愛猫の膀胱炎におすすめなキャットフード4選!選んだ基準も解説!

猫の膀胱炎は、泌尿器系の病気で尿路結石の次に多い病気といわれています。

原因は様々ですが、発症すると食事制限(療法食)や水分補給などで対処しなければならないので愛猫に大変辛い思いをさせてしまうことになりますよ。

猫の膀胱炎の症状や原因についてはこちらの記事で詳しく記載しています。あわせてお読みください。

この記事では膀胱炎の愛猫におすすめのキャットフード4選、選んだ基準についてまとめました。

 

膀胱炎対策におすすめのキャットフード1. モグニャン

モグニャンキャットフード
得点96点
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

モグニャンには猫の膀胱炎ケアに役立つキナ酸、オメガ3脂肪酸、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています

また摂取しすぎると膀胱炎の原因となる尿路結石を引き起こすリンとカルシウムのバランスが理想に近い成分値であるため、愛猫の膀胱炎ケアに配慮したキャットフードといえます。

猫が消化を苦手とする穀物や不要な添加物の使用が一切されていないため、大切な家族の一員である愛猫にも安心して与えることができますよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7512617121225028732235638942157070795811891405
定期購入時(円)601011371692002302582853113364565667669511124
※成猫期を想定した場合

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

膀胱炎対策におすすめのキャットフード2:カナガン

カナガンキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材乾燥チキン、骨抜きチキン生肉
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

カナガンにも膀胱炎ケアに役立つキナ酸やビタミンCを多く含むクランベリーや、オメガ3脂肪酸を含有するサーモンオイルが配合されています。

また過剰に摂取すると尿pHのバランスを崩し尿路結石を引き起こすマグネシウムの含有量が0.09%と低いため、膀胱炎になりやすい愛猫に配慮したキャットフードです

タンパク質源に魚を使用しているモグニャンやオリジン、クプレラに対し、カナガンはチキンがメインのタンパク質源のため、魚を苦手とする愛猫への給餌にも適していますよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7212116420324027530934147340354667891911401347
定期購入時(円)58971311631922202472732983234375427359121078
※成猫期を想定した場合

 

膀胱炎対策におすすめのキャットフード3. オリジン

オリジンキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材新鮮骨なし鶏肉
酸化防止剤ローズヒップ
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月
内容量2.27kg
購入価格7,344円(税込)

オリジン キャット&キティは本来肉食動物である猫が本能的に求める食事スタイルを実現するため、肉の含有率が90%と高めなキャットフードです。そのため栄養価はもちろん嗜好性も抜群です。

またサーモンに多く含まれているオメガ3脂肪酸が膀胱炎や腎臓病などのケアにも役立ち、体の中から健康をサポートしてくれますよ

信頼の置ける家畜者、漁獲者、生産者から届けられる新鮮な食材のみが使用されているため、安全性も非常に高いキャットフードといえますね。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)79132179221262300337372406440596739100212431469
※成猫期を想定した場合

 

膀胱炎対策におすすめのキャットフード4. クプレラ

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
内容量1.81kg
購入価格4,406円(税込)

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフードには体内で生成することのできない必須アミノ酸が豊富に含まれています。特にメチオニンやトリプトファンは猫の膀胱炎ケアに役立つ成分として知られています

主原材料にはギンヒラスやシロギス、豪州真ダイなどの魚類が使用されており、愛猫の健康な体作りに必要不可欠な良質なタンパク質や脂質をしっかりと摂取することができます。

またプレバイオティクスが消化吸収をサポートし腸内環境をいたわってくれたり、昆布に含まれるヨウ素が安定した体のバランスを保ってくれたりと、日常の食生活から健康を維持することができるキャットフードです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)611021381712022322602883143404615727759611136

※成猫期を想定した場合

 

膀胱炎ケアにおすすめなキャットフードの原材料は?

猫 かわいい funny

膀胱炎ケアによいとされる原材料

  • 1. クランベリー
  • 2. オメガ3脂肪酸
  • 3. トリプトファン
  • 4. 加水分解ミルクプロテイン
  • 5. メチオニンDL

膀胱炎ケアにおすすめなキャットフードの原材料は、「クランベリー」「オメガ3脂肪酸」「トリプトファン」「加水分解ミルクプロテイン」「メチオニンDL」の5つです。

 

おすすめ原材料1:クランベリー

クランベリーには、キナ酸が豊富に含まれています。

キナ酸は、体内で馬尿酸という酸性物質に変化する事でアルカリ性の尿を正常な弱酸性の尿に近づけてくれます※1

膀胱炎の原因の1つである尿路結石は尿のpHが長時間酸性やアルカリ性に傾いた時に発生するので、尿のpHを正常な状態に保つ事が膀胱炎ケアに繋がります。

※1 アルカリ性を弱酸性に近づけるため、もともと酸性に近いpHの尿の猫には向いていません。また、肝臓や腎臓に負担がかかるので、肝臓や腎臓の機能が悪い猫にも不向きです。

 

おすすめ原材料2:オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸もクランベリーと同じく尿をアルカリ性から酸性に近づけてくれます。抗炎症作用があるので、膀胱炎の進行を抑えるサポートもしてくれますよ。

 

おすすめ原材料3:トリプトファン

猫の必須アミノ酸であるトリプトファン※1は、不安や興奮を抑制するのに役立ちます。

引越しや多頭飼育(相性の問題)、トイレが気に入らない、気温の変化など膀胱炎の原因となるストレスを排除すると共に、トリプトファンをプラスした食事を与える事が膀胱炎のケアに繋がります。

※1 幸福を感じるセロトニンを生成する材料

 

おすすめ原材料4:加水分解ミルクプロテイン

加水分解ミルクプロテインは、トリプトファンと同じくストレス軽減に良いとされています。

脳内のGABA受容体と結合する事で不安を軽減させるため、ストレスを排除すると共に食事にプラスする事で膀胱炎のケアに繋がります。

 

おすすめ原材料5:メチオニンDL

メチオニンDLは、アミノ酸の一種で尿をアルカリ性から酸性に戻してくれます※1

含硫アミノ酸が代謝されると硫酸が生まれ、その硫酸が尿から排出されます。FLUTDのほとんどが尿がアルカリ性に傾くことで発症しているといわれているため、尿を酸性よりにする事が膀胱炎ケアに繋がります。

※1 クランベリーと同じく、尿pHが酸性に近い猫には向いていません。

 

膀胱炎の愛猫におすすめできない成分は?

猫 かわいい funny

膀胱炎の猫におすすめできない成分

  • マグネシウム
  • リン
  • カルシウム

膀胱炎は、尿中のマグネシウムが増加することで発症した尿路結石が膀胱を傷つけることで発症します。

マグネシウムを多く含むキャットフードを与えていると尿pHのバランスが崩れる原因にもなるので、マグネシウム量0.09%以下がおすすめです。

また、カルシウムやリンなどの成分も増えすぎると尿路結石を起こす原因になるので、成分値を必ず確認するようにしてくださいね。

 

水分補給が大切!

猫 かわいい funny

膀胱炎の最大の対処法は、水分補給を多くして尿をたくさん排出することです。

pHバランスを整えたりミネラルを調整する食事療法やキャットフードは症状を悪化させないという意味では魅力的ですが、膀胱炎を治すものではありません。

獣医さんの診断を受けた上で、上記で紹介したキャットフードを療法食として与えるようにしてくださいね。

キャットフードの選び方 メニュー