小型犬におすすめなドッグフード5選!選んだ基準も解説!

ドッグヘルスアドバイザー・ドッグトレーニングアドバイザー・ドッグライフアドバイザーの資格を保有。犬の健康管理、栄養、病気と対処法、しつけとトレーニングに関する情報が専門。愛犬に合った食事選びをサポートするため、犬の栄養学の観点からドッグフード130種類以上を独自の厳密な基準のもとで分析し、100点満点で評価している。

小型犬は食事の味にこだわる犬が多かったり、粒の大きさによって食べないことも多いので、フード選びに困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、小型犬におすすめなドッグフード5選と、選んだ基準についてまとめました。

 

小型犬におすすめドッグフード1. モグワン

モグワンドッグフード
点数96点
メイン食材チキン生肉、生サーモン
酸化防止剤ビタミン
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.8kg
価格3,960円(税抜)

モグワンドッグフードは日本の会社である「(株)レティシアン」が開発・販売をしているイギリス製のドッグフードです。

犬が消化吸収できないとされる「穀類」を使用していませんし、ドッグフードにはよく使われる「合成添加物」も一切含んでいない無添加フードです。

粒の大きさが小さく加工されているため、小型犬でも食べやすくおすすめな商品です。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない犬であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質・安全性」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

 

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7813117721925929733336840243559073299212311455
定期購入時(円)621051421762072382672953223484725867949851164

※成犬期を想定した場合

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 初回50%OFF! 
 モグワン半額キャンペーン実施中!

 

モグワンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり259円1日あたり130円※
※ 体重5㎏の成犬の給餌量を想定

 

小型犬におすすめドッグフード2. カナガン

カナガンドッグフード
点数97点
メイン食材チキン
酸化防止剤ビタミン
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量2kg
通常価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

カナガンはモグワンと同じ日本企業が販売しているドッグフードです。

カナガンはオーガニックでありながら、合成添加物を一切含まない無添加フードです。トイプードルやマルチーズの飼い主さんに広く愛されています。

酸化防止剤には天然の食材に含まれているビタミンを使用していますよ。

 

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)6711215218822225528631634537350662785010551247
定期購入時(円)591001351671982262542813073324505587569381108

※成犬期を想定した場合

カナガンについて原材料や成分分析、口コミなど詳しくはこちらの記事です。

 

小型犬におすすめドッグフード3. オリジン

オリジン アダルト
点数100点
メイン食材新鮮骨なし鶏肉
酸化防止剤ローズマリー
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量2.27kg
購入価格6,156円(税込)

3位はオリジンドッグフードです。カナダ原産のプレミアムフードで、酸化防止剤や保存料、穀類など犬の発育に不必要な原材料は一切含まれていません。

高カロリー高タンパクなので、元気で活発な小型犬にはぴったりの商品です。

 

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)7712917421625629332936439743058072297912141435

※成犬期を想定した場合


オリジンについて原材料や成分分析、口コミなど詳しくはこちらの記事です。

 

小型犬におすすめドッグフード4. ティンバーウルフ

ティンバーウルフ
点数100点
メイン食材ニシン
酸化防止剤トコフェロール、ローズマリー抽出物
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
内容量1.36kg
購入価格3,024円(税込)

4位は、アメリカ産のプレミアムドッグフードのティンバーウルフです。

主原料には消化に優れるニシンを使用しているので、消化器官の発達が未熟な1〜2歳の子やシニア期にさしかかった小型犬にもおすすめですよ。

 

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)621041401742062362642923193454685817879761154

※成犬期を想定した場合


ティンバーウルフについて原材料や成分分析、口コミなど詳しくはこちらの記事です。

 

小型犬におすすめドッグフード5. フィッシュ4ドッグ(スーペリア)

フィッシュ4ドッグスーペリア
点数100点(満点)
メイン食材サーモン
酸化防止剤サンフラワーオイル
着色料・着香料・発色剤不使用
穀物不使用
内容量1.5kg
購入価格3,628円(税込)

5位はフィッシュ4ドッグ(スーペリア)です。

主原料のサーモンは良質な動物性タンパク質であるだけでなく、胃に負担をかけずに消化できる食材です。ティンバーウルフと同じくシニア犬にもおすすめできるドッグフードですよ。

 

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)7813117822126129933537140543859473799812391464

※成犬期を想定した場合


フィッシュ4ドッグ(スーペリア)について原材料や成分分析、口コミなど詳しくはこちらの記事です。

 

