高コスパ!?安いドッグフードランキング!激安の理由や安全なフードの見抜き方は?

ドッグヘルスアドバイザー・ドッグトレーニングアドバイザー・ドッグライフアドバイザーの資格を保有。犬の健康管理、栄養、病気と対処法、しつけとトレーニングに関する情報が専門。

ペットにかかる費用の中で大きな割合を占めるドッグフード代。できるだけ安く抑えたいと考えている飼い主さんも多いと思いますが、安いドッグフードは本当に安全性なのでしょうか。

この記事では、安いドッグフードの安さの理由、安全なドッグフードの見抜き方についてまとめました。

 

安いドッグフードはなぜ安いの?

犬 かわいい funny

市販のドッグフードが安い理由

  • 1. 穀物によるかさ増し
  • 2. 原材料の質を落とす
  • 3. 人工添加物を使用

市販のドッグフードが安い理由は、使う原材料のコストを抑えているからです。主に「穀物によるかさ増し」「原材料の質を落とす」「人工添加物を使用」の3つの方法があげられます。

 

1. 穀物でかさ増ししている

安価なドッグフードの多くが主原料に穀物を使用しています。

原材料に穀物を使用すると、高価な肉類の量を減らすことができコストダウンになるからです。

しかし、肉類を減らしたドッグフードでは、犬に最も欠かせない栄養素である動物性タンパク質をはじめとした栄養やカロリーを満たすことができません。健康な生育に悪影響を及ぼす場合もありますよ。

肉食である犬は穀物の消化を苦手としているので、穀物でかさ増ししたドッグフードを与えるとアレルギーになるリスクが高まることは知っておいてくださいね。

 

2. 原材料の質を落とす

肉類を主原料に使用しているドッグフードでも、あまりに安価な場合は注意が必要です。

原材料のコストを抑えるために、廃棄部分※1や4Dミート※2とよばれる低品質な肉を使用している場合があるためです。

人間の食用としては絶対に使われない危険なものなので、これらの材料を使用しているドッグフードを与えていると病気になるリスクも高くなってしまいます。

※1 肉自体ではなく食肉加工の段階で出る廃棄部位(鶏、羊、牛などの、皮や腱、内臓、血管、毛、蹄、嘴、足など人の食用とは言えない部分)を粉状にしたり混ぜ合わせたもの
※2 Dead(死骸の)、Diseased(病気の)、Dying(死にかけの)、Disabled(障害のある)動物の肉のこと

 

3. 人工添加物を使用している

ドライタイプのドッグフードは水分が少ない分、ウェットタイプと比べると傷みにくく、賞味期限も比較的長く設定されています。

大袋で販売している安価なドッグフードの賞味期限は2年以上と長く設定されていますが、これは防腐や酸化防止のために大量の人工添加物が使用されているためです。賞味期限を延ばすことで大量梱包が可能になり配送コストも抑えることができるので、ドッグフード自体の価格が安くなるのです。

しかし、人工添加物が犬の体に与える悪影響を考えると、いくら価格が安くても人工添加物を使用されているドッグフードは選ぶべきではないといえます。

 

安全なドッグフードの見抜き方は?

犬 かわいい funny

安全なドッグフードの見抜き方

  • 1. 主原料が肉や魚
  • 2. 穀物不使用
  • 3. 無添加

安全なドッグフードを見抜くポイントは「主原料が肉や魚」「穀物不使用」「無添加」の3点です。

 

1. 主原料が肉や魚

肉や魚には、犬が最も必要としている動物性タンパク質が豊富に含まれています。

○○ミールや肉副産物などと曖昧に表記されているものより「チキン」「ラム」「サーモン」などの動物名が明記されているものを選ぶようにしてくださいね。

 

2. 穀物不使用

穀物は、犬が消化を苦手としている原材料です。

穀物の中でも比較的消化しやすい「大麦」「ミートミール」「米」であれば大丈夫なこともありますが、「小麦」「トウモロコシ」はアレルギーを発症する原因になりやすいです。

原材料の先頭部分に小麦やトウモロコシの表記があれば避けるようにしてくださいね。

 

