国産のおすすめキャットフードはある?10種類を比較!国産以外は?

愛猫に与えるフードは外国産よりも国産を選びたい!と考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、数多く市販されている国産フードの原材料などをチェックして採点しランキング形式にしていますよ。外国産フードのおすすめも紹介しています。

 

国産のキャットフード10種類の徹底比較ランキング!

猫 かわいい funny
※得点は「原材料」「成分バランス」などを総合的に判断して算出しています。
※フード名を押すと、詳細ページへジャンプします。
 フード名得点主原料穀物合成添加物値段(税込)
シェフキャット76点牛肉大麦全粒粉、コーングルテン不使用2245円
日本のみのり68点牛肉粉 不使用 不使用 1441円
メディファス56点とうもろこし等とうもろこし等不使用1728円
ミオドライ45点とうもろこし、小麦粉などとうもろこし等ph調整剤、タール色素等510円
JPスタイル41点小麦全粒粉小麦全粒粉 不使用 2962円
銀のスプーン37点 とうもろこし とうもろこし等二酸化チタン、タール色素等 796円
ねこ元気33点 とうもろこし、小麦粉などとうもろこし等二酸化チタン、タール色素等1253円
ドクターズケア33点とうもろこしとうもろこし不使用1441円
キャネットチップ32点とうもろこし、小麦粉などとうもろこし等赤102号790円
キャラットミックス29点とうもろこし、小麦粉などとうもろこし等タール色素1350円

 

国産のキャットフードの特徴は?

猫 素材

国産の特徴

  • 価格が安い
  • 低品質な原材料を使用していることが多い
  • 人工添加物を使用していることが多い
  • キャットフードの安全規制が緩い

価格が安い

国産のキャットフードは、外国産に比べて値段が安い傾向があります。海外から輸入する際のコストがかからないことが理由として挙げられますが、それだけではありません。

上の項目の表を見てみるとわかりますが、多くの国産キャットフードは穀物を使用しています。猫は肉食動物なので穀物を食べる機会はなく、穀物に含まれる栄養をうまく消化することができません。場合によってはアレルギーを起こす可能性がありますよ。

それなのに穀物を使用している理由は、カサ増しによるコストダウンのためです。穀物は肉類よりも安いため、穀物を配合して肉類の割合を下げることで安い価格を実現しているのです。

 

低品質な原材料を使用していることが多い

  • ○○ミール
  • 肉副産物
  • 肉粉
  • 動物性脂肪

国産のキャットフードの原材料表を見ると、このような名称をよく目にします。

これらの原材料は全て肉類由来のものですが、「なんの種類の肉が使用されているのか」「どの部位が使用されているのか」などの詳細を判断することができません。

なかには廃棄用の骨・足・くちばし・毛・羽根など、人間でも食べないような低品質のものが混ぜられている可能性もあります。品質を隠すために、あえてあいまいな表記をしているのかもしれません。

低品質な肉類は、食用の肉類に比べてコストを安く抑えることができます。低品質だから価格が安いと考えることもできますね。

 

人工添加物が使用されているものが多い

  • BHA
  • BHT
  • エトキシキン
  • ソルビン酸カリウム
  • プロピレングリコール
  • ○色△△号

これらは全て、科学的に合成された人工添加物です。

中には、染色体異常や発がん性をもつといわれているものもあります。猫の健康に悪影響のない程度の使用に抑えられているとは思いますが、できるだけ人工添加物が使用されていないものが望ましいですよ。

 

キャットフードの安全規制が緩い

日本では現在、有害な物質を含むペットフードの製造・輸入・販売を規制する「ペットフード安全法」が施行されていますが、アメリカやヨーロッパに比べると不完全な部分が多くあります。

人間の食品に関しては高い安全性を誇る日本ですが、キャットフードの場合は必ずしも国産は安全とはいえないのが現状です。

ペットフード安全法や諸外国の法整備に関する記事はこちら

 

海外産のキャットフードの方が良いの?

猫 素材

上記の通り、国産のキャットフードは原材料や品質面で不安が残るものが多いのが現状です。

しかし国産ではなく外国産のものを選ぶ方が良い、というわけではありません

外国産のキャットフードであっても穀物や低品質な原材料、危険な人工添加物が使用されている場合が少なからずあります。

外国産だから買う、国産だから買わないという判断ではなく、飼い主さん自身の目で「良質」だといえるキャットフードを選ぶことが重要になります。

キャットフード選びのポイントについての詳細はこちら

 

おすすめのキャットフード1. モグニャン

モグニャンキャットフード
点数100点
内容量1.5kg
生産国イギリス
穀物不使用
合成添加物不使用
値段4276円(税込)
定期購入価格3564円(税抜)

モグニャンの原材料は全て人間が口にする食材と同じ水準のものを使用、愛猫が消化しやすいように調理しています。

主原料には、低脂肪で肉食動物である猫に必要な栄養素であるタンパク質がたっぷり含まれている白身魚を使用していますよ。猫がトラブルを抱えやすい尿路系のサポートに役立つ「クランベリー」、腎臓のケアに役立つ「オメガ3脂肪酸」、サツマイモやカボチャといった野菜やリンゴなどのフルーツ、ミネラルもバランスよく配合されています。

猫にとって望ましくない、穀類や人工添加物も不使用です。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7512617121225028732235638942157070795811891405
定期購入時(円)601011371692002302582853113364565667669511124

※成猫期を想定した場合

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 \ このおトクさは今だけ! /
 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

おすすめのキャットフード2. シンプリー

シンプリーキャットフード
点数100点
内容量1.5kg
生産国イギリス
穀物不使用
合成添加物不使用
値段4276円(税込)

シンプリーは、人間でも食べられる食材のみで完璧な栄養バランスが計算されている完全栄養食です。

サーモンを中心に乾燥白身魚などを73%配合しているので、猫の食事の最も欠かせない動物性たんぱく質を効率よく摂取することができます。

猫が患いやすい病気の1つである「腎臓」のサポートをする効果がある「オメガ3脂肪酸」、尿路結石の予防効果がある「キナ酸」、食物繊維が豊富に含まれている「サツマイモ・オリゴ糖」などがバランスよく配合されています。

様々な皮膚病の原因になる穀物も不使用で、化学添加物も一切使用していません。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7412416820824628231735038341456169694311701383
定期購入時(円)59991351671972262542803063314495577549361106

※成猫期を想定した場合

 

おすすめのキャットフード3. カナガン

カナガンキャットフード
点数100点
内容量1.5kg
生産国イギリス
穀物不使用
合成添加物不使用
値段4276円(税込)

カナガンキャットフードに使用されている原材料は、すべて人間でも食べられるほど高品質で栄養価が高いものだけを使用しています。

主原料の乾燥チキン・骨抜きチキン生肉には、猫が必要とする良質な高タンパク質はもちろん「ビタミン」や健康を維持し免疫力を保つ「セレン」が豊富に含まれています。

様々な皮膚病の原因になる穀物を使用しないグレインフリーレシピで、有害な人口添加物も一切使用していません。

免疫力UPにオススメなキャットフードとその理由はこちらの記事から確認できます。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7212116420324027530934147340354667891911401347
定期購入時(円)58971311631922202472732983234375427359121078

※成猫期を想定した場合

 

国産だから良い、というわけではない

shutterstock_662969014

人間用の食品では「国産」は魅力的ですが、キャットフードにおいては必ずしも安全とはいいきれません。

肩書きで購入するのではなく、飼い主さん自身の目で「本当に良い」と思えるようなキャットフードを選ぶようにしてくださいね。

キャットフードの選び方 メニュー