小型犬の特徴からみるドッグフード

犬 かわいい

小型犬の特徴

  • 多くのカロリーが必要
  • 一度の食事量が少ない
  • 食いムラが多い
  • 運動不足による肥満になりやすい

小型犬は体重あたりの体表面積が大きいので中型・大型犬よりも多くのカロリーを必要としますが、消化器官が小さいので1回の食事でたくさん食べることはできません。

たくさん与えると消化吸収に時間がかかり消化器官にも負担がかかってしまうので注意が必要です。

室内飼育による運動不足からくる肥満や、食いムラが多いという特徴もあります。食いムラは放ったらかしにしておくと低血糖になって具合が悪くなることも少なくないので、食いつきによいドッグフードを選んであげることが大切です。

 

小型犬におすすめなドッグフードの基準は?

犬 かわいい

おすすめドッグフードの基準

  • 穀類不使用
  • 合成添加物不使用
  • 粒の大きさがちょうどよい

小型犬におすすめのドッグフードの基準は、「穀類不使用」「合成添加物不使用」「粒の大きさがちょうどよい」の3つです。

 

穀類不使用

肉食である犬は、トウモロコシや小麦などの「穀類」の消化を苦手としています。

体に負担がかかるだけでなくアレルギーの原因にもなるので、「穀類不使用」「グレインフリー」のフードを選んであげることが大切です。

 

合成添加物不使用

ドッグフードには賞味期限を長くする保存料や酸化防止剤、美味しく見せる着色料や香料を含有しているものがあります。発がん性が疑われていたり、アレルギーの原因になる危険性が指摘されています。少しの量でも体の小さな小型犬にとっては影響が出てしまう場合があります。

発がん性が疑われていたり、アレルギーを引き起こしたりする原因にもなりかねないので、「合成添加物不使用」と明記されているか、自然由来の成分を配合しているフードを選んであげてください。

 

粒の大きさがちょうどよい

小型犬に与えるドッグフードは、小さな顎でもしっかり嚙み砕ける大きさのフードを選んであげてください。あまり小さすぎても丸呑みにしてしまう場合があります。愛犬に実際に与えてみて、よく噛んで食べてくれる大きさを探ってみる必要があります。

フードをしっかりかみ砕くことで歯垢を削り落とす効果が期待でき、歯周病などの口内の病気の予防にもなります。

歯周病は進行すると歯が抜けるなど顎の骨に影響を及ぼすだけでなく、歯周病菌が血管を通って全身に広がり心臓・肝臓・腎臓などの内臓疾患を引き起こします。

粒の形状にも注意しましょう

ドッグフードの粒の形状。実はいろいろな種類があって様々な特徴を持ちます。

例えば、楕円形で薄いもの、もしくはドーナッツ状の粒のものは、表面積を広くして、水分の吸収効率を上げています。

これは、フードをふやけやすくしたり、消化しやすくするための配慮です。

ドーナツ状

表面積を広げて水分の吸収効率を上げている。ふやけやすく、消化に良い。

円柱状

もし丸呑みしてしまっても喉に詰まりにくい。簡単に噛み砕ける。

複雑な形

歯に引っかかりやすく、噛み砕きやすい。噛み応えもある。

 

フードの粒の形状も愛犬に合うものを選んであげましょう。

 

肉材料で高タンパクなもの

近年、忘れられがちですが、犬は本来肉食の動物です。

雑食に近くなってきてはいますが、フードは主原料が肉のものをあげましょう。

また、小型犬に多いパテラやヘルニアを防ぐためにも、高タンパクのフードをあげて、筋肉をつけてあげることで、防ぐことができます。

 

質の高い油脂

犬にとって油脂は肉の次くらいに重要な栄養素です。

「サーモンオイル」や「チキンオイル」のように何の油脂かを具体的に示しているフードを選んであげましょう。

「動物性油脂」の表示には若干の不安感があります。

 

底GI値の材料が多いか

GI値が低い食材は、食材に含まれる糖がゆっくりと血液に溶けて行くので、低血糖症を起こしにくいためオススメです。

GI値が低い食材には

  • さつまいも
  • りんご
  • 鶏肉

などがあります。

穀物もGI値が低いものがありますが、消化に悪いのであまりおすすめできません。

腸内環境を悪化させ低血糖症を起こす原因になる可能性もあります。

 

愛犬の状況に合わせて最適なドッグフードを!

犬 かわいい

小型犬は高カロリーを必要としていますが、運動不足などから肥満になりやすい傾向があります。

愛犬の状況に合わせて最適なフードを選んであげることが健康・長生きにつながりますよ。