル・チキンフィースト」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

飼い主さんからの口コミ評判も合わせて紹介していますよ。

 

ドッグフード「K9ナチュラル」を評価

K9ナチュラル

K9ナチュラルの総合得点

  • 100点(100点中)
内訳得点/配点
子犬成犬
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価40/40点40/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量
5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点100/100点100/100点

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の得点の内訳は?

犬 素材

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「鶏肉(人間食用の家禽から生産される)」を使用しているため、30点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料を使用していないため40点となります。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表はドッグフード「K9ナチュラル」の詳しい原材料と成分一覧は?にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「ビタミンE」が使われているため、安心して与えることができます。

 

着色料、着香料、発色剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

犬はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「40.2%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。
本フードの場合、「41.3%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の基本情報は?

犬
商品名K9ナチュラル・チキンフィースト
分類総合栄養食
定価19022円(税込)
内容量1.25kg
(水で戻すと5kg)
カロリー481kcal/100g
賞味期限開封前:製造から2年以内
開封後:冷蔵で3日以内
生産国ニュージーランド
販売元株式会社K9ナチュラルジャパン
対応年齢全年齢
メイン食材鶏肉(人間食用の家禽から生産される)
穀物不使用
酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
粒の大きさ約2cm
問合せ先03-6427-1161
配達までの期間1週間(Amazon)

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の詳しい原材料と成分一覧は?

犬

K9ナチュラルの原材料

主原料鶏肉(人間食用の家禽から生産される)
その他原材料グリーントライプ(子羊)、卵、昆布、フラックスシードフレーク、キャベツ、ブロッコリー、チャード(葉野菜)、にんじん、カリフラワー、乾燥昆布、炭酸カルシウム、りんご、洋なし、ニュージーランド緑イ貝、ベータカロチン、ビタミンD、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、プロティネイト鉄、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、葉酸、セレン酵母

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質37.0%以上40.2%以上
粗脂肪分38.0%以上41.3%以上
粗繊維1.3%以下1.4%以上
粗灰分8.5%以下9.2%以上
水分8.0%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「K9ナチュラル」飼い主さんからの口コミ評判は?

犬

良い例

愛犬のために

リピートです。安心して与えることができますし、うちのワンコも大好きのようです。太っているので、ダイエットフードを与えていたのですが、こちらに変えてから毛艶が良くなりました。
そして、う○ちが、かなり小さくなります。驚く程小さく、カチカチになります。これまでと違いすぎたので、心配になってメーカーに問い合わせたら、無駄な栄養が無いから排出される物も少なくなるとの事でした。カチカチになって出しにくそうならオリーブオイルを少し加えると良いそうです。
それなりに値段はしますが、安心して与えられるのでオススメです。
購入者さま

安心

注文してすぐに届きました。
以前はK9を与えていましたが近くに購入できるお店が無く違うエサを与えました。エサが合わなかったらしくアレルギーで皮膚が荒れ、おしっこやウンチが臭くなりました。
ネットでもすぐに届くのでこちらから購入させていただきました。
高いけど、安全で安心のエサです。
ティンク1241さま

 

悪い例

ラム好きには、、、

かなりの偏食の我が家の犬たちはラムばかり食べるので、気分転換でチキン。
やはり食べない。
少しずつ混ぜたりしてみます。
Sean0120さま

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の賞味期限は?

犬 素材

賞味期限

  • 開封前:製造から2年以内
  • 開封後:冷蔵で3日以内

ドッグフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の保管方法は?

犬 素材

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

ドッグフード「K9ナチュラル」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

犬 素材
体重目安給餌量1日あたりの価格
1kg23g89円
2kg39g149円
3kg53g202円
4kg66g251円
5kg78g297円
6kg89g340円
7kg100g382円
8kg111g422円
9kg121g461円
10kg131g499円
15kg177g676円
20kg220g838円
30kg298g1136円
40kg370g1409円
50kg438g1666円

フリーズドライのドッグフードなので1日あたりの価格は水で4倍にふやかした場合のものです。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

 

編集部まとめ

犬

脂肪分を必要量以上に多く含んでいる印象ですが、原材料には品質のよい食材を使用しているため安全です。

穀物・合成添加物を一切使用していない「グレインフリー」「無添加」のドッグフードですので、安心して愛犬に与えて良いおすすめできるドッグフードですよ

グレインフリーについてはこちら、無添加についてはこちらの記事から詳しい説明を確認いただけます。

 

K9ナチュラルの購入ページへ

K9ナチュラル