3. 無添加

賞味期限を延ばすために使われる酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキン、ソルビン酸カリウム)は、犬の体に悪影響を与える可能性が高いです。美味しくみせるために使われる着色料や香料も、石油から作られているものが多いので体に良いとは言えません。

フードの品質保持に使われる添加物は、ミックストコフェロール(ビタミンE)やビタミンCなど天然の酸化防止剤を使用したものがおすすめですよ。

 

編集部おすすめのドッグフード4選

犬 素材

原料・粗タンパク質含有率・粗脂肪含有率など、全ての条件を満たし、編集部が自信をもってお勧めすることができるドッグフードを紹介します。

 

人気のドライタイプドッグフード、おすすめその1:モグワン

モグワンドッグフード
得点96点
主原料チキン、サーモン
酸化防止剤ビタミン
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.8kg
価格4276円(税込)

良質な動物性タンパク質であるチキンとサーモンの生肉を多く使用しており、穀物、合成添加物は一切含んでいません。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない犬であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質・安全性」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7813117721925929733336840243559073299212311455
定期購入時(円)621051421762072382672953223484725867949851164
※成犬期を想定した場合

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 初回50%OFF! 
 モグワン半額キャンペーン実施中!

 

モグワンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり259円1日あたり130円※
※ 体重5㎏の成犬の給餌量を想定

 

人気のドライタイプドッグフード、おすすめその2:カナガン

カナガンドッグフード
得点97点
メイン食材チキン
酸化防止剤ビタミン
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量2.0kg
価格4276円(税込)

厳選されたイギリス産の新鮮な食材を使用し、穀物不使用(グレインフリー)なので愛犬の健康を考えている方に特におすすめしたいドッグフードです。

全年齢に適しています。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)6711215218822225528631634537350662785010551247
定期購入時(円)591001351671982262542813073324505587569381108
※成犬期を想定した場合

こちらの記事では「カナガンドッグフード」をさらに詳しく紹介しています。

 

人気のドライタイプドッグフード、おすすめその3:フィッシュ4ドッグ スーペリア

フィッシュ4ドッグスーペリア
得点100点(満点)
メイン食材サーモン
酸化防止剤天然酸化防止剤
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量1.5kg
価格3628円(税込)

フィッシュ4ドッグ スーペリアは魚肉を主体としたドライタイプのドッグフードです。グレインフリー&無添加の商品で、天然食材にこだわった商品です。

チキンにアレルギーを持つ愛犬には「フィッシュ4ドッグ スーペリア」がおすすめですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)7813117822026029833537040443759273599612361461
※成犬期を想定した場合

こちらの記事では「フィッシュ4ドッグ スーペリア」をさらに詳しく紹介しています。

 

人気のドライタイプドッグフード、おすすめその4:ティンバーウルフ

ティンバーウルフ
得点100点(満点)
メイン食材ニシン
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.36kg
価格3024円(税込)

ティンバーウルフもニシン、サーモン、白身魚など魚肉メインの魚介系ドライフードです。チキンやビーフ肉にアレルギーを持つ愛犬にも食べさせることができます。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)621041401742062362642923193454685817879761154
※成犬期を想定した場合

こちらの記事では「ティンバーウルフ」をさらに詳しく紹介しています。

 

よい品質のドッグフードの購入は、将来の医療費を削減する?

犬 かわいい funny

安いフードには、コストを抑えるための様々な理由があります。

悪質な素材や添加物を摂取して病気になったのでは元も子もないですし、医療費も余分にかかります。

愛犬に健康で長生きしてもらうためも、価格ではなく安全性を第一に選ぶことが大切ですよ。

 

編集部まとめ

犬 素材

激安ドッグフードで品質の良いものはありません。安くしようとすると粗悪な原材料を使うことになってしまうからです。

粗悪なドッグフードを毎日ワンちゃんにあげるということは、子供に毎日ファストフードのみを食べ続けさせるようなものです。

家族であるワンちゃんとは長く過ごしたいですよね。そのためにも、少し高くても品質の良いドッグフードを与えてあげることをおすすめしますよ。

完璧な栄養バランスと最高クオリティの原材料のみを使用した「プレミアムドッグフード」を与えることがおすすめですよ。詳しくはこちらにまとめています。